Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

ヤオワラート周辺を食べ歩く

前日のワットアルンに続いてバンコクを歩きます。

hirobkk.hatenablog.com

昼前に叔母宅を出発し、今晩お世話になるホームステイ(後述)に荷物をデポします。

叔母宅からバスで15分程度で中華街につきますが、せっかくの年末年始の旅行なので金を払って泊まってみます。

それでは出発! 

バンコクの家から中華街まではこいつで15分。

f:id:hirobkk:20190106221504j:plain

 

不思議な感じです、、普段生活していたところを泊りがけで旅行とは。。。

しかし地図を見たり、何か調べたりすることは無いので行程に無駄がありません。

f:id:hirobkk:20190106221455j:plain

 

 バスを降りSoi Na Naに入りすぐ右手にある建物が今夜の宿。

f:id:hirobkk:20190106221500j:plain

女房は到着後すぐに出たがります。。まだ部屋に入れないのでまあ出るしかないのですが。。。

暑くもないのでその辺をちょっと散歩と思っていたんですが、女房が一人で予定していたカフェへ。

朝飯を叔母宅でたっぷりと食べてた為、いまいち腹が空かないのですが、、、。

カフェをでてヤオワラート方面にてくてく歩いて行ます。

 

カフェを出て10分。まずはここに引っかかります。

 

カンキーナムタオトン/คั้นกี่ น้ำเต้าทอง

カンキーは店名、ナムタオトンは金のひょうたんからでる水

f:id:hirobkk:20190109235544j:plain

創業100年以上!漢方の老舗

右の濃い方がオリジナル。喉が痛いときなどに飲んだそうで、子供はこの苦い漢方茶を嫌がったそうです。その後に出てきたのが左の甘い漢方茶。

どちらも飲みましたがまあ苦い漢方茶はあまり苦くなく、甘い方はやたら甘いです。

f:id:hirobkk:20190109235621j:plain

 

👇女房は子供の頃この店のCMをよく見ており

CM閉めの部分を未だに歌えます。

【♪ヤーコム ナムタオトン サンホーローリンテー♪】


ยาขมน้ำเต้าทอง ซังโฮ่วโล้วเลี่ยงเต๊ 

1杯/THB10 何も言わないとあたたかいのが出てくるので、冷たい漢方茶がほしいときはリクエストしましょう。

www.namtaothong.com

そしてカンキーナムタオトンから歩くこと約20m。。。

その間こんな猫ちゃんもおり

f:id:hirobkk:20190109235551j:plain
f:id:hirobkk:20190109235527j:plain

3件目はここにたどり着きます

 

 

ロート・チョン シンガポール/ลอดช่องสิงคโปร์  

f:id:hirobkk:20190105011149j:plain

今ではタイのスイーツ名となっておりココが発祥の地

自分も数年前に女房に聞くまでは知りませんでしたが、この店の裏には以前【Singapore 】という名のtheaterがあったそうです。そのTheaterの傍でロットチョンを売っていたのでこの名が付いたそうです。

タイ人でもSingaporeのスイーツだと思ってる人いるんですよね。。

※Singapore Theater跡地、今は撤去されて駐車場になってます。

f:id:hirobkk:20190105011304j:plain
f:id:hirobkk:20190105011307j:plain

 

自分達が行ったときには8割くらいの入りでしたが、ロットチョンが来た頃には一杯で相席になりました。

f:id:hirobkk:20190105011146j:plain

 

このお兄さん手を休めずひたすらロットチョンを注いでます。

f:id:hirobkk:20190105011142j:plain

f:id:hirobkk:20190105011138j:plain

 

これが【The Original Lot Chong Singapore】THB25

よそでは何度も食べておりますがここのはモチモチ感が凄く、甘さは控えめ。

自分はここのが一番好きですね!

甘党にはちょっと足りないかもしれませんが多分リクエストできるでしょう。

f:id:hirobkk:20190105011322j:plain

f:id:hirobkk:20190110000729j:plain

f:id:hirobkk:20190110000633j:plain

m.facebook.com

ロットチョンを食べているとやたらと旨そうな屋台が目に入ってきます。

正直全く腹は減ってませんが、二人で1杯頂こうとなり。。。

ロットチョンシンガポール隣の👇を訪ねます。

豚骨粥 / ข้าวต้มกระดูกหมู

f:id:hirobkk:20190110003254j:plain

restaurant-40702.business.site

この見た目は刺激されます。

豚肉粥(卵入り) THB 50 を1杯注文終えたにもかかわらず女房は卵なしをもう一杯注文してます。

?????

鍋を見てたら食べきれそうな気がしてきたので頼んでしまったそう。。

f:id:hirobkk:20190110003342j:plain
f:id:hirobkk:20190110003350j:plain
f:id:hirobkk:20190110003354j:plain
f:id:hirobkk:20190110003357j:plain

 

いや~旨いねここは!

豚骨で煮込んでるけど脂でギトギトしてません。

f:id:hirobkk:20190110003346j:plain

さっと食べられましたが流石にもう満腹です。
女房を待っている間に豚骨を煮込んでいるところを見せてもらいます。

 

この小さいSoiの奥で煮込んでおります。

f:id:hirobkk:20190110003428j:plain

 

とにかくここではガンガンだしをとっているそうで、大量にスープをストックしてます。

因みにこの奥がSingaple Theater跡地

f:id:hirobkk:20190110003435j:plain
f:id:hirobkk:20190110003438j:plain


女房が食べ終えたところで出発。

宿に荷物を置いて2時間半経ちますが、まだ100mくらいしか進んでません。

もう二人とも腹がパンパン!

とりあえずしばらく歩かんといかんです。

 

歩きだしてすぐにCharoen Krung通りに出ますが、この辺りも非常にやばい。

魅力的なローカルフードが沢山あります。

 

สะเต๊ะไก่(Satay Gai)

タイ人で一杯!匂いを香ばしく引き付けられましたがなんとかスルー。

f:id:hirobkk:20190113144242j:plain

 

今後、この辺りは大きく変わります。

今までインターナショナルチェーンの大型ホテルはありませんでしたが、Holiday Innが入ってきます。まだ工事は大して進んでおらず敷地面積からしても大した部屋数にはならないでしょうが。。。

そしてMRT(地下鉄)

悪名高きフアランポーン周辺の大渋滞を起こしていた工事がようやく終わりに近づきます。今まで、チャイナタウンへは渋滞の中を車移動、もしくはフアランポーンから歩く、チャオプラヤーエクスプレスボートのRatchawongから歩くといった選択肢がありましたが、地下鉄の完成によってかなりアクセスが便利になりますね。2019年8月12日の開業予定ですがどうでしょう。。。

f:id:hirobkk:20190113144239j:plain
f:id:hirobkk:20190113144236j:plain

 

この騒がしい通りを歩いていると女房が急に1件の店を思い出します。

Soi Charoen Krung 23

この細いSoiを入ると。。。

f:id:hirobkk:20190113144232j:plain

Bami Japgang/บะหมีจับกัง

f:id:hirobkk:20190113144229j:plain

 

とにかく量がすごい!

面を茹でるにしても一度に大量に仕込み、客がいなくてもどんどんどんぶりに盛っちゃうんですよね。

f:id:hirobkk:20190113144347j:plain

f:id:hirobkk:20190113144343j:plain
f:id:hirobkk:20190113144339j:plain

f:id:hirobkk:20190113144334j:plain

 

見てくださいこのざっくりとした仕事!

殆どのどんぶりは麺が飛び出てます。

また、見た目より量が多く通常の倍はあります。

f:id:hirobkk:20190113144350j:plain

汁無し麺を注文! THB 40

味のほうですが【普通】ですかね。
大量にざっと茹でているせいかなんか面もところどころ粉っぽい。。。

でもこの量を完食できたので旨かったのかな。。

 

なんでも女房は幼少期、バンコクの叔母宅で居候をしていた頃、お金のない叔母が1か月に1回位のペースでこの店に連れてきくれ2人で1杯のバーミーを食べ満腹になって帰っていたそうです。

今ではそれなりの料金をとりますが、当時この大盛麺は叔母のようにお金のないタイ人には喜ばれたそうです。

 

でもね、、、ちょっと食いすぎました。オーバートゥーマッチ!

今夜は女房の友人と夕食があるので、少し散歩して部屋に入ることにします。

 

このヤオワラート周辺は自分もまだ知らないような店がたくさんあります。

ヤオワラート周辺の店は味よりも料理や店にドラマがいろいろあって興味深いですね。

 

年末年始のバンコク -ワットアルン周辺を歩く-

前回チャイナタウンのカフェを紹介しましたが、

実はバンコクに入ったのは前日でした。

hirobkk.hatenablog.com

 朝、自宅を出発し荷物をバンコクの叔母宅にデポしてから出かけたのですが、

珍しく女房がワットアルンに行きたいと。。。

タイ人だけに、このような外国人が集まる観光地に行きたいとなど言ったことないのですが、、、、。

改装後のワットアルンにはまだ行ってないのでと強い希望。

どうしよう、、、はっきりいって行きたくない。。。

年末でごった返してるでしょうし、前職の仕事などで多分通算100回くらい行ってます。

しかし女房もそんなことはわかってて「行きたい!」と言ってるので行きますか。。。

プライベートで行くのは1996年以来22年ぶり!

 

1996年に撮影したワットアルン。

f:id:hirobkk:20190104002001j:plain
f:id:hirobkk:20190104001958j:plain

カオサンロードで買ったRICOHの偽物RICONで取りました。機能などないに等しいバカチョンのフィルムカメラでしたが十分ですね。

ワットアルンはこの後2回大きな改装をしてます。

 

叔母に新年の挨拶をし、昼前に出発します。

チャオプラヤーリバーボートで向かいましたが、いつの間にかワットアルンの船着き場に泊まるようになったんですねえ。。。

以前は川向かいのTha Tianから渡し船で行きました。

 

予想はしてましたがとにかく人が凄い!

驚くことに女房は人が多いと予想してません!自由にストレスなく写真が撮れると思っていたようです。

f:id:hirobkk:20190103234533j:plain

 

改装中に視察で何度も来ましたが、やはり白い!

f:id:hirobkk:20190103234537j:plain

 

今日は塔の上部には上がれないので基部に観光客がごった返してます。

f:id:hirobkk:20190103234410j:plain

上部への階段ですが今は立派な手すりがありますが、以前は手すりが無かったんですよね。下りは結構危なく落下事故が多発してました。

因みにアユタヤのChedi Phukhao Thongは未だに手すりがありません。(2014当時)

 

こう近くで見ると修復は適当なもんです。

こういった年代物はうまいこと修復するのは難しいんでしょうね。

f:id:hirobkk:20190103234413j:plain

 

これはなかなかいい。

f:id:hirobkk:20190104202803j:plain

 

15分ほどで疲れてしまいました。。。

女房はまだまだウロウロしてますので、隅っこに腰かけてそこから女房の写真をとります。横を見ると似たような"一人家族待ち"の方々が結構いましたね。

f:id:hirobkk:20190103234417j:plain


少し上に登ると人口密度が過度になり子供やお年寄りは危険です。

皆さんカメラを片手にしてますのであまり周りは見えてません。

十分注意して楽しみましょうね。

 

30分ほどして腹も減ったのでここから動くことにします。

対岸のTha Tianには魅力的な食堂がいくつもあるので渡し舟で渡ります。

が!!!

恐ろしく混んでます。。。

多分1,000人くらい(適当)船待ちで並んでます。

これは無理!

予定変更して反対側の出口Arun Amarin通りへ行きます。

 

いや~通常昼を過ぎるとこの辺りの観光地は空いてくるんですけど、さすが年末!

まだまだ人がやってきます。

f:id:hirobkk:20190103234421j:plain

 

これからArun Amarin通りから乗り合いのソンテオに乗りWang Lang市場(ตลาดวังหลัง)でホイトート(タイ風お好み焼き)屋をやっている友人に会いに行きますが、女房がもう腹が減って我慢ならん!と言うのでワットアルン近くの有名店!

その名も【ข้าวหมูทอดอร่อยมาก(とってもおいしいトンカツライス)】でหมูทอด(揚げ豚)を食します。

f:id:hirobkk:20190103234529j:plain

 昼過ぎでしたがそこそこ混んでました。

我々が注文したのは看板メニュー

ข้าวหมูทอด(トンカツライス)の大盛 THB30-

f:id:hirobkk:20190103234526j:plain

名前の通りのものが出てきます。

無駄なものは一切なし!

これに添えつけのタレをかけて食べますが、、、、。

まあ普通ですよね。。看板メニューのわりには、、、。

ただこの安さと見た目がいい!

トンカツライスですからトンカツとライス以外何もなし!

しかしここのหมูทอด(トンカツ)であれば他に旨いとこはあります。👇

世界一周の旅105日目-タイ バンコク(チャットチャックWeekendマーケット、ヒロさんと会う) - だいむぎの「夫婦で巡る世界一周の旅」

 

さてちゃちゃっと食べて先を行きます。

乗り合いソンテオ☞wang lang市場で友人と話す☞船でPhra Arthit(พระอาทิตย์)船着き場へ

今度は女房がロティを食べたいというのでやってきました。

【Goo Roti & Tea -Bang Lamphu店】

人気店らしくバンコク周辺に数店舗展開しているそうです。

f:id:hirobkk:20190103235216j:plain

f:id:hirobkk:20190103235212j:plain

 

Banana Roti THB55だったような。。

f:id:hirobkk:20190103235202j:plain

見た目はいい。

砂糖を抜いてもらい練乳とバナナの甘さで頂きます。

 

生地の厚さに比べてバナナの量が多いので油っこさがなくまあ食べやすいです。

f:id:hirobkk:20190103235327j:plain

 

これはApolloという飲み物だそうです。

何種類か味がありタイティーを頼みました。

Apollo Thai Tea THB65

f:id:hirobkk:20190103235330j:plain

売りは見た目ですね。

上部はタイティーが氷で薄まっており、下部はミルクでやたら甘い。

結局混ぜて普通のタイティーとして飲みました。

 

あまり高くなく、やや洒落た店なので人気なのかな?

しかしこれなら屋台ロティなどで、もっと安く十分楽しめます。

自主的にこの店に来ることはもうなさそうです。。。

 

流石に腹が膨れたのでこれで帰ります。

今夜は女房は叔母の部屋、自分バンコクでの居候先の部屋に1泊。

明日は朝から中華街へ向かいます。
 

フアランポーン駅から徒歩5分 Soi Na Na にある "Wall Flowers Cafe"

皆さま明けましておめでとうございます。

今年の正月はバンコクへ旅行にやって参りました。

まずは初日に行ったオシャレでタイ人に人気のカフェをアップします。

 

現在のタイではビールやコーヒーを出す洒落た店が数多くあります。

が!

自分の場合混んでない、待たずに入れる、高くない(特別安いにこだわってません)で選んでしまうので基本的に女房と一緒の時は店は完全に任せます。

その為、やたらとオシャレで若い女の子ばかりの店に連れていかれることもあります。

 

今回、年末年始の短い休みを利用して中華街エリアにある"Wall Flowers Cafe"に行ってきました。

この為にわざわざバンコクまで来たわけではなく、ほかにもこの辺に用事がありついでに寄ったんですけどね。。。

 

場所は国鉄フアランポーン駅から歩いて5分位。

駅からMaitri Chit Rdを5分ほど進んで、Soi Na Naに入りすぐ左側にあります。

f:id:hirobkk:20190102003655j:plain

f:id:hirobkk:20190102003749j:plain

昨年まではこのCafeの近くでバスを降りフアランポーン駅まで歩いて出勤していたのですが、この場所を今度は旅行で来るとは思いませんでした。

 

外観はシャレておりこの辺では有名店だそうです。

丁度我々と同じ時間滞にタイ人の女優さん(名前は忘れました)がお母さんと来て店内で写真を撮りまくってました。※下の白いパンツの女性

f:id:hirobkk:20190102003816j:plain

 

店の入り口はこんな感じ。

中華街にあるカフェらしくレトロなかまえです。

f:id:hirobkk:20190102004004j:plain

名前の通り中は花でいっぱい

入ってすぐのスペースは花のギャラリー/工房になっており、注文すれば2,3日で届けてくれます。注文後2,3日とはずいぶん遅いような気がしますが常に混んでいるのか手が混んでいるんですかね。。。

 

ここで少し見学してたんですけど、デザイナーやフローリストの方々は全員男性なんですね。

f:id:hirobkk:20190102005254j:plain

 

工房の奥にCafeに上がる階段があり、途中に

f:id:hirobkk:20190102011246j:plain
f:id:hirobkk:20190102011256j:plain

 

この子が居ます。(名前:SNOW)

f:id:hirobkk:20190102012411j:plain

店に1時間ほど居ましたが、この場所から全く動きませんでした。

階段を上がりきった左側でオーダーをします。

こういった店にあまり慣れていないのですが、料金にはちょっとびっくりしましたね。

市販の紅茶のティーバックが一個入ったポットがTHB150......

ケーキ類がTHB180-250位するのはまだ想像できますが、殆どホテルのカフェ並みの値段です。

 

でもケーキなんですが、旨かったです。。。

見栄えもいいです。。

f:id:hirobkk:20190102013408j:plain

 

ブルーベリータルト

f:id:hirobkk:20190102013416j:plain

Dark Beer Cake

f:id:hirobkk:20190102013432j:plain

Chocolate Truffle

f:id:hirobkk:20190102013441j:plain

ブラウニー

f:id:hirobkk:20190102013512j:plain

 

この中から自分たちが選んだのは

Chocolate Truffle THB180- / Peach Apricot Tea THB150-

f:id:hirobkk:20190102013946j:plain

このチョコが旨いんですよ。

甘さが程よく丁度いい!

紅茶はただのティーバックをポットに放り込んでるだけなので感動する必要もありませんが、このチョコは旨い!

 

時間をかけてちびちび食べいると下から日本語が聞こえてきました。

この建物のたたずまいに大きな声で感動してます。

自分は女房に連れてこられてきただけですが、よくこんなところにあるカフェを日本の方が見つけるもんだなあと感心しました。

f:id:hirobkk:20190102013950j:plain

このWall Flowers Cafeですが、タイ人は飲食を楽しむといったよりはとにかく写真を撮りまくってました。

ですがここのケーキは十分楽しめる味だと思います。

www.facebook.com

でも、この辺に居心地のよさそうなカフェは沢山あったので次は他に行くかな。。。

今年もマンゴーの実がなりました。

マンゴーの実がなりました。

昨年1月終わりの記録では花は満開!マンゴーもそこそこ大きくなってました。

hirobkk.hatenablog.com

 

先月、花がチョロッと咲いていたのでそろそろ実が成るかと思ってましたが、今日見に行ったら小さいのが成ってました。

去年は異常に寒い乾期でしたが、今年はかなり暖かい。

例年ですとこの時期のシャワーがかなりキツイのですが、今年は未だ水シャワーで全く問題ないです。

それでもマンゴーは昨年と同じペースで実をつけます。

f:id:hirobkk:20181223170447j:plain

f:id:hirobkk:20181223170616j:plain

f:id:hirobkk:20181223170450j:plain

こんなとこでも十分に育ちます。

f:id:hirobkk:20181223170457j:plain

これから3月まで沢山実をつけてくれるでしょう!

 

※マンゴーみてたら、顔見知りの子供たちが掲示板の屋根にボールを乗せてしまい困ってました。

やはりここは大人の男としてなんとかしてやろうと思いましたが、うまくいきません。。。子供の見てる手前「やっぱ無理。」とはいきません。

そこで力業にでたところ、、、。👇

f:id:hirobkk:20181223215424j:plain

f:id:hirobkk:20181223215517j:plain
f:id:hirobkk:20181223215355j:plain

なんと!

破壊してしまった。。

造りが適当でもろいんですよ。。。本当に。。。

しらばっくれようとも思いましたが、目撃者こども約10名。。。

ボールは取ってあげましたが、大人に聞かれればあっさりゲロするでしょう、、、。

ここは正直に管理人のオバちゃんに謝罪と弁償をしにいきました。。。

しかし

「わざわざ言いに来てくれてありがとう!」

とお咎めなし。

 

その後、近所の噂話など関係ない話に1時間ほど付き合わされましたが、助かりました。。。

Bollywood No.015 -Kedarnath/केदारनाथ (2018)-

Kedarnath (2018) 

f:id:hirobkk:20181216213714j:plain

2018/12/16 Major Cineplexにて鑑賞

待ち望んでいた作品!何とか都合つけて行ってきました。

hirobkk.hatenablog.com

 公開スケジュールからして、Kedarnathから21日公開のZeroまでの間大きな作品がないので2週間は続けて上映されると思ってました。それでも通常4回転/日のところ2回だけの上映に減ってましたね。

f:id:hirobkk:20181220211337j:plain
f:id:hirobkk:20181220211340j:plain


テキトーに解説
 

感想としてはおおかた予想通り、ロケーションは現地ロケですので素晴らしのですが、内容は中途半端。。

ベースは2013年ウッタラカンド大洪水。

2013 North India floods - Wikipedia

そこにラブストーリーが入り、ラブストーリーに身分差、異宗教問題があります。

前半のMansoor(Sushant Singh Rajput)Mukku(Sara Ali Khan)のラブストーリーはなかなかよくKedarnath周辺の美しい景色をうまく使っています。

お互いが近づくにつれ身分、宗教の違いがこの恋愛関係を困難(不可能?)にしていきます。Mukkuはヒンドゥー教徒でPandit(識者)の家系、Mansoorはムスリムで巡礼者のポーター。。。一昔前のインド映画に多くあったシチュエーションで、最初はひっそり愛をはぐくんでいくのですが、最後は親又は女性に片思いのワル(Kullu/Nishant Dahiya)がでてきて仲を引き裂くわけです。

二人の問題が家族や周辺巻き込みグデグデになってきたところに。。。。

Kedarnath上部にある美しい湖Chorabari Talに集中豪雨が起こり、流れ出るMandakini Riverを氾濫させるのです。そしてMandakini Riverのほとりに栄えるKedarnathは大洪水に見舞われます。

ここから人々は洪水との闘いで、宗教だの身分がどうとかやっている場合ではありません。

Mukkuとの問題で一家揃ってKedarnathを出ようとしていたMansoorは比較的安全な場所に避難できたのですが、Mukkuを助けるべく洪水に飲み込まれているKedarnathへ戻るのですが。。。。

 

Cast

Sushant Singh Rajput as Mansoor Khan

f:id:hirobkk:20181217003121j:plain

ビハール州パトナ出身の32歳

大学(機械工学)を4年の所3年で卒業しTV界に進出!

ドロップアウトしたわけではなく俳優の道に進むため3年で卒業に必要な全ての事をすまして知ったそうです。特に物理分野ではかなり優秀だったようで、いわゆる秀才のレベルにいたのかもしれません。

 

TVでのキャリアについては全く知りません(彼がTVで活躍する頃にはすでにインドから離れてました)がPavitra Rishta(2009)でTV界のスターに昇りつめました。

f:id:hirobkk:20181218201212j:plain

 

そして映画のキャリアは 名作Kai Po Che(2013)からはじまります。

彼の名はこの映画で初めてしりましたがクレジットをみて最初は、

*1Sushant Singhかと思いました。

単独主演ではないですがいきなり名作でデビュー!

奇しくも監督は本作と同じAbhishek Kapoorでした。

f:id:hirobkk:20181218201406j:plain

その後、Rajkumar HiraniのPK(2014)でチョイ役を演じ、

M.S. Dhoni: The Untold Story(2016)で単独主演を務め、映画をHITさせます。

初主演でいきなりFilmfare Best Actorにノミネートされるも受賞はAamir Khanへ。。。。

そして今回のKedarnath。。

キャスティングは最高だったと思います。

山に住む素朴で屈強な青年がとてもマッチしてました。

筋肉の付き方も凄く正にポーターの肉体。

次回作はKaran JoharプロデュースのDrive(ハリウッド映画のリメイクらしい)

 

Sara Ali Khan as Mandakani "Mukku" Mishra

f:id:hirobkk:20181217003518j:plain

Saif Ali Khanの子がデビュー!

Saifの最初の奥さん(現在の奥さんはKareena Kapoor)であるAmrita Singhとの子で、両親の顔を2で割ったような顔をしてます。インドではAmrita SinghよりKareenaに似てるなんて言われてますね。

父のイメージとは違い地味な映画でキャリアをスタートします。

hirobkk.hatenablog.com

序盤のセリフ回しがオーバーでこれが最後まで続くのか?と思いましたが、中盤以降は落ち着いて見れました。上々のデビューではないでしょうか。

美人で雰囲気もいい。

彼女の2作目Simmbaが今月末に公開されますが、2作ほぼ同時に撮影が行われスケジュールが大変だったようです。

Simmbaは今年最後の大作で見に行きたいですが、年内は都合がつきそうにありません。。。

 

Nitish Bharadwaj as Briraaj

f:id:hirobkk:20181218153558p:plain

議員活動の為、数年ブランクはありましたがTV、演劇、映画で活躍するキャリア30年のベテラン俳優。

若き日にMahabharatでクリシュナを演じ名を広めました。

やはり演劇で活躍している俳優さんの演技は確かですね。

威厳のある半面、周囲の圧力に負けていく父をうまく演じてました。

 

Nishant Dahiya as Kullu

 劇中の印象ではそこそこ年がいっているのかと思いましたが、意外と若いんですね。

 

f:id:hirobkk:20181218152608j:plain

デヴューはMujhse Fraaandship Karoge(2011)

出演作は多くないですが、今作では最初っから最後までワルを演じます。

当初Briraajの長女の婚約者として登場しましたが、勝手に次女のMukkuが自分の婚約者だ!と皆がビックリの発言!

しまいにゃMansoorに集団暴行⇒むりやりMukkuと挙式⇒Mukku自殺未遂⇒Mansoor一家はKedarnathを下山⇒洪水⇒親とともにMukkuの家に逃げ込むも家が崩壊⇒避難?その後登場ナシ!

と最後までいいとこなし。

しかし映画を見ていて、こいつは本当に嫌な男だと感じさせてくれましたのでいい役者さんなんでしょうね。

 

Sunita Rajwar as Daddo

f:id:hirobkk:20181218155917j:plain

数本出演作を見ているようですが記憶にありません。

2017年にNawazuddin Siddiquiの自伝An Ordinary Life: A Memoir(2017)にて初恋の相手として暴露されました。彼は突然フラれたためショックで自殺等も考えたと自伝にしるした為、勝手に自伝にウソ?を書かれたとNawazuddin Siddiquiに対しRs 2 croreの訴訟を起こしたのを覚えてます。

An Ordinary Life (BBC Radio Collection)

An Ordinary Life (BBC Radio Collection)

 

 Music Scene

音楽はロケーションに合わせた穏やかな曲が多いです。

Namo Namo


Kedarnath | Namo Namo | Sushant Rajput | Sara Ali Khan | Abhishek K | Amit T| Amitabh B

映画の冒頭にかかる曲。

ガルワール地方の映像にあったいい曲です。

Qaafirana


Kedarnath | Qaafirana | Sushant Rajput | Sara Ali Khan | Abhishek K | Arijit Singh |Amit T,Amitabh B

MansoorとMukkuのラブストーリーが出来上がっていく、雰囲気のいいデュエットソング。シンガーは二人ともWest Bengal出身、

Arijit SinghはAashiqui 2で完全なトップシンガーになり年間すさまじい数の曲を歌ってます。

Nikhita Gandhiはbollywoodのキャリアは2017年からですが南インドでキャリアを積んでました。

どちらもSara Aliの父Saif Aliの映画(Arijit Singh:Agent Vinod,Cocktail /Nikhita Gandhi:Chef) で歌ってます

Jaan'Nisaar


Kedarnath | Jaan 'Nisaar by Asees Kaur | Sushant Rajput | Sara Ali Khan | Amitabh B | Amit Trivedi

宗教や身分差の問題でMansoorはMukkuを遠ざけようとします。

その中で流れる切ない曲。

相変わらず景色がすばらしい

Sweetheat


Kedarnath | Sweetheart | Sushant Singh | Sara Ali Khan | Dev Negi | Amit Trivedi | Amitabh B

Sushant Singh Rajputのダンスはほとんど見たことがなかったので新鮮!

Sara Aliも十分踊れる女優さんです。

 

Location

ほぼGauri KundからKedarnathの間で撮影を行ってますが、Jaan ’Nisaarの一部はGauri Kundから南に下ったChoptaで撮影。

洪水のシーンで一部Rudraprayagの市内が写ったような気がしたのですが気のせいか?

 

総 評

内容にはたいして期待はしてなかったので問題なし。

劇中の綺麗な風景をみていると、本当にガルワールへ戻りたくなりました。

Kedarnathへは自分の住んでいたPuraliから直線距離でたった30km、しかしジープやバスで移動となると丸1日かかります。KedarnathどころかGauri Kundまでも行ったことがありません。Jaan ’Nisaarのロケ地になったChoptaへは2度ほど行ったことがありますが、Kedarnathにはなんとかして行ってみたいですねえ。

 

またSara Ali Khanにも期待してませんでしたが、意外と表現豊かな女優さんで今後の出演作は見る価値がありそうです。

*1:Sushant Singh---好きな脇役の一人です。悪役かすぐに死んでしまういい人役がおおいですな。。

f:id:hirobkk:20181220203912j:plain

2018年末の過ごし方。。。その2(映画を観る)

Image Mallの年末イベントは我が家の恒例行事ですが。 

hirobkk.hatenablog.com

クリスマス時期に公開されるボリウッド映画も必ず観に行ってます。

昨年は👇でした。

hirobkk.hatenablog.com

 

今年は

Shah Rukh Khan
Anushka Sharma
Katrina Kaif
Abhay Deol
R. Madhavan

共演のZEROが公開

f:id:hirobkk:20181211234934j:plain

SRK,Anushka Sharma,Katrina KaifYash Chopraの遺作Jab Tak Hai Jaan(2012)で共演してます。この映画自分は3度映画館に足を運びました。

f:id:hirobkk:20181211234559j:plain

この3人に恐らくSRKとは初共演と思われるAbhay Deolが居ます。

この人、もちろんDeolファミリーです。

hirobkk.hatenablog.com

Diwali映画のThugs of Hindostanをスキップしているので満を持してバンコクまで見に行きます。

が!その前にまさかタイに入ってくると思わなかった映画が一本あるのです。

その名は

Kedarnath

f:id:hirobkk:20181211235706j:plain

自分が住んでいたウッタランチャルの巡礼地の名称であり同名の山(6,940M)もあります。巡礼地であるKedarnathChar Dam Yatra(4つの巡礼地を回る旅)の一つ。Badrinath,Gangotriに2か所には行くことができましたが、Kedarnathにはついぞ行くことが叶いませんでした。

当然素晴らしい景色を体験できる場所であり必ず行くべき場所と考えていたのですが、、、何故か行かなかったんですね。。。

数か月前からチェックはしておりましたが、まさかタイで公開されるとは。。。

来週あたり行っちゃおうかなぁ。。。

そうなると今月は2度もバンコクへ行かねばなりませんが、Diwaliは観にいきませんでしたからね。

週末は映画とImage Mallのライヴでいっぱいです。

やはり今年の12月も忙しい。。。

 

 

2018年末の過ごし方。。。その1

こちらでは雨期がようやく終わり乾期に入りました。

今のところ昨年のような寒さはなさそうで未だに水でシャワーを浴びてます。

年末の予定をそろそろ考えているのですが休みも大してないので近隣で過ごすことにします。バンコクであればいろいろなイベントが行われてますが我が家周辺では特に何もないですね。。。そもそもタイはあまり関係ないですからね。。。

 

思えば昨年は休みが長くありタイ北部にトレッキングに行きました。それでもさらに時間がありましたのでなかなか有意義に過ごせたんですね。。 

 

2017 クンタン国立公園 トレッキング

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

 

年末の過ごし方第一弾

BEER FESTIVAL at  IMAGE MALL 

f:id:hirobkk:20181205222725j:plain

これは毎年恒例です!

昨年はここで年越しをしました。

hirobkk.hatenablog.com

 すでに今年のプログラムが始まってます。

f:id:hirobkk:20181205222728j:plain

9日のปู Blackhead、21日のโป่ง หิน เหล็ก ไฟ、29日のพลพลは常連!

ปู Blackheadはナイスガイ!タイの歌手で営業に来る方はみんなファンサービスがすばらしいですがปูは本当に楽しませてくれます。

4年ほど前に来た時、彼のスタッフの一人で日本語を少し話せる方がいました。それがきっかけで個人的に少し話をすることができそれからはここで会えば毎年声をかけてくれます。

今年も行きたいところですがこの日は地元にいないので残念ながらいけません。。。

よって今年のターゲットは29日のพลพล!

彼のステージは3年前に行きましたが、トークが楽しく代表曲をその辺のお客とデュエットするなど盛り上がりました。

後は女房と従姉2名のStrongリクエストにより21日のโป่ง หิน เหล็ก ไฟが必須です。

恐らくこの日はファミリー総出で行くことになるでしょう。

 

因みに先日プログラムの確認を兼ねてImage Mallに行ってきました。

f:id:hirobkk:20181205222721j:plain

ビアガーデンコーナーの客は自分一人です。

1時間いたら1組2名だけ現れましたね。。。

それでもタイフォークソングの弾き語りをやってくれました。

f:id:hirobkk:20181205222718j:plain

 周りの装飾など準備は万端ですが、屋台がかなり減ってしまいましたね。。。

スターが来ていない日はガラガラなので商売キツイのでしょう。。。

 

うちはいつも行くイサーン料理のオバちゃんがいれば問題ないですが。。。

f:id:hirobkk:20181205222715j:plain
f:id:hirobkk:20181205222746j:plain

 

 9DEC / ปู Blackhead


ยอมรับ - BLACKHEAD【OFFICIAL MV】

21DEC / โป่ง หิน เหล็ก ไฟ


นางแมว : หิน เหล็ก ไฟ [Official MV]

29DEC / พลพล


คนไกลเบอร์เก่า - พลพล , ต่าย อรทัย 【OFFICIAL MV】

通りのレストラン「SKY DINNER」-Phutthamonthon Sai 4-!

「SKY DINNER」-Phutthamonthon Sai 4-

f:id:hirobkk:20181115215500j:plain

仕事帰りのソンテオ上からいつもこのレストラン?をみており、いつか途中下車して食べに行こうと思ってました。

店を始めたのはここ半年くらいかと思われ、思い立ってから数か月経ってしまいました。

そして先日ようやく行く機会が訪れ、先ずは下見がてら一人で行きます。

 

ここは休みの日にわざわざ行くようなとこではないので仕事の帰りに寄ります。

ถนนเพชรเกษม(ペッカセーム通り)からถนนพุทธมณฑล สาย 4(プッタモントン サイ4通り)に入りตลาด สาย4(サイ4市場)でソンテオを降ります。家はここからさらに10分くらいソンテオで行ったところです。

因みにソンテオに乗り合わせていた女性1名もここで降ります。

f:id:hirobkk:20181114233439j:plain

 

 

そしてここが「SKY DINNER」なるレストラン。

f:id:hirobkk:20181114233440j:plain

 

f:id:hirobkk:20181114233322j:plain

 

ソンテオに乗り合わせていた彼女はここで奥に入っていきエプロン付けて出てきます。

ここは彼女のご家族のようです、仕事が終わり次第手伝いに来てるみたいですね。

f:id:hirobkk:20181115215509j:plain

 

結構賑やかに飾っており、自分が行ったときは70%くらいは埋まってました。

f:id:hirobkk:20181114233444j:plain

 

タイ料理メニュー

この辺りではやや高め、バンコクの屋台料金ですね。

f:id:hirobkk:20181114233452j:plain

こちらは洋食メニュー

まあこんなもんでしょう。

f:id:hirobkk:20181114233510j:plain

 

ここが調理場

f:id:hirobkk:20181115215517j:plain

 

実は2日続けて来店しており1日目は

สเต็กไก่ห่อเบคอน/チキンステーキ ベーコン包み THB99

タレ、ベーコンの下にチキンステーキなるものの切れ端が4枚ほど隠れてます。

ドンとした1枚ものを想像してしまったためややテンション下がります。

味ですが、タレが甘い。。。

ベーコンは仕方ないですが、チキンステーキは塩をかけて美味しく頂きました。

f:id:hirobkk:20181114233542j:plainしかし次回ここでチキンが食べたいときは普通のチキンステーキ THB69 にソース無しでいくでしょう。

 

2日目

ข้าวผัดอเมริกัน/アメリカンフライドライス THB 69

f:id:hirobkk:20181115215518j:plain

これは次回はありません。

食べられますが、これなら家の近所のオバちゃんの店でクオリティが高くTHB50で食べられるとこがあります。

 

せっかくなので普段まず食べることのない洋食を食べましたが、少し割高感があります。

しかしこのお店の頑張っている感で良し!とできます。

また、トムヤムなどメニューに載ってない料理もできるので次回は女房を連れてきてみましょう。

 

この SKY DINNER ですがダラッとした通りの脇にダラッとした雰囲気でやっている店です。味やクオリティは料金なりで、近所のタイ人がチョボチョボと食べに来ています。バンコクでは無理がありそうですが、なかなか土地にあった商売をやっておりスタッフも好感が持てます。今後頻繁に来ることはないでしょうが仕事帰りにふらっと寄ってしまうかもしれませんね。。。

 

*朝の SKY DINNER

f:id:hirobkk:20181125223931j:plain

ランパーンの歩き方 27-29DEC'17 - R-Lampang Guest House -

ランパーンで居心地のいいゲストハウス

- R-Lampang Guest House -

f:id:hirobkk:20181112003144j:plain

 

今回の旅行ではDoi khun tan national parkがメインである為(女房は市内がメイン)、市内での宿泊の事をすっかり忘れておりました。。。。出発3日くらい前になって女房からどこに泊まるのかと聞かれ思い出した具合です。3泊もするのに。。。

hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

それまで全く調べていなかったのですがやはりTalad Gao通りの近くに泊まろうと思い、周辺のゲストハウス、ホームステイ3,4件に直接電話してみました。そのうち1件は電話の感じが気に入らなかったのでカット、次の2件は同じオーナーで感じがよかったんですが満室。。。

そして残されたのが- R-Lampang Guest House -

電話の感じは悪くなかったのですが、部屋代がちょっと高かったんです。。

年末の直前予約だったんで高い部屋しか残ってなかったんですね。。。通常THB1,650per nightですが3泊するんでTHB1,500にまけてくれました。

本来デポジットも50%入れなくてはなりませんが直前予約なので現地払いでいいとの事。。

 

場所はTalad Gao通りでWang川の川沿いです。

駅からソンテオでTHB30ですが親父さんが迷いに迷いやたらと時間がかかりました。

全く難しい場所ではないんですけどね。。

hirobkk.hatenablog.com

ソンテオの親父さんに限界を感じThipchang通りSuandok通りの十字路で降ろしてもらいます。そこからたいして距離はないだろうと検討はついていたのですが、自分たちも今一つ場所がわからない。。。人に尋ねながら到着できました。

 

最後はこんな道を入って行きます。

f:id:hirobkk:20181112003137j:plain

 

Suandok通りからTalad Gao通りを左に曲がり100mくらい行くと右手にピンクの門が見えます。ここがR-Lampang Guest House

門をくぐった広いスペースは駐車場です。

f:id:hirobkk:20181112003859j:plain
f:id:hirobkk:20181112003141j:plain

 

ここが受付。。

すぐに電話で予約を入れている旨を伝えチェックインしますが、「ん?」どうも様子が。。。電話で予約時の雰囲気と全く違います。なんかそっけないですねえ。。まあ普通なんですが。。。

f:id:hirobkk:20181112003132j:plain

 

我々の部屋は1段上がったここです。

f:id:hirobkk:20181112003128j:plain

 

このゲストハウスで2部屋だけしかないリバーサイドの部屋です。横にこんなスペースがありますが使いませんでしたね。

f:id:hirobkk:20181112003852j:plain

 

間取りはこんな感じ。前日までの寝台列車、テントに比べれば十分です!

f:id:hirobkk:20181112010351j:plain

 

テラス。

あるだけいいですかね。。。川は大して綺麗じゃないですが臭くはない。。

f:id:hirobkk:20181112010505j:plain
f:id:hirobkk:20181112010502j:plain

 

バスルームは一発打ちっ放し。床は水で濡れればツルツル。

f:id:hirobkk:20181112010348j:plain
f:id:hirobkk:20181112010345j:plain

 

このTV台のスペースがいろいろ使えて便利でした。

f:id:hirobkk:20181112010338j:plain

 

ベッド以外はコンパクトに収まっているので部屋が広く感じます。

2日間着っ放しのニッカボッカニッカホースを広げて干すことができました。

f:id:hirobkk:20181112010456j:plain

 

部屋の前にある共有スペース

特に使われていないようで雑貨などが雑に置かれてます。

f:id:hirobkk:20181112003848j:plain

 

部屋の横には川沿いに綺麗な花と古びたベンチが。。。

なんかここに居た時間がながかったです。。

f:id:hirobkk:20181112010641j:plain
f:id:hirobkk:20181112010637j:plain

f:id:hirobkk:20181112010459j:plain

 

ここは別棟。

R-Lampang Guest Houseは全部で3棟にわかれておりそれぞれ洒落た外装をしてます。

f:id:hirobkk:20181112010731j:plain

 

3泊しましたが、かなり居心地がよかったです。スタッフの対応は丁度いいぐらい。。。特に愛想がいいわけではないですが何か聞けば親切に教えてくれます。

最終日の朝に予約時に電話で話したオーナーに会えました、やはり気のいい話好きな明るい女性でした。

滞在してみて立地がサイコーでしたね。Talad Gaoに近くお気に入りのRasada市場までは20分程度の散歩で行けます。

しかし周辺はTalad Gaoの賑わいからは外れてまあ静かなのですが、数件先にある" The River Guest House "がとにかくうるさいです、音楽の音量や客が大騒ぎしてました。自分はこの辺のところはほぼ気にならないのですが、他のタイ人宿泊客は少し参ってました。日が悪かったですね。

 

気になるホームステイが2件ありましたが、次回Lampangに来てもここに泊まりますかね。。。

 

R-Lampang Guest House
278 Taladkao Rd, Suandok Muang Amphoe Mueang Lampang, Chang Wat Lampang 52000
054 225 278

อาลัมภางค์ R-Lampang + + feel like home + + บริการ โรงแรม ที่พัก ในจังหวัด ลำปาง

ランパーンの歩き方 27-29DEC'17 -食-

滞っていたランパーンの紹介を再開!

今回はLampang市内の散策で見つけた食べ物について綴ります。 

hirobkk.hatenablog.com

 

1.ไร่กาแฟปางมะโอ/Pang Ma-O Coffee

まずは今回の目的でもあるPang Ma-O農園へ訪問をすべく昨年のOTOPイベントで会ったオーナーの親父さんに連絡を入れます。

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

 市内から40kmの距離ほぼPhrae/แพร่(プレー県)との県境にあります。

ソンテオが市内からでてますが女房の体調が心配なのでどうしようかと思っていたら、農園のオーナーがゲストハウスまで迎えに来てくれると言うではないですか!

結果⇒3日間雨で道が悪く出てこれず(Pang Ma-oは山道で舗装がされてません)。。。

そうですね。。。いけませんでした。

Pang Ma-OのCoffeeはすごく気に入ったので農園に行ってみたかったのですが残念です。。。

Pang Ma-O Coffee "Arabica"

f:id:hirobkk:20180623185658j:plain

www.pangmaocoffee.com

 

2.โก๋กาแฟ/Go+ Cafe' Lampang

f:id:hirobkk:20180623231603j:plain

雰囲気のいい落ち着いたカフェです。

コーヒーはチェンマイ、ランパーン産のArabica種

郊外にラボがありそこでロースト(Preda Roasting House)してます。

時間がなかったので行きませんでしたが見学ツアー(タイ語のみ)もあります。

 

コーヒーの器具も一通り販売しており、こだわった商売をしてるんですね。

f:id:hirobkk:20180623231617j:plain

 

Pang Ma-Oに行けなかったので変わりにコーヒーを買ってみました。

Vienna Roast THB185/250g

f:id:hirobkk:20180623230931j:plain

コーヒーだけでなく食事やデザートも充実。

www.preda-roastinghouse.com

 

3.ร้าน หม่องโง่ยซิ่น/Moung Ngwe Zin & Melann

f:id:hirobkk:20180624001422j:plain
f:id:hirobkk:20180624001427j:plain

Lampangで行った飲食店で気に入った場所の一つ。

建物の名前になっている " Moung Ngwe Zin " はビルマの商人で1908年にこのビルを建てました。

f:id:hirobkk:20180701210652j:plain

当時はイギリスの伐採会社のオフィス件、ホテル、バーだったそうです。

 

f:id:hirobkk:20180701211936j:plain

Moung Coffeeなるものを注文します。

店員さんにどんなコーヒーなのか聞きましたが、ただのあま~いミルクコーヒーしかイメージできません。

f:id:hirobkk:20180712005606j:plain

あま~いタイコーヒーですな。。。

しかしカップがなかなかオシャレ。

 

店の奥はギャラリー件、北部タイの工芸品やセラミックの販売をしてます。

f:id:hirobkk:20180712010241j:plain

f:id:hirobkk:20180712010123j:plain

 

とにかくこの広いスペースをゆったりと使っているところがいいんですよね。

f:id:hirobkk:20180712010126j:plain

 

4.ข้าวมันไก่ทิพย์ช้าง/Hainanese chicken rice Tipchang

f:id:hirobkk:20180712114811j:plain
f:id:hirobkk:20181012002013j:plain

地元の人気店!

朝は持ち帰りの客が並んでました。

 

ご主人が毎朝店に立ち、チキンを丁寧に切り分けます。

f:id:hirobkk:20181012002244j:plain

 

自分はカオマンガイ、女房はカオマンガイトードを注文。

肉がフレッシュで何と言ってもタレが旨い!

f:id:hirobkk:20180712114844j:plain

 

ここは昼過ぎには店を閉めてしまいますので朝来るべし!

 

5. ร้านเจ้น้อย/Jay Noy

名店と言っていいでしょう!

市内の有名店 " Aroy One Baht "の向かい側にあります。

地元の方曰く市内にはあまりタイ北部料理を食べられる食堂がないそうです。市場に行けば手に入りますが。。。

R-Lampang Guest HouseのスタッフにAroy One Bahtを勧められたので店まで行ってみましたが、全くここで食べる気がせず向かいにあったJay Noyの方が気になりました。

 

席は十分にありますが、客は地元の方の持ち帰りが多いみたいです。

f:id:hirobkk:20181029221543j:plain
f:id:hirobkk:20181029221552j:plain

 

数種類の北部カレー(แกง)とソーセージ(แหนม)が並びます。

見かけは珍しくもないですが、料理の内容を聞くと女房もよくわからん料理が多いようです。

f:id:hirobkk:20181029224431j:plain

 

なんですか?これは!

f:id:hirobkk:20181029224456j:plain

 

いろいろ魅力的な料理が並んでおり何を食べるか迷います。。。

毎日、市場や通りでしこたま食べ歩きをしている為、常に腹8分の状態なので多くは食べられません。

しかしこの店の目玉はこのツボの中。。食べぬわけには行きません。

まず干した豚肉をツボに吊るし炭火で蒸します。

f:id:hirobkk:20181029224446j:plain

 

蒸し焼きにしたものを再度炭火で焼き。

f:id:hirobkk:20181029224439j:plain
f:id:hirobkk:20181029224540j:plain

 

好きな部位を自分で選びます。

f:id:hirobkk:20181029224514j:plain

 

色々興味を持って眺めていると、この焼き場のお姉さんが忙しい中詳しく説明してくれます。手つきも慣れ要領よく仕事をされているのでさぞベテランさんかと思ったら。。。入店7日目だそうです。以前に経験があるそうですが、説明が丁寧で尚且つ嘘臭くないところがいい!

f:id:hirobkk:20181029224518j:plain


いろいろ物色し我々が注文したものは。。。。

แหนบปลา(ネーンプラー)

バナナの葉に包んでグリルする料理でイサーンや南タイでもよく見ます。

ここではティラピアに唐辛子、ターメリック、その他よくわからんタイハーブが包まれており独特な香りと風味がでてました。因みに結構辛いです。

f:id:hirobkk:20181103115214j:plain

f:id:hirobkk:20181103115227j:plain

 

คอหมูย่าง(コームーヤーン)

日本の方はみんな大好き!おなじみの料理。

手が込んでいるだけあって抜群に美味いです。

f:id:hirobkk:20181103120005j:plain

 

ไส้อั่ว(サイウア)

タイ北部のソーセージ

チェンマイ在住時によく食べてましたが、ここのは今まで食べた中で一番スパイシーです。中身は豚肉、こぶミカンの葉(ใบมะกรูด)、レモングラス(ตะไคร้)、ニンニク、唐辛子、ターメリックです。

f:id:hirobkk:20181103120108j:plain

 

カオニャオ(もち米)とケープムーแคบหมู(豚の皮を素揚げしたもの)を添えて食します。

f:id:hirobkk:20181103121452j:plain

基本的注文した料理全てが辛い(コームーヤーンは辛いタレを付けて食べました)ので食後は店の奥にある住居でトイレを借ります。

 

この住居がまた素敵なんですね。

f:id:hirobkk:20181103121139j:plain

f:id:hirobkk:20181103121147j:plain

 

いろいろ食べるところのある市内ですがランパーンに滞在するのならここは必ず来るべき店だと思います。

朝から午後3時位までしか見せはやってないそうですが、別の日に前を通ったら6時位まで持ち帰りで販売はしてました。

 

6.ขนมจีนป้าบุญศรี(ブーンスリー叔母さんの店)

f:id:hirobkk:20181104230159j:plain

Talad Gao通りの入口でラサダー橋の隣にあるขนมจีน(カノムジーン)の店

 

こちらの方がブーンスリー叔母

f:id:hirobkk:20181104230819j:plain

 

店の前でグツグツ煮立たせるのはน้ำเงี้ยว(ナムニャオ)

f:id:hirobkk:20181104230544j:plain

 

店内はかなり広く奥の席(画像右)は川沿いで景色もいいです。

f:id:hirobkk:20181104230553j:plain
f:id:hirobkk:20181104225911j:plain

 

ここでは自分はข้าวซอย(カオソーイ:左)女房はขนมจีนน้ำเงี้ยว(カノムジーンニャムニャオ:右)を注文。どちらも北部の一般的な料理です。

どちらも美味しかったですが、この店ではやはりカノムジーンニャムニャオを食べるべきでしょう。

f:id:hirobkk:20181104225954j:plain
f:id:hirobkk:20181104230549j:plain

 

旦那さんらしき方が店の端っこで時計の修理/販売をしており店の奥には立派な時計がおいてあります。

f:id:hirobkk:20181104225925j:plain


7. Take a Taste

f:id:hirobkk:20181105000550j:plain

市内中心から少し離れてます。

Wat Srichumに散歩しに来た時にたまたま発見!

ただのカフェです。

ここのいいところは静か、庭が気持ちいいい!犬がかわいいのです。

でてくるコーヒーとケーキはその辺で売ってるものと変わらんでしょう。

f:id:hirobkk:20181105002516j:plain
f:id:hirobkk:20181105000545j:plain
f:id:hirobkk:20181105001523j:plain
f:id:hirobkk:20181105000535j:plain

f:id:hirobkk:20181105000604j:plain

 

Pang Ma-O Coffee以外は頑張れば徒歩圏内!

我々はところどころ乗り合いのソンテオ使ってますが。。。

f:id:hirobkk:20181105011449j:plain