Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

年末年始休暇 タイ北部 ランパーン/Lampang (ลำปาง)へ! -Day 2-25DEC'17 / Trekking in Thailand National Parks No.2 - ドイクンタン国立公園/Doi khun tan national park(อุทยานแห่งชาติดอยขุนตาล) でキャンプと野生の蘭~前半~

Trekking in Thailand National Parks No.2

- ドイクンタン国立公園/Doi khun tan national park(อุทยานแห่งชาติดอยขุนตาล) -

キャンプと野生の蘭

~前半~

2日目、長丁場なので2回に分けます。。。

 

朝、6時頃には目が覚めました。

昨晩頼んでいたコーヒーとovaltine(ココアみたいなもんです)が運ばれてくると、すぐにベッド⇒チェアへのセットアップをしてくれます。やはり1等車両はサービスが手厚いですねえ。。昨日買っておいたパンと一緒に朝食をとります。

f:id:hirobkk:20180120163723j:plain

 

すでにLampang県のちょい手前のUttaradit県に入ってます。何度もいいますが本当にほぼ予定通り。。すごいねえ。。。

電線は余計ですがいい景色です。

f:id:hirobkk:20180120163726j:plain

到着10分前。。

パッキング等準備完了!!すぐに登り始められる状態です。

f:id:hirobkk:20180120163731j:plain

 

Lampang県、Khun Tan駅。

本当にほぼ定刻につきました。この汽車は優先順位が一番高いはずなのでできるだけ遅れを少なくするはずですが、しっかりつきましたねえ。

昨年女房の故郷に帰った時は行で6時間遅れ、帰りは列車の到着が5時間遅れてました。

噂通り北部への汽車は比較的スムーズですね。外国人旅行者が多いのもあるのでしょう。。

 

かなりの数の犬が居て、日に数本しか来ない電車を待つ駅員と一緒にごろごろしてました。

f:id:hirobkk:20180120163815j:plain
f:id:hirobkk:20180120163759j:plain
f:id:hirobkk:20180120163826j:plain

 

駅前ロータリー。

食堂があります。タクシー等のサービスはありませんが、国立公園の職員曰くこの辺りの人に直接交渉で短時間であれば車のチャーターができるとの事。

駅前にはこれしかありません。

f:id:hirobkk:20180120163829j:plain

 

ここはトンネルで少し有名です。

タイにある鉄道のトンネル(7つしかない中で)で一番長い(1,362.10m)トンネルです。またKhun Tan駅はタイ国内の鉄道駅で最標高(758m)の駅です。

このトンネル建設にはいろいろドラマがあるようですが、今日は先を急ぎ最終日にじっくり勉強することにします。

トンネル左のゲートが国立公園へのトレッキングルートになります。

f:id:hirobkk:20180120163841j:plain

 

駅のホームから線路に降りて歩いていくとこの石段につきます。

ここから1,3kmのトレックで国立公園のヘッドクォーターへ向かいます。

f:id:hirobkk:20180120163846j:plain

さくっと石段を上がると登山道になります、いきなり大きな赤い花がどわっと現れます。こちらではดอกคริสต์มาส(クリスマス)としかいいません。Poinsettia/ポインセチア(通称:クリスマスフラワー)なんですがタイではクリスマス以外の呼び名がないみたいですね。。。

f:id:hirobkk:20180120163908j:plain
f:id:hirobkk:20180120163911j:plain

 

駅から直登して高度をかせぎます。

f:id:hirobkk:20180120230928j:plain

 

うちは夫婦でニッカです。

f:id:hirobkk:20180120233203j:plain
f:id:hirobkk:20180120233021j:plain

 

この国立公園はよく整備されてます、園内のスタッフも勤勉でしっかりしてるし。。。

バナナの木、花がちょいちょい咲いてる登山道を歩いていきます。

f:id:hirobkk:20180120230939j:plain
f:id:hirobkk:20180120230955j:plain
f:id:hirobkk:20180120230959j:plain


駅からのんびり1時間登ると公園ゲートに。。。

そうです、車があれば車でこれます。。。

f:id:hirobkk:20180120231009j:plain

 

公園はLampang:ลำปางとLamphun:ลำพูนの県境にありところどころに県境である案内があります。真ん中のラインをまたいで写真を撮るのがお決まりですね。。。

事務所はLamphun側

f:id:hirobkk:20180121131609j:plain
f:id:hirobkk:20180121131605j:plain


料金表

外国人はタイ人(adult:20B / child:10B)の5倍料金ですが自分はタイ人料金でOKです。

f:id:hirobkk:20180121131612j:plain

 

事前に電話で何度かやり取りして、お世話になっていたスタッフに挨拶をしてからテントを張ります。

午前10時。。。

着いたときは前日の撤収組がいましたが10分ほどで自分たちだけになりました。。

装備は " Karana Freedomⅱ" にQueshreのタープです。

あまりこのようなことはやったことがないので見た目が悪いですね。。。 

f:id:hirobkk:20180120231019j:plain
f:id:hirobkk:20180120231023j:plain
f:id:hirobkk:20180120231027j:plain

 

 1時間歩きテントを設営しただけで腹が減ってしまいました。

ここから先に30分公園内を上がるとNature Trailのゲートになります。

その前に腹を満たしておきましょう!

管理事務所の向いにある食堂で

แกงจืดเต้าหู้:ゲーンチュートーフー(タイ風澄まし汁)とยำหมูมะนาวง่าย:ヤムムーマナーオ(蒸し豚のライム和え)を食べます。

どこにでもある料理ですが、ここのは旨いですねえ。

f:id:hirobkk:20180121141610j:plain


腹ごしらえをしたら出発です。

キャンプ地をでてしばらくは車道と登山道のミックスで20件ほどあるバンガローを抜けていきます。

f:id:hirobkk:20180121161001j:plain

f:id:hirobkk:20180121141517j:plain

途中この看板がありますがCAMP2は工事で閉鎖してます。

f:id:hirobkk:20180121141826j:plain

 

30分ほど歩くと、この素晴らしい庭をもったバンガローにつきます。

右の柵の向こうは周辺の山とランプーン方面の眺めがいいです。

f:id:hirobkk:20180121141805j:plain

庭がきれいに手入れされており、蘭の花も植えてあります。

f:id:hirobkk:20180121141820j:plain
f:id:hirobkk:20180121141814j:plain

 

庭でカオラーム(ココナッツミルクで炊いた粽のようなものです)をスタッフが作ってますが、どうもこの日はタイ国立公園のV.I.Pが泊まりに来るので準備しているそうです。このバンガローは一泊いくらか聞いてみたのですが、この棟はほぼ今日来るV.I.Pの専用になっており基本的には泊まらせないようにしているそうです。事務所のスタッフ曰く今度来るとき電話で確認してくれれば可能(空いてれば)なら泊まれるようにしてくれるそうです。料金THB2,000/night位だと思います。

f:id:hirobkk:20180121141635j:plain

 

同じ敷地にあるこの2棟は通常通りの予約ができます。

2棟続きなので10人くらいのグループで使えます。

うちは次回はここに宿泊ですね。。

f:id:hirobkk:20180121141631j:plain


そしてここがNature Trailの出発点です。
f:id:hirobkk:20180121141756j:plain

キャンプ地からここまで食堂(水は買えます)が一か所(ショートカットすると通らないので車道を通ってこなくてはいけません)しかないので公園事務所のあたりで用意しておいたほうがいいです。

この先のルートですが、

GATE⇒(300m) ย.1:YAW1 ⇒(1,000m) ย.2:YAW2 ⇒(3,000m) ย.3:YAW3 ⇒(1,000m) ย.4:YAW4(標高1,373m)と進みます。

f:id:hirobkk:20180121141619j:plain

もう昼近いので行けるとこまで行ってみます。

目的は野生の蘭なので最終地にはこだわりません。

 

後編に続く

 

* Doi Khun Tan National Park

http://portal.dnp.go.th/DNP/FileSystem/download?uuid=47ccc625-0f39-420c-b7ae-475d4df4a3a9.pdf

Bollywood No.006 -Mujhse Shaadi Karogi (2004)-

年始の休みはゆっくり家で過ごしました。

久しぶりにたっぷりと時間があったので、お気に入りの映画を女房み見せるべくDVDをひっぱってきます。

女房は当初 現在公開中の " Tiger Zinda Hai "を観るべく予習の為 " Ek Tha Tiger(2012) " *女房は未鑑賞の為。。

を観るものと思っていたようですが、今回は同じSalmanの " Mujhse Shaadi Karogi " 2004年のNo.4 Hit!!!

個人的には2000年代(2000-2009)の5大コメディ映画のひとつとしており、2018年1本目の映画としてふさわしい映画といえます。また作中でもNew Year Partyのシーンがあり尚よろしいですね。

 

Mujhse Shaadi Karogi (2004)

f:id:hirobkk:20180109231008j:plain

 

2000年代5大コメディのその他4本

左からHera Pheri(2000) , Malmaal Weekly(2006) , Phir Hera Pheri(2006) , Chup Chup Ke(2006)

f:id:hirobkk:20180109231016j:plain
f:id:hirobkk:20180109231024j:plain
f:id:hirobkk:20180109231027j:plain
f:id:hirobkk:20180109231032j:plain

2000年代前半はAkshay Kumar,Sunil Shettyといったアクション映画のスターがコメディに頻繁に出演するようになりました。上記の4本は当時のトップコメディ俳優陣を集めて制作した文句なしの傑作です。

今回は別の映画の話なのであまり語りませんが、特筆すべきはParesh Rawalが4本(Mujhse Shaadi Karogi以外)に出演してます。4本全てで流石のパフォーマンスをしてます。また、このジャンルの俳優(彼は自分の事をコメディアンではなく俳優と呼んでくれ!と常々語ってます)としては個人的に1番好きなRajpal Yadavも4本(Hera Pheri以外*2000年時はまだデビューまもなく何故かRam Gopal Varmaのどーでもいいよーな作品にでてました)

テキトーにストーリー&解説
爆笑シーン満載のラブコメディ。 
サミール(Salman Khan)の幼少時代から話が始まり(この時サミールが問題を起こしたときに悟す友人アルンが登場しここからすでにストーリー最後の振りが始まってます)、青年期の失恋を機にムンバイからゴアへ移住。ゴアへ移動中の汽車の中からその後続くコメディシーンの振りがあります(スーラジ/Satish Shahとの出会い)。

ゴア到着後からはコメディシーンの連続です。

特にラニー(Priyanka Chopra)と出会ってからは彼女の父親(Amrish Puri)とサミールの絡み、サミールの住む家の大家ミスタードゥガール(Kader Khan)の病気などが笑わせてくれます。

そして突如ヘリコプターにぶら下がってサニー(Akshay Kumar)が登場します。

f:id:hirobkk:20180113230028j:plain

突然出てきたサニーはサミールの同居人となり、ラニーに一目ぼれします。

サミールより一枚上手のサニーはすべてにおいてサミールを出し抜き、ひたすらサミールの邪魔をします。

サニーはラニーの家族とも上手くやるような男で、最後はサミールもラニーを諦めゴアを出ていこうとします。しかし実はこのサニーはサミールの幼馴染のアルンでサミールの祖母からサミールの現況を聞きサミールを助ける為ゴアに来たのです。

最後はサニーのプランによりクリケットの印パ親善試合が行われている会場でサミールはラニーにプロポーズします。

この時クリケットのインドナショナルチームが数名登場するのですが、極めつけは2004年時点でインドがワールドカップ(1983)に勝った最初で最後のキャプテン " Kapil Dev " の登場。なぜにこれが極め付けなのか? 実は以前 DelhiのKarnail Singh Stadiumでお会いしたことがありKapil Devのスター振りを目にしたことがあるのです。しかも運のいいことに簡単な会話をすることができ丁寧な対応をしてもらった記憶があります。因みにその後インドのクリケットは2011年まで(キャプテンはM.S Dhoni*2016年に映画化されましたね。。)タイトルを待つことになります。 


Cast
Salman Khan as Sameer

f:id:hirobkk:20180114003625j:plain

ここで取り上げるのは TUBELIGHT(2017)以来

hirobkk.hatenablog.com

演技力などより雰囲気でやっています。TUBELIGHTのように演技力を表にだすとコケることが多いですね。下手ではないと思いますが、インド人がSalmanに求めているのはそういうことではないからでしょう、、。

本作の監督 David Dhawan とのコンビは定番で大抵役名はPremなんですが今回はSameerでしたね。2000年代に入ってから出演作がHITしませんでしたが今作のHITを機にコメディ路線でこの後乗っていきました。

アクションもいいですが、この路線のSalman物はかなりいいですね。特にサポートにスター俳優が入り彼らがSalmanをよく生かしてます。今回のAkshay Kumarみたいに。。。

 

Akshay Kumar as Sunny (Arun)

f:id:hirobkk:20180114165859j:plain

完全にふざけておりヘリコプターのぶら下がり登場から最後の数分までは今回は遊びにきているのかと思わせるほどの演技でした。キャリア初期はアクションが多かったですがHera Pheri(2000),Awara Paagal Deewana(2002)辺りから大人数型のコメディに出始め今作で一気にマルチ俳優として確立したと思ってます。この後この系統の役をこなしていきどれも独特の雰囲気を作ってます。Garam Masala(2005),Jaan-E-Mann(2006)などを経て2007、2008年で大ブレイクしました。

今回のサニーはまさにAkshayの為の配役だったでしょう。

Akshay Kumarを初めてみたのは。。Sapoot(1996) をKolkataのNew Empireで見ました。共演はSunil Shetty,Sonali Bendre,Karisma Kapoorとスーパーキャストです。

f:id:hirobkk:20180114185750j:plain

そして今回サミールとサニーの居候先の大家役(怪我の後遺症で日によって目が見えない、耳が聞こえない、口がきけないなどの症状がでてしまう)のKader KhanがアンダーワールドのドンでAkshayとSunilの父親役をやってます。今、このSapootを観ることはインドでもなかなか難しいのではと思います。自分の友人達もこのような作品があったとほとんど記憶にありません。キャスティングの良さなどすごく真面目に作っていると思うのですが、ストーリーがメチャクチャ、、、見る必要はないでしょう。。因みに自分はVCDで持っています。。

 

Priyanka Chopra as Rani

f:id:hirobkk:20180114190319j:plain

2000年にミスワールド受賞後、2002年にデヴューしたので、このときまだ2年しかキャリアを積んでいません。この時はまだお飾りの域を脱していない印象でした。ダンスも固くイマイチでしたね。この後彼女が本当に評価されるのは Fashion(2009)まで待つことになります。途中のBluffmaster!(2005),Salaam-e-Ishq: A Tribute to Love(2007)なんかもよかったですが。。Fashion以降は完全に一流女優の格付けになりました。昨年女房がアメリカのドラマをみていたら「この人インド人みたい顔してるねえ。。」よく見るとPriyankaでないですか!!!どうもアメリカのドラマで主演を張っているようです。現時点でシーズン3まで来ているのでショボくはなさそうです。でも、、なんかちょろっとみましたが興味なかったですね。。

 

Amrish Puri as Colonel Jugraj 

f:id:hirobkk:20180114193447j:plain

この映画の翌年2005年に亡くなりました。自分の中ではボリウッド映画で厳格で怖い父親役の似合う2大俳優の一人(もう一人はOm Puri,,,この方も昨年亡くなりました)と考えており、この2人がいなくなったら誰が演じるんだろう?と思ってました。2017年時点で跡継ぎはいませんね。。。

今回もあの独特の喉の奥から声を出してくるような怒鳴り声で面白く演じてくれました。

余談。。この方を知ってる人ならまず知らないことはないと思いますが、Indiana Jones and the Temple of Doom(1984)*インディジョーンズのパート2。

でハリソンフォードと重要な役で共演してます。

f:id:hirobkk:20180114194117j:plain

 

Rajpal Yadav as Raj Purohit Jyotshi and Paul (Dual role)

f:id:hirobkk:20180114194223j:plain

最も好きな俳優の一人です。

まだこの頃は彼の魅力は全て発揮されてません。

2005-2010年くらいにかけてはコメディ映画でこの人を観ないことはないぐらい出演してました。最近はアート系の映画に出ているようで出演が減ってますね。。数年前からコメディアンと呼ばれるのを嫌がっていたので(結構本気だったんですね)控えているのでしょうか?

今作ではダブルロールですが暴走族のリーダー役はたいして見どころはありません。

Kapil Dev

f:id:hirobkk:20180115195521j:plain

クリケットを知っている人、インド人には説明不要のスーパースター!!!

どんな人か詳しくは知りませんが、出会った時のオーラがものすごかった!

 

気になるところで。。

Vindu Dara Singh

f:id:hirobkk:20180114201507j:plain

右の赤頭の方です。

暴走族の新鋭隊長役、サミールにあっという間に成敗されます。

映画、TVで活躍してますが、お父さんが日本ゆかりがあります。

父:Dara Singh

元インドのプロレスラーで日本、アメリカのリングに上がってます。

日本でおなじみのタイガージェットシンと凌ぎを削り、1955年にはなんと日本のリングで力道山と試合をして空手チョップでフォール負けをしてます。Wrestling Observer Newsletterで殿堂もしている偉大なレスラーでした。得意技はインディアンデスロック


Dara Singh vs. Rikidozan- (1955 ) JPWA Asia Single Championship League Battle Official

f:id:hirobkk:20180114203640j:plain

レスラー時代、、かっこいいんですよね。。

俳優として。。日本ではKal Ho Naa Ho(2003)の優しいお爺さん役で見かけた人もいるでしょう。

f:id:hirobkk:20180114203618j:plain

 

Location

ミュージックシーンはモーリシャス(ビーチ)、ドバイ(砂漠)、その他はゴア。

最後のプロポーズシーンはThe Pandit Jawaharlal Nehru Stadium(ゴア)。

 

Music Scene

Laal Dupattaがスーパーヒットしましたが、

Aaja Soniyeが秀逸!


Aaja Soniye [Full Song] Mujhse Shaadi Karogi

ノリノリのダンスナンバーです。これを観てもPriyankaがどうもしっくりこないんですよね。。。振付等がSalman仕様なせいか。。。しかしナンバーは最高です。この映画を最初に見た次の日には黒シャツとチャコールグレーのネクタイを買いました。


総評

Salman Khan , Akshay Kumar , Amrish Puriは文句のつけようがなく、Priyanka Chopra , Rajpal Yadavはこの後実力を発揮していきます。ミュージックシーンはどれも素晴らしく最初から最後まで楽しめる作品です!

 

今回のDVD Special Edition 

メイキングDVDとポストカードの特典付き!

f:id:hirobkk:20180109232752j:plain


Leona...全く興味なし、ずっと寝てました。。。

f:id:hirobkk:20180109232747j:plain

 

 

Recipe9. 納豆汁(Natto-Soup)

お雑煮編でも書きましたが、子供のころ正月に家ではお雑煮はでませんでした。

hirobkk.hatenablog.com

正月は納豆汁なんですね。

この納豆汁ですが正月だけではなく葬式なんかでもよく食べた記憶があるので、行事食なんでしょう。部落にもよると思いますが、うちは何かあればご近所が集まってつくってました。

さすがにこれが作れないわけにはいきませんので、2018年正月2日にこさえてみますね。。。

納豆汁 - Wikipedia

👆によると山形・秋田・岩手県の一部地域の郷土料理みたいです。

秋田県湯沢市とありますが、うちはその隣の隣ぐらいなのでまあ当たってますね。

記憶によると具材は大量のネギと納豆、山菜、豆腐くらいだったような気がします。

【大曲納豆汁】旨めもの研究会 大曲納豆汁

家は👆のエリア(大曲市の隣です)なんでまさにこれです。

なんか...専門のHPができたり大袈裟になってますね。。

伝統の...認定店...?

家で"ばば"がつくる普通の家庭料理でしたけどね。。

最近は秋田の家ではつくらないんですかね?

 

今回はその伝統の味をここタイで作りますよ。。

うちにある大量な野菜の中から合いそうな具材を選らんで。。。。

"サンプラン風納豆汁"

※現地(サンプラン/สามพราน)の食材で作る納豆汁という事です。

 

  • 大根 :適量
  • 玉ねぎ :適量
  • トンホーム(ต้นหอม) :適量
  • マクアプロ(มะเขือเปราะ/タイ茄子) :適量
  • クワントン(กวางตุ้ง/チンゲン菜に似てますね) :適量
  • 卵豆腐 :適量
  • 納豆:1パック
  • ダシの材料
  • 鰹節 / 味噌
  • f:id:hirobkk:20180105232331j:plain

 

食べやすいように切ります。

卵豆腐は袋から出すのに失敗してしまい、すでにボロボロですね。。

  • f:id:hirobkk:20180105232339j:plain

 

まずはカツオだしをとります。

  • f:id:hirobkk:20180105232405j:plain

 

その間に納豆をすり準備しますが、うちにはすり鉢がありません。

"すりすり"できませんがこれで対応(ナムプリックに入れるトウガラシやニンニクをつぶすのに使う道具)

  • f:id:hirobkk:20180105232410j:plain

  • しかしこれではサイズも小さく納豆が細かくならないので
  • ソムタムを"タムタム"する道具に移し替えます。

  • これでも"すりすり"はできませんが、まだましですね。。
  • f:id:hirobkk:20180105232418j:plain

  • ダシがとれたら食材をガツンと入れます。f:id:hirobkk:20180105232423j:plain

  • すりすり(タムタム)した納豆に汁を少しづつ入れて伸ばします。
  • f:id:hirobkk:20180105232430j:plain

    f:id:hirobkk:20180105232439j:plain

 

汁の方に味付けは味噌だけ、量はこのくらい👇で十分です。

  • f:id:hirobkk:20180105232444j:plain

  • 納豆が伸ばせたら
  • f:id:hirobkk:20180105232448j:plain

  • 本体に合わせ入れます。
  • f:id:hirobkk:20180105232450j:plain

  • その辺にルークチン(肉団子)が転がっていたので入れてしまいましょう。
  • f:id:hirobkk:20180105232455j:plain

これで完成です。

元旦の残りの餅とアンチャンご飯で頂きます。

味は問題なし、幼少の頃何度となく口にし手伝った料理です。

※クワントン(กวางตุ้ง)が少し苦いのでなくてもいいかもしれませんね。。卵豆腐もいらんかな。。

しかし見た目が汚いですねえ。。。

やはり卵豆腐をボロボロにしてしまったのがまずかったみたいです。。。

  • f:id:hirobkk:20180105232458j:plain

女房も気に入ったようなのでこれからもたまに作ってみますかね。。

年末年始休暇 タイ北部 ランパーン/Lampang (ลำปาง)へ!  -Day 1 バンコク⇒ クンタン(Khun Tan)/ランパーン県 - 24DEC'17

 クリスマスからタイ北部のランパーンに行ってきました。

今回の目的は

  1. クンタン国立公園でトレッキングとキャンプ泊
  2. 市場等でランパーンや北部タイの食事
  3. ランパーンで有名なセラミックを物色ー女房RQ
  4. 古めの寺院ー女房RQ
  5. Pang Ma-O Coffee 農園

往復は汽車を利用。

事前に駅で購入済だが往路については空いている2等寝台がなく最後の1室の一等寝台になってしまいました。今までに一等は経験したことが無かったので楽しみですがちょおっと高いですね。。

Bangkok ⇒ Khun tan で1等個室(上下2段ベッド)で THB2,604

宿は直前に電話でとった " R Lampang Guest House " river sideの部屋で1泊 THB 1,200

この2つをしておけば後はどうにでもなるのでのんびり出かけます。。。

 

汽車の出発時間は19:35なので念のため3時間前に家をでます。。

Leonaは留守番。。

f:id:hirobkk:20171231202227j:plain

今回もバイクタクシーの運ちゃん" Pi Baw "に留守中の世話をお願いしていきます。

 

キャンプ泊とあってとにかく荷物が思い。。。

到着した駅からすぐに登り始めるため久しぶりにバックパックで出かけます。

 

 自分用:The Daivan Face (DV) 60ℓー説明不要!完全な〇orth 〇aceのバッタもんです。10年ほど前にカオサンロードでTHB500(¥1,800)くらいで買ったもの。

驚くことに初回の利用時カルカッタ(インド)の空港で触れただけで腰のベルトが取れました。その後ヒマラヤ登山を予定していたので路上の裁縫の親父に怪しい所をすべて手縫いしてもらい今に至ってます。まともに荷物を入れて背負うのはおよそ5年振りくらいなんで少し心配。。。。

 

女房用:KARANAの35ℓ タイのアウトドアブランドです。これも安い!正規店で購入しTHB800だったと思います。3年目ですが十分使えてます。

 

しかしどっちも日本で登山するには不安で使えませんね。。。

f:id:hirobkk:20171231202447j:plain
f:id:hirobkk:20171231204858j:plain
f:id:hirobkk:20171231202453j:plain

 

疲れます。。。バンコクに出てフアランポーン駅まで、家から2時間かかりました。。。

f:id:hirobkk:20180101212953j:plain

 

休日前なんで結構混んでますね。。

f:id:hirobkk:20180101212959j:plain

 

Train No.13 こいつに乗っていきます。

f:id:hirobkk:20180101213004j:plain

 

我々は1等車両!一番近いとこです。

1等は1両のみの連結

f:id:hirobkk:20180101213010j:plain

 

一応全室個室です。

f:id:hirobkk:20180101213018j:plain

 

簡易洗面台があるので顔洗ったり歯を磨け、鏡もあり女性にはうれしい設備ですね。

左部分はドアになっており隣の部屋とコネクティングできるので、家族で利用なら4人1室のコンパートメントになります。

f:id:hirobkk:20180101213024j:plain

 

あちこち棚がついてますが、寝具を収納してるので無駄がありません。

背もたれの部分が上の段のベッドになります。

f:id:hirobkk:20180101213029j:plain

 

事前にスーパーで買ってきた弁当を食べるスペースもなんとかありますね。。

f:id:hirobkk:20180101213034j:plain

 

ほぼ定刻通り出発し、弁当食べ終わったところでベッドメイクをしてくれます。

2等ですと一人で数車両みてますが、1等はこの方が専門。

f:id:hirobkk:20180101213042j:plain

f:id:hirobkk:20180101213046j:plain

 明日の朝は07:30の到着です、途中下車ですので早めに起きて準備をするので早めに寝ます。。。

 

二日目へ・・・

 

 

 

Recipe.8 お雑煮(Ozouni) ちょっとタイ風

昨晩👇の疲労が抜けてませんが、元旦朝!

 お題「我が家のお雑煮」

お雑煮をこさえます。 

hirobkk.hatenablog.com

 普段日本的なことは一切しませんがたまにはやろうと。。。

女房は庭の手入れと部屋掃除、自分は猫の相手と食事当番。

ちょい寒いんですかね。。。普段使わないTHB60の家にLeonaが入り込んでます。

f:id:hirobkk:20180103191119j:plain

 

元々自分の育った秋田の一地域では正月にお雑煮は食べません。⇒子供のころ食べた記憶が’ない!餅はきな粉やアンコで食べましたが大抵納豆汁を食べてたと記憶しております。

ですので今回も適当にやりますよお!

 

"お雑煮(ややタイ風)"

<材料>

  • 餅 : 一人二切れ
  • 鶏肉 :適量
  • 大根 :厚切り2枚
  • 人参 :厚切り2枚
  • ルークチンムー(豚肉だんご) : 一人2個
  • トンホーム(ต้นหอม)/浅葱になるんですかね???ちょっと違うような。。:お好み
  • ダシの材料
  • 干しシイタケ
  • しょうゆ、日本酒、砂糖:好みによりますがうちは2:3:1位。

まずは材料を切ります。

ここで女房に大根と人参をカービングカットできんか?聞いたところできるってことなのでお願いします。しかしこのカットされたサイズは使えないので新たに厚切りサイズをカットします。

f:id:hirobkk:20180103191911j:plain

 

野菜をお願いしている間、干しシイタケでダシをとります。

f:id:hirobkk:20180103191920j:plain

 

して、お正月ですから日本酒を注入。

ウチ(日本)の田舎では正月はお屠蘇(作り方知りませんせんのでひとまずそのまま)を飲みます。子供も飲みます。

f:id:hirobkk:20180103193203j:plain

 

ちゃきちゃきとカットしてます。

f:id:hirobkk:20180103191928j:plain
f:id:hirobkk:20180103191932j:plain

 

カービングは専門ではないのときちんとしたナイフがないのでうまくできなかったそうです。自分にはわかりませんけどね。。。

f:id:hirobkk:20180103191939j:plain

f:id:hirobkk:20180103191943j:plain

カット技術より、このデザインをやりながらすぐ出てくるところがすごいなあと思いますね。。

さてダシのほうです。

女房のカットを待てず先に食材をすべて放り込んでしまいました。

いいんです最終的においしければ。。

f:id:hirobkk:20180103193952j:plain

ここでしょうゆ、日本酒、砂糖を加えます。

 

薬味のトンホームもカット。

f:id:hirobkk:20180103194116j:plain

 

ここでカービングを終えた女房が庭からアンチャンを摘んできます。

f:id:hirobkk:20180103194258j:plain

 

ご飯を炊く際にアンチャンをいれてアンチャンライスを作ります。

細かくカットして少しぬるい水にライムを入れて炊くそうですが、ライムを入れ忘れてしまったみたいですね。。そのため色があまりでませんでした。。。

f:id:hirobkk:20180103194305j:plain

 

そして完成!!

2018年一発目の食事です!

f:id:hirobkk:20180103194650j:plain

 

餅は買ってきて焼くだけね。。

餅とシイタケが汚いですな。。⇒ここは自分の仕事でした。

f:id:hirobkk:20180103194637j:plain

 

味ですが、好みで調味料の配分変えるくらいですから不味いってことはないですよね。。。おいしかったですよ!

 

皆さま今年もよろしくお願いします。

 

 



年末年始を過ごす。。。31DEC'17-01JAN'18

皆さま、あけましておめでとうございます。

最初に記しておきますが、こちらではカウントダウンを騒ぐ程度で特になにもございません。(各家庭にもよりますが。。。寺院で過ごす方もいます。)大抵は旅行に行ってしまいます。

そもそも休みも3,4日しかないところが多いです。

ウチは昨年、日本で過ごしましたが、前の年までは基本的に自宅ですごし年が明けるまで起きていられず寝てしまいます。

今年も自宅で過ごすべく31日に大量に食材を買い込みました。特に何を作るかは決めていないのですが市場で適当に買ってきました。

f:id:hirobkk:20180103155358j:plain

f:id:hirobkk:20180103155351j:plain
f:id:hirobkk:20180103155341j:plain
f:id:hirobkk:20180103155336j:plain

全部でTHB 200(¥600ちょっと)くらいでした。

鶏肉と豚肉はスーパーですでに買ってあります。 

 

 

12月31日は近所のビアガーデンでカウントダウンをしました(総勢100名程度、近所の方が多いようです。。)!!!ビアガーデンと言ってもただのショボい田舎スーパーマーケットの駐車場にステージを建てて行います。

このステージですが毎年(昨年は旧国王崩御の為中止)アーティストを呼んでやりますが、意外とビッグネームが来るのです。。

12月に入ると週末はこのようなアーティストが来て盛り上がりますが自分が行き始めた5年くらい前は悲惨な状態でした。。。

知っている数少ないタイの歌手 " บิว กัลยาณี (Bew Kanlayanee) "ー当時の新作も

購入しており好きなタイ人歌手の一人です。

f:id:hirobkk:20180103154059j:plain

Bewが来ると知り気合を入れて早めに(家からバイクタクシーで5分)席を確保しようとしたところ、明らかに椅子に座ってただ休んでいるおばちゃんがいてその辺で孫だか子だかを遊ばしてました。

それでもBewが来る時間になれば。。。。

はっきり覚えてます! 彼女がきてからも盛り上がりません。。ピーク時で自分と女房を入れて7名でした。

f:id:hirobkk:20180103161110j:plain

それでもBewはジョークを連発

「ワーオ!こんなに来てくれてありがとう!席がパンパンじゃない?」と。。

歌も手抜きなし! 自分がカメラを持ってビール飲んでたら「こっち来て一緒に写真撮ろう!」と向こうから誘ってくれました。

f:id:hirobkk:20180103161036j:plain

彼女サイコーです!この状態でダンサー2名(この2名は地元の方々だそうです)とノリノリ。

しかしもう来てくれないでしょうね。。。実際これ以降来てませんし。。。

 

そして今年。。。

f:id:hirobkk:20180103164924j:plain

 12月にスタートし最終日です。

カウントダウンがあるので歌手がくるのは恐らく22時ころ、、席確保のため21時頃に行くようにします。

先に腹ごしらえをして向こうではビールとつまみだけにします。

夕食は

ロティ+ターメリックライス+ダルカレー+バターチキンアルーマサラ

f:id:hirobkk:20180103170145j:plain

 

そして乗り込みます。

今年のトリを務めるのは。。

" เอ๊ะ จิรากร (Jirakorn Sompitak) "

超満員(ここではこの状態を超満員といいます)

f:id:hirobkk:20180103160235j:plain

 

Bewの時とは入り方が違いますねえ。

女房曰く土地柄が影響してるのだとか。。

Bewはルークトゥン(ลูกทุ่ง:いわゆる民謡)の歌手で南タイの田舎(Bewはスラータニー出身)で強い。この辺りではロックやバラード歌手が好まれるようです。バンコク市内まで行くとさらにもっと若い現役バリバリの歌手でないとだめなようです。。

 

ビールとつまみ(イサーンソーセージとソムタムトートミー)を用意して待ちます。

f:id:hirobkk:20180103160242j:plain

 

さあ!始まりました。

f:id:hirobkk:20180103160229j:plain

流石に彼の歌はみんな知っており一緒に熱唱しております。

 

" เอ๊ะ จิรากร (Jirakorn Sompitak) "

f:id:hirobkk:20180103160221j:plain

常にステージで歌っている方はパワーがすごいですね。

特に問題ないので一番前に行ってステージによっかかって聞いてました。

2曲歌った所でカウントダウンが始まります。

 

スーパーのオーナーがでてきてเอ๊ะのスケジュールを2年前から抑えたと話してました。

しかしこのスーパーのオーナーはなんなんですかね?

パッと見ただの初老のおっさんなんですが、毎年毎年結構な歌手(年に4,5人)を呼んできます。※そりゃあ金だせばくるんでしょうが。。。ここビール代も安いしつまみも屋台の方々が出店料払って入ってるみたいなんですよね←安いです。

そもそもこのスーパーマーケットは本当にショボいのです。野菜もなんか鮮度みたいなもんが感じられないし品数も少ない。。客も入ってません。。

 

歌手の方にしてみると日本で言えば地方営業って事になると思います。

自分はあまりタイの歌手はよく知らないのですが、毎回一緒に写真に誘われ会話をします、皆さんすごくサービスがよくてやさしい。。田舎で歌ってるだけで大したことないのかと思うとテレビにでて音楽番組の審査員なんかしてるんですよね。。(ようはベテランだけど現役バリバリ)

ここで会う歌手(年に2,3人)は事前にはほとんど知らないのですが、印象がいいので好きになってしまいます。CD買ったりもしますね。เอ๊ะもステージで「新曲だすのでYou Tube観ないでCD買ってくださいね!」と言ってました。

カウントダウンの後も約1時間ジョークを交えて歌ってくれました。その後は握手と写真会。自分はすでにステージ中にやってもらいました。

 

終了時間2018年1月1日 AM1時

 

 

 

 

 

 

 

山具~Quechua / Forclaz 500light~

タイの国内で山歩きをすることはほとんどありません。

日本やインド在住時に登っていたような山はないので、ほとんどは国立公園内のトレッキングになります。そういった場所で何度かトレッキング、キャンプをしていますが、重い荷物を何時間も背負う必要がないのでストックを使っていませんでした。

 

hirobkk.hatenablog.com

 

しかし、今後も女房と連れ添って歩くには女房の安全を考えていかなければなりません!!

女房は120%芸術畑の人間なので運動は完全にうんこです。

それでも2年前は夏の木曽駒ケ岳(ロープウェイ利用)でテント泊、冬の北横岳(ロープウェイ利用も10分で寒さのため敗退)と日本での登山経験があります。

その際ストックを少し使わせてみたところ1本使いであれば歩きやすいようだったので、タイでのトレッキングにも是非使っていただこうと勝手に買ってしまいました。

 

今まで登山ストックは

1号:Scott

近所の登山用具店で2本セット 3,000円くらいで購入しましたが2年ほどで先っちょが吹っ飛び終了

2号:LEKI ウルトラライト

よく覚えてませんが約18年使った物です。

途中1度ポールカットをしただけでパーツ交換すらしませんでした。

昨年老朽化のため引退

3号:Black Diamond

LEKIと使い分けてました。購入後15年くらいたちますが現役です。

ゆるい山スキーをするときに利用。ガッつりすべるときはこれは使いません。

4号:DABADA

昨年ネット購入。

聞いたことないメーカーでしたが異常な安さに手を出してしまいました。

2回ほど日本で使いましたが今のところ不満はないです。

 

そしてこの度、タイ国内用のストックとしてQuechua(フランスのブランド)のストックを手に入れました。タイでアウトドア用具を買うときはほぼQuechuaになります。

まず種類が多いのとこの国で他にいい選択肢がないため。。。

Homepage [en-GB] | Quechua

 

Quechua / Forclaz 500 light

f:id:hirobkk:20171219212417j:plain

 

ハイキング用のARPENAZシリーズとトレッキング用のFORCLAZシリーズがありますがForclaz 500 lightを購入しました。

f:id:hirobkk:20171219212423j:plain

理由は特になく店で眺めていてこの辺りかなと。。。一応女房用なので軽いのがいいと思ったのもあります。本当に軽いか知りませんが名前がlightだし。。。

1本売りで THB 649ー

なぜ左右色違いなのかといいますと、先に1本(紫)を買って軽くいじってみて問題なさそうだったらもう一本買おうと考えていました。2,3日して2本目を買いにいったところ紫完売、残りは青のみだったので迷わず青を購入。

 

最長125cmまで伸ばせます。

f:id:hirobkk:20171219212432j:plain

 

不思議なシステムです。

ふたを開けるとストラップの長さを調節できます。

f:id:hirobkk:20171219212443j:plain

 

別売りの先っちょカバー 2個セットでTHB139-

f:id:hirobkk:20171219212446j:plain

 

夏用のリング THB99-

標準で通常サイズのリングはついてますが、雪のないときはこれのほうがいいですね。。

そのほか積雪期用の大型リングもありますが使うかわからないのでひとまず保留。

f:id:hirobkk:20171219212451j:plain

 

パッと見たとおりかなりのDABADA臭がしますが、この国でのトレッキングにはこれで十分だと思います。

日本いて日本で登山をされている方には全く不要な情報かと思います。なんせ安いだけでデザインもパッとしません。。これならDABADAでいいんでない?と思います。

実際自分が日本在住であればLEKI(アンチショックは不要)一択です。一応18年の信用がありますから。。。

 

しかし手にしてみると早く使いたいですね。。。

年末のタイ北部の国立公園で使えればいいかな。。

 

 

Leonaクリニックに行く!

家のLeonaは8割家(庭含む)、2割外の感じで暮らしてます。

当然ワクチンも一通り済ましており、この度2年目のワクチンに行って来ました。

 

年に2,3種類のワクチンを間隔を空けて注射します。

2ヶ月前に1回目をガーデン(9割5分外生活)と一緒に行ったのですが、籠がなく箪笥の引き出しに紐をつけて連れて行きました。苦労したので次回までに何か安いものを用意しようと探してました。

自分としては緊急時、自転車等で連れて行けるように背中に背負えるタイプがいいと思っていたら、女房がいいのを見つけてしまいました。

ただ料金がTHB 1,350とちょっと高いのです。。。。

女房は欲しがってますが、2,3日様子を見ることにしました。

 

そして先日、他の用事で近くに行ったので、ふらっと店をのぞくと。。。

なんと!!!

f:id:hirobkk:20171218221932j:plain

大きく値下がりしてます!!最後の一個だそうで。。。

すかさず女房に電話して相談し即買い!

Leonaが嫌がるようでしたら普段使いにすればいいかと思っていたのでちょうどいい?です。

そして当日出かける準備!

バイクタクシーでクリニックまで送ってもらうので当然"緑潜水艦型バック"の出番です。

f:id:hirobkk:20171218223022j:plain
f:id:hirobkk:20171218223028j:plain

ひじょうにシンプル!

外の窓は2パターンあり交換可能です。

 

テスト

右のかごはガーデン

f:id:hirobkk:20171218223234j:plain

 

これはアリなのか?

愛猫家の方で気分を悪くされたらごめんなさい。。。

若干悪いことをしているような気にもなりましたが、最初にちょこっと嫌がった程度で2度目以降はすんなりでした。あんまり嫌な場合はかなり泣くのですが大人しく居座ってます。

しかしクリニック行きは必須!安全第一のためこれで行きます。

f:id:hirobkk:20171218223240j:plain

 

バイクタクシーに乗って出発。

f:id:hirobkk:20171218225806j:plain

 

バイクで約15分。いつもお世話になっているクリニックです。

道中、LEONA / ガーデンともにさほどうるさくない程度にギャーギャー言ってました。

f:id:hirobkk:20171218225953j:plain

 

もうちょっと我慢してね。。。

f:id:hirobkk:20171218223301j:plain
f:id:hirobkk:20171218223322j:plain

 この様子をみるなり、顔見知りの獣医助手の女の子はウケまくってしまい笑いが止まらず仕事になりません!

それでも仕事はしてもらい、まずは体重を計ります。

LEONAは4.1kg!!!

半年で500g肥えてます。。。

 

そして診察室へ

f:id:hirobkk:20171218230948j:plain
f:id:hirobkk:20171218230954j:plain

ここではいつも落ち着いてます。家猫の場合たいていは大丈夫だと思いますが、稀に好意で野良猫を連れてこられるとかなりの確立で落ち着かず危ないそうです。

 

まずは診察。

f:id:hirobkk:20171218230955j:plain

まあ問題ないようです。

先生から「またちょっと太ったねー」と。。。

 

ここで一発打ちます。

f:id:hirobkk:20171218231005j:plain

 

ガーデンは二発!

半分野良ですがここではいつも落ち着いて注射もすんなり。。

f:id:hirobkk:20171218231035j:plain
f:id:hirobkk:20171218231030j:plain

 

LEONAは爪の手入れもしてもらいます(無料)

f:id:hirobkk:20171218231043j:plain

 

ざっと15分くらいですべてを済ましてもらいました。

料金は2匹3発合計THB750-

安いか高いかわかりませんが、家から近いのと信用している獣医さんなのでいつもここでお願いしてます。

ペット用品も充実?しておりすべてここで済ませられるのがいいですね。。

f:id:hirobkk:20171218231049j:plain


さて今年はこれでワクチン終了!

何もなければ"緑潜水艦型バック"の登場はありません!

※使わずに済ませるようにしたいですね。。

 

 

 

Recipe.7 アンチャンティー(น้ำอัญชัน)再び

 4年程前に植えたアンチャン(อัญชัน)の花、昨年辺りから綺麗に咲き始めたので頻繁に料理等に使ってました。

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

去年の今頃はどんなだったかよく覚えてませんが、最近寒くなってきたせいか葉の色が抜け、落ち葉も増えてきました。

 

朝から女房も出かけており、ウチの子達もこんなん👇なので

落ち切らないうちに今年最後のアンチャンティーを作ることにします。

f:id:hirobkk:20171209195909j:plain
f:id:hirobkk:20171209195918j:plain


アンチャンの蔓は庭の柵に沿って生えてます。以前は他の植物も種を蒔いたのですが、いつの間にか無(亡)くなってしまいました。

f:id:hirobkk:20171209201453j:plain

 

まだまだ綺麗に咲きますが、一部の葉っぱは枯れ始めてます。。。

f:id:hirobkk:20171209201714j:plain

 

一応豆が生ります。

日本名「蝶豆」ですからね。。。

これは食べずにそのまま放っておきます、枯れ落ち種となって再び根を張ります。

f:id:hirobkk:20171209202719j:plain

こんな葉っぱが増えてきましたね。。。

f:id:hirobkk:20171209201717j:plain

 

それでもまだこれから咲こうとする蕾もあります。

f:id:hirobkk:20171209201730j:plain

 

まずは花を摘みます。

うちはあまり濃くしないのでこのぐらいあれば十分!

f:id:hirobkk:20171209214506j:plain

 

根元の茎の部分を分けますがここには虫がついていることが多いので洗いながらよく確認!

綺麗に洗ったら鍋で煮込みます。

f:id:hirobkk:20171209214500j:plain                          15-20分も煮れば花から色が抜け落ちお湯が鮮やかな青彩になります。

f:id:hirobkk:20171209214751j:plain
f:id:hirobkk:20171209214804j:plain

 

このアンチャンはそのままでも綺麗な青ですが、ここにライムを入れると化学反応を起こし紫に変色します。

*右の画像鍋の中心からじわじわと色が変わってます。

f:id:hirobkk:20171209215051j:plain
f:id:hirobkk:20171209221505j:plain

 

ここにさらっと蜂蜜を入れ、氷をたっぷり入れてできあがりです。。。

f:id:hirobkk:20171209215111j:plain
f:id:hirobkk:20171209215115j:plain

 

が!!!

なんとうちには透明のグラスが一切ありません。

一番色の薄いグラスがなんと!!!

紫。。。

わかりました。。。買います。透明のグラス。。今決めました。明日買います。

THB 20くらいで。。。

f:id:hirobkk:20171209215123j:plain

 

練乳かけトーストと一緒にいただきます。

今日は1日この部屋(Leonaの部屋)でのんびり過ごせますね。。

f:id:hirobkk:20171209215127j:plain
f:id:hirobkk:20171209222348j:plain





俺の山 - INDIAN Himalayan at  Himachal Pradesh (Chamba) - Middle part

INDIAN Himalayan at  Himachal Pradesh (Chamba)

 

前回は山に上がるまでのプロセスを長々としてしまいましたが、Chambaの町も高地(996m)にあり周りを山に囲まれてます。

hirobkk.hatenablog.com

 

Chambaからおんぼろバスで1時間ひたすら山を上がります。

インドの山岳地方をバスで移動した方は分かると思いますが、この登りもかなりスリルがあります。

何度も往復してますが、一度だけ対向車をすれ違う際に前輪が片方浮いた状況(で停車したことがあります。

毎日このバスを利用している人たちもこの時ばかりは本当に落ちると思ったんでしょう。。皆ダッシュでバスを降り、反応の悪い自分が一番最後でした。

上がった先はJhumarという標高2,000m程度の小さい村で、中学校くらいまでの学校はあり、それ以上になるとこのバスに乗りChambaまで通うようになります。

何故にこんなところへ来たのかと、、、いいますと。

この映画のロケ地を観るためでした。

Taal(1999) 

1999年の年間No.4 Hit


taal se taal

この時の訪問を機に長い友人関係を結ぶことになったJhumarのVickyは映画の撮影時、まだ子供だったそうで主演の Akshaye Khannaがバカスカ煙草を吸っていたのははっきり覚えているそうです。

この映画のダンスシーンで使ったアップルガーデン等々を観るのが当初の目的ですが、長くいると他にやりたいことがいろいろとでてきて周辺でのトレッキングにも手をだしました。

 

Bedi Jhumar(2,200mくらい?)

JhumarのVickyの家から往復6~7時間くらい

このJhumarにいるときはVickyの家でお世話になっており、朝6時にでれば十分昼過ぎには帰って来れるます。が!あちこち寄り道をしていたら帰りが遅くなりガッツリと心配をかけてしまいました。。。

 

朝、Vickyが見送ってくれる中出発します。彼は既に店を開けてます(なんでも屋、小麦や豆の量り売り、調味料、炭などいろいろ売ってます)

f:id:hirobkk:20171203165141j:plain

 

こんな感じのところを抜けて。。。

*ここは村のメインロード。

f:id:hirobkk:20171203165149j:plain

アップルガーデンを抜けて。。。

f:id:hirobkk:20171203151048j:plain

 

山に登るのに水を汲んでいきます。

この水は山からの湧水で,水の引いていないお宅は生活水をここで組みます。

寄り道①

ここで顔見知りの夫婦に会い、30分くらいああだこうだしてしまいました。

f:id:hirobkk:20171203165134j:plain

 

水を汲んでゆっくり登っていくとアタ畑で作業中のVickyの同級生に遭遇

寄り道②

前の月に結婚したばかりの新婚ほやほやの夫婦です。

チャイを飲んでけと誘われここでまた30分

f:id:hirobkk:20171203170345j:plain

ここまで所要1時間半ですが、まだ村からでれてません。

歩いた時間は約15分。。。

 

村を出る前に村外れの寺院によってから行こうとしたところ、途中で村の学生で顔見知りのラメーシュに会います。寺院まで一緒に行くというので話をしながらだらだらと向かいます。(話といっても言語の問題ありですが、彼とも3年くらいの付き合いがありましたのでなんとかなるもんです!)

寄り道③

Mr.Ramesh(当時14歳)と寺院へ

f:id:hirobkk:20171203161340j:plain
f:id:hirobkk:20171203161449j:plain

帰りにRameshの家に寄る約束をしてここで別れます。

彼は学校へ!

 

ここからはようやく村をでててくてく目的地へ向かいます。

30分歩くともう先ほどの寺院は遠くに見えます。

f:id:hirobkk:20171203165112j:plain

 

放牧中の子羊

f:id:hirobkk:20171203165118j:plain

 

2時間くらい行くと隣村のはずれにつきます。

ずいぶんしょぼい村に見えますが、中心地はここよりずっと下。。。

右上ピークの向こう側がBadi Jhumar

f:id:hirobkk:20171203165128j:plain

 

尾根を登っていくと、羊と山羊の群れに遭遇。

f:id:hirobkk:20171203171552j:plain

この羊飼い死んでんのかと思いましたが、イビキが聞こえてたので気にせずスルー。

 

木の間から出発点のJhumarが見渡せます。

f:id:hirobkk:20171203171809j:plain

 

尾根を上り詰めるとこの景色!

石室は羊飼いの小屋。

強風に耐えられるよう石造りにしてあるそうです。

f:id:hirobkk:20171203171622j:plain

 

目的地はもうすぐですが水が無くなってしまいました。

水を分けてもらおうと近くの小屋に声を掛けたところ、このオヤジさんの登場!

羊(山羊)14頭とくらしているそうで、中は動物臭のみ。。。

とても親切な方で半リットル位の貴重な水(茶色)を分けてもらいました。

f:id:hirobkk:20171203171604j:plain

 

Bedi Jhumarに行くところ(ここから徒歩5分)だと話すと「じゃあ一緒に行こうか」となり親父さん先導で向かいます。のんびり話をしながら歩きます。。

言語がはっきりわからないので(ここの言語はガッディというガルワールの一部で使われている言葉)多くの事は分かりませんが、、

年齢「40、、う~ん40歳よりちょっと上かな?よくわからん!」☜うそでしょう。。

一年中(冬も)あの小屋で羊、山羊と過ごしている☜後で聞くとたまには降りてきてるそうです。。

f:id:hirobkk:20171203171608j:plain

 

見えてきました。。

f:id:hirobkk:20171203171600j:plain

 

ここが " Bedi Jhumar "

Lahaul(ラホール)方面の山がよく見えます。

向こうは5~6千メートル級の山なので山頂に白い部分がありますね。。。

f:id:hirobkk:20171203171612j:plain

 

ここはトレッキングコースというよりは羊飼いの遊牧地。

なのでコースの整備などはしてませんが、人、動物が頻繁にあるいているので歩きやすくはなってます。ただ周辺の地理がわからんと迷いますかね。。。

後は明るいうちに歩くこと。

 

30分ほどのんびりして下山します。。。

Rameshの家にも寄らないといけないので。。。

 

牧草地帯を抜け谷間を下っていきます。

f:id:hirobkk:20171206005143j:plain

 

帰りはさっさと歩いて1時間半くらいでRameshの家に着きました。

いつもの位置にRameshの叔母さんが座ってますが、、、すごい迫力があるんですよね。。。この人。。ガルワール美人できれいな方なんですが。。。

f:id:hirobkk:20171206005148j:plain

せっかくきたので夕飯を食っていけ!と言われ、いまさら遠慮もしないのでいただいていきます。

日が落ちてきてきたのでRamesh母の指示でRameshが途中まで送ってくれました。

f:id:hirobkk:20171206010520j:plain

*撮影:Ramesh /Nikon COOLPIX P6000

Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P6000 COOLPIXP6000

Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P6000 COOLPIXP6000

 

ここかさらに40分ほどくだります。

道中木の間からLahaulの山々が見えます。

f:id:hirobkk:20171206005151j:plain

 

Rameshとは途中で別れ、さらに遠回りしてのんびり帰宅しました。

Vickyも店で忙しそうにしています。。。

f:id:hirobkk:20171206005156j:plain

と!自分を発見するなりちょっと怒られてしまいました。。。

夕方になると山にはトラ(ヒョウ?)がでるので危ない!!!

帰って来ないので心配かけたようです。。

土地のことをよくわからない者が勝手に行動してはいけませんね。。。

反省です。。心配してくれる人がいるというのはどこでもありがたいですね。。

 

装備

靴:ローカット(オムニテック、MTB用:女性用)コロンビア

アンダーウェア:モンベル ジオライン L.W→購入から20年くらいたってますがまだ使ってます。伸びてます。でも使ってます。

webshop.montbell.jp

肩掛けカバン、Tシャツ:インドのその辺のマーケットで買ったもの

防寒着:モンベル化繊パーカー

ズボン:Gパン:なんとJohn PlayersのHrithik Roshan2008年限定モデル(本当に限定?定員が言ってました。バッタもんじゃありませんKolkataの正規店で購入)

f:id:hirobkk:20171206015623j:plain

食料:水1リットル+途中で500mlくらい分けてもらいます。

    りんご1個、クッキー

*別の日ですが、Vickyの家の屋上から見えるLahaulの山

f:id:hirobkk:20171206013542j:plain

 

----つづきます----

次回はBharmour(バルモール)