Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

Cycling Road.4 プッタモントン(พุทธมณฑล/Buddha Monthon) *** Breakfast@HEALTHY CAMP *** 12MAY'2018

 

f:id:hirobkk:20180512195107j:plain

 

今回はサイクリングがてら前回休憩で立ち寄ったプッタモントン (พุทธมณฑล)の"HEALTHY CAMP"に朝食を食べに行きました。

hirobkk.hatenablog.com

このところプッタモントン以外の場所へサイクリングに行ってませんが、今回は女房と二人で朝食兼サイクリング。

 

いつものコースで向います。。

出発して5分。

小さい運河沿い、、、。

微笑ましい、、、親がすごく子供を気にかけて散歩してます。。

f:id:hirobkk:20180513150213j:plain
f:id:hirobkk:20180513150217j:plain

f:id:hirobkk:20180513150220j:plain

 

パパイヤもそろそろですね。

f:id:hirobkk:20180513150226j:plain

 

稲を刈った後にトラクターが入った跡があります、田起こしした後にしては緑が多いですね。。。

f:id:hirobkk:20180513150229j:plain

 

土曜日でオフィスが開いている為、堀に掛かっている橋が使えます。

自転車でショートカットしますがスロープが結構な勾配で大変でした。

f:id:hirobkk:20180513150233j:plain

 

近道したのでここから"HEALTHY CAMP"までゆっくり行っても20分くらいです。

花はほとんど終わってしまいましたが緑が綺麗です。

f:id:hirobkk:20180513152534j:plain

f:id:hirobkk:20180513152546j:plain

 

空腹の為女房は既に未だ着かないのか?とブーブー文句を言いだします。

たいして走ってないのに文句が多い。。。

実は二人の自転車性能があまりに違う為労力に差がでます。

女房が自分で選らんだ見た目重視のクリーム色の自転車は見てのとおり後輪が小さいのです。(12インチ) 自分も何度か乗りましたが本当に進んでくれません。

ペースをかなりゆっくりにしてますが疲れるようです。。。

f:id:hirobkk:20180513152645j:plain

 

さて到着!

f:id:hirobkk:20180513152553j:plain

 

雨が降った後なので草地は少しぬかるんでます。

f:id:hirobkk:20180513152611j:plain
f:id:hirobkk:20180513152619j:plain

 

***HEALTHY CAMP***

ここの売りはハーブや野菜を使ったジュースです。

オーガニックはうたってませんが朝食メニューもふんだんに野菜が混ざってます。

そして自分が注文したのはコレ👇

ORANGE MIX(オレンジ、ニンジン、パッションフルーツスターフルーツ)※白いのはミルクね

モーニングセット(サーモンのハンバーグ、パン、卵の白見焼き、野菜)

f:id:hirobkk:20180513152634j:plain

MIXジュースは他にBLUE,YELLOW,GREEN,PINK,PURPLEとありそれぞれ色にちなんだ野菜と果物が入ります。

HEALTHYが店名になっている為か卵に黄身が入っていません。

メインのサーモンバーグですが、食べてみると何かコリコリしたものが混ざっております。どうも骨と一緒にミンチして焼いているようです。なんとも画期的ですな。。。

 

ここが素晴らしいのはロケーション!

思いっきり緑の中!

雨さえ降らなければ爽やか!

旨いミックジュース!

周りは野鳥スポット!

何といっても自宅から自転車で20分と近い!

※小奇麗に見えますが木製の椅子とテーブルは大量の🐜がついている場合があるので注意!

f:id:hirobkk:20180513152639j:plain

 

ジュース1杯に1回押してもらえるスタンプカードがあり、なんとスタンプカードキープシステムを採用してます。(店でスタンプカードを預かってくれ次回以降名前と電話番号で本人確認ができる)

あまり使わんよなあ?と思っていたんですけど結構預けてる人いるんでビックリしました。

f:id:hirobkk:20180513174659j:plain

 

2時間ほどのんびりして出発。

園内をのんびりサイクリングして帰ります。

かなりの種類の花がここでは見れますが今前だつのはこの花くらいですね

หางนกยูงฝรั่ง:ハーンノックユンファラン/Delonix regia)

クジャク(ノックユンファラン)の尾っぽ(ハーン)ですか、、、見えなくもない。。

f:id:hirobkk:20180513152653j:plain
f:id:hirobkk:20180513152657j:plain

 


20分くらいの帰路ですが休憩を一回挟みます。

このサラ(東屋)、ナイスロケーションなんですが、床の強度が怪しいです。。

f:id:hirobkk:20180513152707j:plain

 

ขนุน : カヌン/ジャックフルーツ

まだまだ大きくなりますよ。。

f:id:hirobkk:20180513164824j:plain


のんびり走って30分くらいで自宅に到着!

まだ午前中ですが、やはり飲んでしまいました。。。

f:id:hirobkk:20180513193207j:plain

 



 

 

 

タイでスマートフォンを落とした時にすべき事。

   

f:id:hirobkk:20180501150853j:plain

4月22日(日曜日)スマートフォンを紛失してしまいました。

 

年末に買ったばかりだったのですが。。。。

自転車のフレームバックのチャックを閉じないままサイクリングに出てしまい、どこかで落としたようです。

自分の不注意なので落としたことは仕方ないですが、情報流出等で人々に迷惑を掛けないようしっかり後始末をしなくてはなりません。それがこの日曜日にすべて終了しました。

 

自分が行った紛失発覚後から届け出終了までの流れ

 

 

1. 紛失発覚!

自宅から自転車で20分くらいの場所へ買い物に行きました。

到着後、時間を見ようとスマホを探したところ、、、

「無い!!」

フレームバックのファスナーが開いてます。

閉め忘れですね。。。

 

2. 捜索

紛失発覚5分後。

来た道を引き返し、くまなく探しましたが見つからず。。。

スマホの番号に電話をしても既に電源が入ってない(又はSIMがスマホに接続されてない)状態になってました。

ネットで調べるとGoogleアカウントにて追跡できるとありましたので試してみます。

Googleアカウント⇒スマートフォンを探す⇒追跡する端末を選択⇒パスワード入力

追跡可能状態(インターネット接続)にあれば下記のようにマップに位置が出てきますが、すでにネット使用状態にもないのでやはり出てきませんでした。

f:id:hirobkk:20180501152434j:plain

正直自分は既に新しい物を買えば済むと考えのんびり動いていたのですが、女房が落ち着かずバタバタと質問攻めにあいました。

もともとほとんどスマホをいじらない自分にとって重要な情報は撮った画像くらい、、ネットバンキングやカードの登録などもしておりません。なのでGoogleのアカウントとSIMカードだけやっておけばいいのかなあ?くらいに考えてました。

端末も安いものですし。。。

 

3. 電話(所有SIM)会社への連絡

やはりこれは止めておかねばなりません。

SIMを使用している* Dtac *のコールセンターへ電話してSIMを止めました(基本的にはコールセンターは信用できないので後で必ず店舗に行きましょう)。

担当者曰く、もし同じ番号を継続使用したい場合は警察の紛失届が必要。

「そうでない場合はあなた次第」だそうです。SIMは止めてあるので新しいSIMで始める場合は問題なし。端末の問題等で書面が必要なら警察に行って来たら?ってな意味ですね。 

*この時のやり取りはこれだけ。

 

4. 警察署でSIM紛失届の作成

紛失のあった管轄の警察署で取得しなければなりません。必ず本人がID、免許証、パスポートのどれかを持って!

顔見知りのバイクタクシーの若い子にスペシャルだすから1時間くらいどう?と付き合ってもらい警察へ行きます。

彼の提案で、再度落としたであろう道を通ってダメもとでその辺の人に聞いてみることに。。。もう端末はいいのでそこまで必要ないのですがせっかく行ってくれるってんで行きます。(知ってても言わんでしょう。。)

 

落としたと思われる通り。

半舗装で出稼ぎミャンマー人の方なんかも住んでます。

f:id:hirobkk:20180501154456j:plain

 

警察署に行きがてら何人かに声をかけたところ、70%の人は落としたスマホは何?I Phoneか?です。

VIVO」と答えると

「はあ?何それ?探さんで買った方がいいよ!安いんだから。。。」

と返されます。

いつまでこんなことやってても暑いだけなんで、彼には警察へ(バイクで30分)向かってもらいます。

ところが半分くらい来たところでやたらとバイクのリアがスライドするのです。

自分も日本、インドでバイクを乗っていたのですぐにわかりました。。

空気漏れです。。。

彼も何とかスライドコントロールをしますが、あっちはメットをしておりこっちはノーヘル。。。彼に声をかけると細い声で「あとちょっと、あとちょっと」。。。

緊張感をもって必死にコントロールしているのでもう任せるしかないですが、こっちはノーヘルなんです。。

無事着きましたけど。。。

警察署では20分くらいであっさり作成できました。

係りの警官が書類にタイプしながらずっと

「日本人なの? 日本行きたいねえ 飛行機代いくら?」

なんてずっと雑談しながらやってくれました。。

その間バイクの修理も終わり帰宅。

 

5. 新しいSIM(同じ番号)の作成

紛失証明をもってその日のうちにDtacへ。

これもスムーズでした。

新しい携帯は購入なくしたのとまったく同じ

vivo V7

f:id:hirobkk:20180501160903j:plain

システム変わるとイチから覚えなく手はいけないので、まだ売っててよかった!

DtacユーザーなのでTHB 4,000位で買えました。(12月に買った時よりTHB1,000安い)

SIMは無償で発行。

これで終わったと思ったら。スタッフから「IMEIはどうする?」

IMEI?なんじゃそりゃ?

聞くところによると携帯のID番号のようなものだとか。。。

これがあれば端末自体をクローズ(拾い主がどこかで売ってもだれも使えない)、探索ができる。

探索ができる?

前述のコールセンター曰くSIMが抜かれたら携帯は探せない!(探索不可)

元々信用してませんけどね。。。

でも安全の為止めた方がいいというのでやりますか。

携帯の箱にIMEIが記載してありこれをもって今度は端末の紛失証明を警察で取って来いと言ってます。。

警察署にまた行くの?

無駄足になると思うんだけどなあ。。

 

前回の感触と警察官の風貌から自信があります。

あの警察はIMEIって何?って絶対なります。

しかしDtacスタッフは各電話会社は必ず各警察署にIMEIの証明書フォームを送信してあるので大丈夫👌

信用しませんが次の週末に散歩がてら行きますか。。。

 

6. IMEIで再び警察署

4月29日

この日は従姉が警察署の送り迎えをしてくれました。

そして警察署で。。。。

もうね。。。疲れます。。。

予想をうわまってました。。。

IMEIは知らんだろうが何とか書面は作れるかと思ったんですが、、、

まず証明書関連の担当者前回誰に紛失証明を作ってもらった?から始まります。

「紛失の件を話した人でないと作成できないなあ、、でもIMEIって何?」

レコードを調べてもらっても探し出せず、、、。一週間前のレコードがでてきません。

先週の担当者の顔は覚えてるというと2階の事務所に行き署の組織図を見せられ「誰だったかわかる?」

その中から見覚えのある人がいたので電話してもらいましたが、電話にでず。。。

その担当者はそこでお手上げ、はやく自分の部署に戻りたいので、副所長みたいのに話してね!と投げられちゃいました。

してこの副所長(署のNo.2)に1から説明したところ

「そうね、全て彼(最初に相手してくれた人)のいう通りね!ところでEMEIって何?」

EMEIを説明しても

「おかしいよねえ、何で警察がそんなもん発行すんの? おかしくない?」

そして悟りました。。。

これはもう無理。。時間の無駄です。。

もともとこんなことまでする気はなかったのにDtacのスタッフがいうから。。。

ところが同じ時に同じ部屋に1組のカップルが何かの相談に来ており、その彼氏の方がいきなり手を挙げて「しゃべっていいですか?」と。。

そしてIMEIの説明を副所長に始めました。実際EMEIは気休め程度でスマホの中にそれほど重要な物がなければ放っておいてもいいですよって。。

ところで君は一体なんなの?

聞くと彼は携帯販売店を経営しており10代の頃から10年くらい携帯に関わっているプロだったのです。

さすがに副所長も彼の話を信じないわけにはいきませんが、でもやらなくてもいいっていってるよ?だからいいんじゃない?そのままで。。みたいな態度になってきました。

それに最初の担当者来ないと作成できないし。。。でもIMEIの書面なんてうちにはないよねえ?

まあ自分も最初からどうでもいいと思っていたので退散します。帰る前に携帯の彼にお礼を言い、ところで君たちは何してんの?

と聞くと相談相手をしている警官(若い20歳半ばくらいの)が教えてくれました。

彼は一緒に来た女の子と付き合っているようなんですが、まだ結婚したくないのです。

しかし彼女はいろんなことしたんだから結婚しなさいとダメよ!と怒って警察署に。。

そこで問題なのは彼女はまだ15歳、、、法律上いろんなことを大人の人がしてはいけないのです。彼女は結婚しないと15歳にいろんな事したんだから訴えて逮捕させると脅してます。

で、警察署に来たわけですが警官もこんなこと(無理やり襲ったわけでもないようなので)で逮捕したくないからなんとか彼女に納得してもらって帰ってほしいのです。

この相談をまだ若い警察官がやっているのがおかしかったのですが。。この警官は親に相談しなさい!の一点張り。

しまいに「ねえ!pii(ピー:兄さんの意)、これ日本だとどうするの?なんかいい考えないかねえ」と「そうだねえ、きっと暗くなったら帰るから大丈夫よ!」とアドバイスしてきました。

結局IMEIの書面は作成できませんでしたが、

いろいろなドラマがあり来た甲斐がありまあした。楽しかったです。。

でその日の18時頃、先週担当の警官からコールバックがあり、今日IMEIで警察署行ったけど兄さんいなかったから作ってもらえなかったよ!でももういいや!と伝えました。

しかしその警官「ああ IMEIねしょっちゅう作ってるよ!今日なら20時に出勤だからくれば5分くらいで作ってあげるよ~」

「。。。。。。。。。。。。。」

行きませんけどね。。。

 

7. 終わってみて

まず、長くいるせいか自分の注意力がかなり落ちてきていると、、やはり外国人として住んでいるので何かあると言葉の問題などもあるのでいちいち面倒になると痛感しました。

それと何かを問い合わせるとき(特にコールセンターに)、まずはできる限り自分で調べてから問い合わせ無いければなりません、仮に今回自分がIMEIについて知っていればコールセンターにIMEIの事を聞くことができ一回目の警察で全て片付いてました。

Dtacに限らずですがコールセンターの担当者は当たり外れがあります。殆どパートタイマーや早く転職をしたい人々なのでかなり適当です。もちろん当たりもいます、実際いいオペレーターに当たったこともあります。

 

とにかく今回は全て自分の不注意から始まりました。

携帯は残念でしたがおかげで勉強にもなり、おもしろいドラマにも立ち会えました。。。

 

 

裂石温泉「雲峰荘」で犬散歩 13-14APR'2018

裂石温泉 雲峰荘

f:id:hirobkk:20180428190703j:plain

 

2018年 4月14日 18:30

大菩薩登山を終え「雲峰荘」に到着
hirobkk.hatenablog.com

 

到着が夕食時間を過ぎていたので、チェックインもせず荷物を預けて食堂に直行。

二人とも腹がペコペコだったのでお風呂で汗を流してから、、、とかどうでもよかったですね。

 

座に付くと食事が用意されてました。

f:id:hirobkk:20180428184458j:plain

やはりここでは甲州ワインを飲まねば。。。

*グラン蒼龍(ミディアムボトル):赤*と女房は*山梨ぶどうサイダー*

f:id:hirobkk:20180428184502j:plain
f:id:hirobkk:20180428184505j:plain

喉も乾いてるんでどんどん飲んじゃいます。

 

食事の量は適量でよかったです。

いつも旅館に泊まると頑張って完食してしまうんでかなりキツイのです。。

 

山の旅館の定番 「岩魚の塩焼き

タイではこの手の川魚はありません。

f:id:hirobkk:20180428190241j:plain

 

陶板は「ワイン豚

これは旨かった!

f:id:hirobkk:20180428190304j:plain

 

デザートは桃のコンポート

f:id:hirobkk:20180428190309j:plain

 

やはり旅館に来てのんびりする時間を作れなかったのは失敗でしたね。。。

腹が減っておりガツガツ食べた後はもう眠いだけです。。。

チェックイン、風呂とゆっくりする間がありません。。

部屋は露天風呂のある離れの建物ですので、荷物を部屋に置いて混浴露天風呂にいきます。この日は貸し切り風呂が閉鎖中で使えないので女房はビクビクしながら(ゆゆぎは着用)混浴露天へ。。。(19:00-21:00は女性専用)

 

湯は2段に分かれており岩で囲われている上段は温度が高いです。と言っても自分には適温でした。女房は下段でも熱かったようです。

f:id:hirobkk:20180428191637j:plain

入浴中、他の方に会わなかったので貸し切り状態でのんびりできました。

温泉に接した部屋(画像上)に何度も人影が写っていましたが、戸を開ければ丸見えですね。。。

中学生の頃女風呂を覗きに行って番頭に捕まったのを思い出します。。。高校生にかけて何度も行きました。中はよく見えないんですけど、何故か行ってしまうのです。。。

しかしここは混浴露天風呂!見られて気にするようなら来ないでしょう。

 

風呂上りは不二家ネクターでしょう!

さすが桃の里

f:id:hirobkk:20180428195437j:plain

もうね、、疲れてるんであっさり寝てしまいました。。。

 

翌朝!

6時に起床。昨晩何時に寝たかわかりませんが体感から相当(8時間くらい)寝れたと思います。

一人でさっと行こうと思いましたが、女房も行くというので。。。

 

朝も貸し切り、もうサイコーね!

温泉によく入られる方はいろいろと詳しく、成分や湯が柔らかいなどいろいろありますが、自分には全く解りません(気にしたことがない)。気持ちよければ何でもいいんです!

普段湯につかることがないので日本に来て湯につかれるって事がサイコーなのです。しかも 

朝!

外!

貸し切り!

文句なし!

f:id:hirobkk:20180428195751j:plain
f:id:hirobkk:20180428195800j:plain

最初は家族風呂が使えないので女房はどうかな~と思ってましたが、結果大きい露天風呂が貸し切り状態になったので満足。家族風呂が使えていたらこっちには来てませんでしたからね。。

昨晩風呂を上がる際、酔っぱらっていたせいか左の木の戸を一生懸命開けようとしていたそうです。(女房談) 右の戸が脱衣所、左はそのまま外に直行します。

f:id:hirobkk:20180428195805j:plain

 

そして朝食

山の旅館の朝食ですね。

生卵ぶっかけご飯が二人とも食べたかったので卵がある時点で満足。

味噌汁に漬物もあり我々には十分です。

f:id:hirobkk:20180428202947j:plain

 

朝食時、昨夜女房が内湯に入った際、お世話になった女性の方とお会いしました。

聞くとこの方の弟さんの奥さんもタイ人だそうで、チェンマイに行ったことがあるなんて言ってました。

旅館の仲居チャコちゃんの息子さんもタイ人のお嫁さんをもらっており、何かとタイに縁のある方と話ができました。

 

朝食後は若女将に外にいる犬の散歩行きましょうか?と尋ねたところ忙しくて出れないので是非、行ってくれる~と許可をもらいました。

f:id:hirobkk:20180428211009j:plain

聞くとここは何度も犬の保護をしておりその都度トレーニングや健康管理をし里親が見つかるまで世話をしているそうです。

なかなか犬や猫への考え方に共感するものがありました。。

 

うちは犬も猫も大歓迎なので女房も喜んで早速連れ出します。

マル(白)はグイグイ引っ張って歩くので自分が一緒に歩きますが、このマルは雲峰荘に来た当初は筋肉が萎えてしまっており全く歩くことができなかったそうです。

さくら(黒)は年をかなりとっているのでのんびり歩きます。

f:id:hirobkk:20180428220910j:plain
f:id:hirobkk:20180428220914j:plain


周辺をの~んびり1時間ほど散歩し雲峰荘に戻ります。

f:id:hirobkk:20180428224646j:plain

 雲峰荘、敷地内の桜。

今回の日本滞在でここの桜が一番綺麗だったかもしれませんね。。。

f:id:hirobkk:20180429002508j:plain

戻ってからチェックアウトまで1時間ほどあったのでロビーの囲炉裏で餅を焼いて食べましたが、この餅も自家製。

f:id:hirobkk:20180428230117j:plain

 

時間になりました。

夕方までに塩山駅に行けばいいので雲峰寺などに寄りながらゆっくり移動します。

 

この雲峰荘ですが、元気のいい若女将と気のいい仲居さん達がきりもりしてます。

察するに若い方はあまり来ないかと、、、元気のいい年配のグループ、リピーターが多いようです。外国人だったせいかいろいろと他のお客さんや仲居さんから声をかけてもらいにぎやかに滞在できました。

特別な設備はないですが、我々夫婦にはとても居心地のいい場所です。

何故か女房は1時間散歩しただけの「さくら」との別れに涙してます。

年に一回の日本旅行で次に大菩薩に来るのはいつかはわかりませんが、次回こそスケジュールをうまくたてて13:00頃には到着、のんびり温泉、甲州ワイン、散歩を楽しみたいですね。。。

f:id:hirobkk:20180429002303j:plain

この石畳を通って雲峰寺まで歩いてゆきます。。。

f:id:hirobkk:20180429002402j:plain

 

 

 

 

 

夫婦の山登り ***大菩薩嶺<2,057m> *** 12-13APR'2018

***大菩薩嶺<2,057m> *** 

10数年振りの大菩薩に向かいます。久しぶりの日本の山、楽しみです。。

f:id:hirobkk:20180424134701j:plain

 

 

準備

女房の足りない装備は前日買いそろえたので、後は既存の道具から必要な物を持って行きます。

hirobkk.hatenablog.com

 

現地の情報収集は海外からだとなかなか不便。。。

電話ができないので現地の雪の状況がわからず、インターネットで過去の状況を調べても毎年変わりますので参考程度にしかなりません。

今回のコースだと丸川峠~大菩薩嶺までの北斜面に凍結箇所があるのと思うので我々の場合アイゼンは必須になるでしょう。通過も早朝になりますし。。 

hirobkk.hatenablog.com

 

適当に山小屋泊用の装備に、アイゼンを持って行きます。

女房は去年買って5分だけ使った☟コレ

webshop.montbell.jp

自分はスノーピークの軽アイゼン

スノーピーク(snow peak) トレックシックスセット S082

スノーピーク(snow peak) トレックシックスセット S082

 

かれこれ20年くらい前に購入し久しぶりに引っ張り出します。

当時これと靴流センターで買った500円のなんちゃってトレッキングシューズを装着し冬の八ヶ岳へ2泊3日のテント泊に行きました。

知識が全くなかったんですね。。。

安易だったんですね。。。

結果的には無事降りて来れましたが、樹林帯で100回くらいコケました。

その後、まともな靴も買いアイゼンは* Grivel G9 *にしましたが今回G9までは必要ないかと。。。

一応女房を安心させるためロープを10mだけ持って行きます。

1日目行程

実家(バス+電車)-新宿(かいじ101号)-塩山(バス)-裂石(登山)ー丸川峠(山小屋泊)

12時半くらいには登り始めるだろうから遅くても15時半くらいには着くかな?

 

 特急「かいじ101号」と駅弁

早朝6時に実家を出発します。

やたらと眠いですが特急の中で寝ればいいかな。。

しかし特急の乗車時間が1時間半程度なんであまりゆっくりもできません。

f:id:hirobkk:20180422195631j:plain

トクだ値は安い!これなら特急使います!

しかしなんで101号なんでしょうね。

一本目なんで「かいじ1号」じゃだめなんでしょうか?

 

特急乗車前に日本滞在楽しみの一つである駅弁を購入します。

f:id:hirobkk:20180422195653j:plain

最近はあらゆ土地の駅弁が買えるんですね。。。新宿だからかな?

どうもピンときません、、やっぱり地方の弁当はその土地で食べたい。

ダルマ弁当は高崎、釜飯は横川で買いたいでしょう?

 

で、特急が来たのでささっと乗車します。

f:id:hirobkk:20180422195649j:plain

よその事は言えませんが外人率が以上に高い。駅員さんが対応できてません。

しまいにはその辺にいる人に片っ端から声を掛けてる人もいました。

うちにも何人かきましたがスペイン語や中国語でガンガン来る方もいるのでさっぱりわかりません。英語、タイ語の方はなんとか力になれましたが。。。

聞くとこの日は富士スバルラインの開通日だったそうで特急も満員でした。外国人はほぼ大月で降りて行きました、そこから先に行くのはご年配の日本人グループの方々でこちらは「信玄まつり」を観に行くと言ってました。

 

我々は体力温存の為?(この日の予定は丸川峠までの約2時間半なんですが。。)さっさと駅弁食べて体を休めます。

湘南波のり弁当としらす弁当

f:id:hirobkk:20180422195642j:plain
f:id:hirobkk:20180422195636j:plain

先ほど駅弁についてごちゃごちゃ言いましたが結局選んだのはコレ☝

いやあ実際弁当を物色してるといろんなところの弁当が合って楽しいですね~

こうして売っているのがわかりました。(コロッケは女房のリクエスト)

駅弁を堪能していると1時間なんてあっという間ですね。。

塩山に到着してしまいました。

f:id:hirobkk:20180422200317j:plain

 

大菩薩ライン(塩山から裂石まで)

塩山駅前のハナミズキが綺麗でした。

f:id:hirobkk:20180422200313j:plain
f:id:hirobkk:20180422200305j:plain

日本に来てから女房がこのハナミズキを気に入りバスの時間までずっと写真とってました。桜がほとんど終わっていたので見栄えのいい花が見れてよかった。。

20分ほど待つとバスが来ました。料金は一律¥300

f:id:hirobkk:20180422200301j:plain

途中桃の花が満開でしたが帰りに寄ろうと思ってたので写真も撮りませんでした。。

しかしこの帰りにが後で後悔することに。。。。

因みにこの日の天気は快晴!サイコーです。

 

約25分で裂石に到着

バス停、食堂兼お土産屋の「番屋茶屋」さん

f:id:hirobkk:20180422200256j:plain

下車後、女房には準備体操をしてもらい自分は下山後の宿「雲峰荘」さんに登山に必要のない荷物をデポしに行きました。雲峰荘へは上の写真で番屋茶屋さんの右を抜け大菩薩ラインを5分ほど上がったとこです。

 

こちらね。

まずは荷物だけ預けすぐに女房の所に戻ります。

f:id:hirobkk:20180422200441j:plain

 

わかり易い案内板

f:id:hirobkk:20180422200437j:plain

 

番屋茶屋からちょっと上がった右側に公衆トイレがあります。

トイレの前でしっかり準備運動しとるようだね。

f:id:hirobkk:20180422200450j:plain

 

準備が出来たら出発。

f:id:hirobkk:20180422200446j:plain

 

しばらくは舗装路を歩きますがこれが結構キツイ(20分位)

こんな素敵な食堂があり下山時にランチをしたいねえなんて話ながら歩きます。

f:id:hirobkk:20180422200429j:plain

 

ようやくアスファルトが終わります。まだ冬季閉鎖してますが、まっすぐ行くと上日川峠に車で入れます。我々は左ね(丸川峠方面)

f:id:hirobkk:20180422200905j:plain

 

登山(丸川峠分岐から丸川峠)

13:00

分岐から林道を歩く事約30分(常に遊びながら歩いているのでペースはかなり遅いです)

ここから山登りが始まります。

f:id:hirobkk:20180422200858j:plain

 

最初はしばらく急登が続きます。

我々の足で1時間半はずっとこんな感じですが、女房もがんばって登ります。

f:id:hirobkk:20180422200850j:plain

 

丸川峠までの半分くらいのとこ(登山開始から2時間)で一度斜面が緩んだので小休憩。。休憩後また急登。

女房、、、文句言わず登ります。

f:id:hirobkk:20180423104731j:plain

 

途中、唯一といっていいほどの軽い岩場があります。

タイ舞踊などもやっていたせいか体がやらかいので、こういった場所の方がうまく上がっていきますね。

f:id:hirobkk:20180422201735j:plain

 

岩場を上がりきったところで本日最初の富士山が見え女房のテンションUP!!

(日本は3度目ですが初めての富士山)

f:id:hirobkk:20180422201727j:plain

 

さらに10分ほど登ると平坦な場所に出て、時間的に地形的にも峠が近いような。。。

f:id:hirobkk:20180422201720j:plain

 

ようやくでました、、ココが丸川峠

f:id:hirobkk:20180422201714j:plain

 

背後は富士山

f:id:hirobkk:20180422201709j:plain

 

本日お世話になる丸川荘

遅くとも15時くらいには、、、と連絡していたのに到着が16時10分になってしまいました。丸川峠分岐からコースタイムで2時間のところ約3時間かかってしまった。

これが我々夫婦のペースですが、15時着と小屋の親父さんに伝えていたので申し訳ないです。。。

f:id:hirobkk:20180422201919j:plain

 

丸川荘@丸川峠 <1,677m>

f:id:hirobkk:20180422201925j:plain

中に入ると親父さんが待っており(本日の宿泊はウチらだけ)、あいさつを済まし。

食事、部屋の案内をしてもらいました。

 

20年ほど前に泊まった時にバイオトイレの研究をしていたのでどうなっているのかと思ったら「ん~変わってないね~」との事。

壁に掛けてある「麻木久仁子さん」の写真もそのままでしたね。。。

f:id:hirobkk:20180423104824j:plain

 

食事前に苔を見に行ってきたら?と親父さんに勧められ柳沢峠方面へ5分ほど行った苔群を観に行きますが、女房はこの小屋前の景色が気に入りあらゆる角度から写真をバシバシ撮っており徒歩5分の苔群へも時間がかかります。

f:id:hirobkk:20180422201915j:plain

 

ちょっと雨が降ってるくらいが綺麗かもしれません。。。

以前はよく梅雨時期に北八ヶ岳に苔を見に行きましたが、人も少なくていいんですよね。。。

f:id:hirobkk:20180422202825j:plain
f:id:hirobkk:20180422202820j:plain

 

戻るとストーブでホイル焼きを火にかけてました。

f:id:hirobkk:20180423104906j:plain

 

着替えをしてから食事をいただきます。

f:id:hirobkk:20180425005634j:plain

メニューは

タケノコの炊き込みご飯、みそ汁、焼鮭、キノコのホイル焼き、漬物。

とにかく腹いっぱい食べさせてくれました。

料金がかかってるとはいえ山小屋ってのはありがたいですね。。。

食後は親父さんとビール飲みながらいろいろな話をしましたが、どうも最近はタイカレーの研究をしているそうです。そのまま出すわけいかないので日本人が食べやすいように工夫しているとのこと。

 

部屋に戻ると女房の布団に豆炭あんかを入れてくれていました。

女房も疲れていたせいかすぐに寝ついてます。寒さが心配でしたが朝までぐっすり!

 

起床(AM05:30)

室温は-1℃。

なんでしょう、、、寒いんだけど大丈夫!そんな感じです。女房も同意見。

トイレついでにさっと外に出ます。

う~ん寒い!!!!しかしさわやか!!!本日もいい天気!

f:id:hirobkk:20180424180344j:plain

 

朝食

ごはん、みそ汁、岩魚の甘露煮、とろろ

f:id:hirobkk:20180424180629j:plain
f:id:hirobkk:20180424180637j:plain

 

そう!とろろなんです。

奇しくも女房は日本到着日に人生初のとろろを食しひどく気に入っていたのです。

自分も大好き!

f:id:hirobkk:20180424180636j:plain

 

食後はこれも名物のコーヒーを頂きます。

ちょいちょいと親父さん手彫りのフクロウが登場します。

f:id:hirobkk:20180424180640j:plain

 

まるかわ荘

名残惜しいですが、行かねばなりません。

本当にありがとうまるかわ荘さん

f:id:hirobkk:20180424181948j:plain

f:id:hirobkk:20180424181957j:plain
f:id:hirobkk:20180424182002j:plain
f:id:hirobkk:20180424181952j:plain
f:id:hirobkk:20180424182025j:plain

 

準備体操も富士を観ながら気持ちいい!

しかし女房の衣装。。。この色合いは今時なかなか見ませんね。

f:id:hirobkk:20180424181545j:plain

 

2日目行程

丸川峠ー大菩薩嶺大菩薩峠ー上日川峠ー裂石ー雲峰荘

序盤の北斜面が多少凍結して程度だろうから何の問題もなし!⇒と思っているだけ。。。実際は違いました。

登山(丸川峠から大菩薩嶺)

出発なんと9時!遅い!

仕方なし。。。これがウチのペース。。。今日は雲峰荘泊なんでのんびりですから。。。余裕よ。。⇒これが大きな間違い!

ただ早く行った方が雷岩からの富士が綺麗なんですよね、でも昼前には上がれるでしょう⇒これも大きな間違い!その2

 

丸川峠から大菩薩嶺まで通常1時間半。

ウチのペースで+1時間で2時間半考えてます。(凍結も考慮して)

 

小屋の右手から登っていき、少し登ると南アルプスが見えてきました。

f:id:hirobkk:20180424185733j:plain
f:id:hirobkk:20180424185737j:plain



しばらくはなだらかな登りをのんびり登っていきます。

f:id:hirobkk:20180424185743j:plain

 

こう見るとこの色合いも悪くないですねえ。。。

コロンビアのジャケット、モンベルのレインパンツにKaranaのザック

f:id:hirobkk:20180424185749j:plain

 

いいねえ!快調!いいペース!

小屋の親父さんは自分で見に行ってないけど登山者の情報から凍結あるからアイゼンいるよ!と言ってましたが、このまま行けるんじゃないの?

これなら早く山頂にでれそう

f:id:hirobkk:20180424185758j:plain

 

んっ? まあちょっと凍ってるだけだから

f:id:hirobkk:20180424185805j:plain

 

んっんっ?いい雰囲気の中に光るものが。。

まあ大丈夫でしょう。

因みに女房は凍結した登山道を歩くという経験がありません。

できれば歩かず終えたい、きちんと説明もしてないのでイマイチ理解してません。

位置的にもう少し上がれば頂上のはずです。

f:id:hirobkk:20180424185813j:plain

 

そして頂上まであと少しの所(恐らく夏道なら残り20分位)

こうなりました。。

f:id:hirobkk:20180424185821j:plain

信じられないかもしれませんが補助ロープを使ってます。

女房は半分泣いてます。

アイゼンを使っている意味を解ってほしく

何度もモンベル(アイゼン)を信じろ!爪を氷に蹴り込め!と言いますがそもそも自分の事を信用していないようでなかなか前進できません。

さんざんすったもんだした挙句吹っ切れ半泣き状態で

「ビリーブ モンベル 、ビリーブ モンベル

と言ってアイゼンを氷に蹴り込むようになりました。(真面目にやってます。)

周りから見ると完全にお笑いですが女房は必死です。

f:id:hirobkk:20180424191827j:plain

 

この辺りがなかなか手強いですが、最終的にはビリーブモンベルで攻略。

f:id:hirobkk:20180424191837j:plain
f:id:hirobkk:20180424191846j:plain

 

コースタイム1時間半の所4時間掛けて

2018年 4月13日 金曜日 12時50分

大菩薩嶺<2,057m>登頂

f:id:hirobkk:20180424191900j:plain

大丈夫!女房もニコニコです!

本当によく頑張ってくれました。

女房にとっては日本の山は2度目の登頂(木曽駒ケ岳に続き)

 

午後になってしまったので富士山がくっきり見えるか心配なのでささっと雷岩まで下ります。

 

下山

雷岩

なんとか見れますね雲が沸いているのが富士山の向こう側でよかった。

f:id:hirobkk:20180424195141j:plain

バームクーヘンとおにぎりを軽く食べて先に進みます。

カップめんがありましたが時間が遅くなってしまったので手軽にいきます。

 

大菩薩と言えばこの稜線歩き

f:id:hirobkk:20180424195950j:plain

 

ここまではさくさくっと降り来られました。

f:id:hirobkk:20180424200049j:plain

ここで男性の方に女房との記念写真を撮ってもらったのですが、

「ほうペンタックスね!」とだけいい、手慣れた感じでチャチャっと撮影してくれました。

出来上がりをみると自分はただシャッターを押しているだけなんだなあとつくづく感じました。やはりカメラを知っていて上手な方の写真は綺麗です。

勝縁荘(閉館)と富士見山荘

f:id:hirobkk:20180424200507j:plain
f:id:hirobkk:20180424200515j:plain

 

千石茶屋

次回は空いている時期にきてここに寄りたいですね。

既に17時半

宿の食事は18時だそうで待ったなしとの事。もう間に合わないでしょうが食べられないってことはないでしょう。。。

f:id:hirobkk:20180424200522j:plain

 

この下りには女房はだいぶこたえたようです。

特に上日川峠から千石茶屋までのあたり、すこしザレたところがあって足に踏ん張りがきいいてませんでした。

f:id:hirobkk:20180424201644j:plain

 

最後は綺麗なミツバツツジが観れ、女房も頑張って降りてきた甲斐ががありましたね。

f:id:hirobkk:20180424201747j:plain

 

千石茶屋から雲峰荘までのアスファルトもなかなかきつかったですが。

18時30分 無事雲峰荘に到着です。

f:id:hirobkk:20180424202546j:plain


今回は女房が本当に頑張りました。

好きな花も沢山みれたようで良かったですね~

 

後は温泉でのんびり。。

次回は花の時期に白馬岳あたりがいいかな。。

大菩薩登山総評

コースタイム

1日目

12:30 裂石バス停

13:00 丸川峠分岐

16:10ー丸川峠

2日目

09:00 丸川峠

12:50 大菩薩嶺

14:50 大菩薩峠

16:00 上日川峠

17:40 丸川峠分岐

18:30 雲峰荘


大菩薩周遊でこれだけ時間かかる方もなかなかいないと思いますので、コースタイムについては体力に全く自信がないけどどうしてもここに行きたい!って方は参考になるかと。。。

 

北面の凍結以外は特別注意するようなところはないでしょう。

やはり山は計算どおりにいかない事がありますので早立ちがいいですね!

 

最後に

大菩薩の野鳥

コゲラ (小啄木鳥) @ 丸川峠から1時間ほど上がった北斜面

f:id:hirobkk:20180425103849j:plain

 

キツツキ科ですからね。 大きく振りかぶってガツンといってます。

f:id:hirobkk:20180425115348j:plain
f:id:hirobkk:20180425103902j:plain

 

ルリビタキ(瑠璃鶲) @ 賽の河原

オス

f:id:hirobkk:20180425103904j:plain

 

メス (多分。。。)

この突進してくる感じがいいですねえ。。たまたま飛び立つ瞬間だったのかな?

f:id:hirobkk:20180425103910j:plain
f:id:hirobkk:20180425103959j:plain



最近野鳥に興味を持つようになりましたが名前は全然知りません。(タイの野鳥の名前の方がちょっとわかります) 

上の2種類はよく聞く名前なんですが合ってますかね?

そこそこ近づいてもあまり逃げないんですねえ。。

 

次回は温泉(雲峰荘)について。。。

日本上陸 登山準備 11APR'2018

ソンクラン前最後の仕事を終え、ドンムアン空港から夜便にて日本上陸を果たしました。

飛行機はシンガポールLCC*FLY SCOOT*時間の都合がよく、予約時に直行便で一番安かったのです。

夜便は苦手なので半分くらいしか寝れないのを覚悟してエコノミーにしたのですが、、、、、

実際は二人してほとんど寝れませんでした。

自分は元々夜便はあまり寝れず昼便で寝てしまいますが、今回は女房も眠れなかったのです。

理由は一つ

リクライニングが2度(体感)くらいしか倒れません。それは安い席だから。。。

座席が狭い上に2度ではキツイ。。。

 

不眠状態ですが翌日から山登りを入れてしまっているので、実家に到着後女房の雨対策ギアを少し買いに行かねばなりません。

hirobkk.hatenablog.com

 

実家に到着後シャワーを浴びて買い物に出かけます。

まず繰り出したのは海浜幕張にあるモンベルストア

モンベル | 店舗情報 | モンベル 幕張店

目的は女房のレインパンツと防風グローブ

 

まずはアウトレットから。。女房も自分も新品コーナーには近寄れません。

我々が見るのは値札からです。。

モンベルで雨具コーナーに置いてあれば問題はないでしょうから、値段が合ってから色だサイズだを観ていきます。

でもほとんど黒かグレーなんですね。

この辺のいろには女房は全く興味ありません。

ところが隅っこに3枚位紫のパンツを発見!

値段も安く、女房のサイズと思われるものがアリ!

早速試着をし迷わず決めてしまいます(他に選択肢もありませんが、、、。やはりサイズ物はネットでは買いたくない。。)

賞味10分ほどで購入完了。

webshop.montbell.jp

いやあ値段も¥5,000くらいでいい買い物ができました。

女房も奇抜な色が見つかって満足です。

併せてスパッツ(無名ブランド)も購入

f:id:hirobkk:20180421232541j:plain

因みに上着はエメラルドブルー

グローブも見ましたがどれもフィット感がいまいちで他を当たることにしました。

 

つづいて訪れたのはJR津田沼駅から徒歩10分位のヨシキスポーツ

山とスキーのアウトドアショップ ヨシキ&P2

日本に住んでいた頃たまにお世話になってた店です。

ここでグローブが手に入れば買い物は終了です。

買えもしない値段の張る物から片っ端から試した結果

特価コーナーにあった👇に決定!!

www.hcsafe.co.jp

¥1,000ちょっとで買えたのでかなり安くなってましたね。

f:id:hirobkk:20180421234222j:plain

自分もテント、夏用の化繊シュラフとプロモンテを使っており結構このブランド好きなんですよね。

これで準備は整いました。あとは明日女房がどれだけ歩けるかですねえ。。

カバン?(ポケット、財布)の中身

今週のお題「カバンの中身」

f:id:hirobkk:20180421123811j:plain

カバンの中身とは言えませんが。。。

本日の装備。

仕事や近場の買い物、食事はいつもこんな感じです。

 

お札はそのままズボンのポケットに入り、反対側のポケットに財布が入ります。

 

f:id:hirobkk:20180421123915j:plain
f:id:hirobkk:20180421124032j:plain

財布の中身ですが、小銭、家の鍵、使用済みのバス券が入ってました。

いつも通りですが、所持金がやや少ないですね。。

合計でTHB 70(¥240くらい)

普段はもう少し持ってます。THB 500(¥1,800くらい)は。。。

何かあった時に困るので。

 

すみません、特に何かないと大きなカバンを持ち歩きません。。男性はこういった方、結構いますよね?

 

บุพเพสันนิวาส/Buppesannivas ***タイの伝統衣装フィーバー***

2018年に入ってからタイで伝統衣装を纏うイベントが頻繁に行われています。

最初に大きなイベントとしてสนามเสือป่า/Sanam Suepa(Dusit区)で2月から3月にかけてอุ่นไอรัก/Oun I Rukが行われました。毎年王室主催で催事をしていましたが、今回のコンセプトは参加者は伝統衣装を着用してくるようにといったテーマがあります。

自分も2回ほど行ってきましたが本当にみんな気合の入った着飾りをしてました。小さな子からご老人まで。。。知り合いが即席で衣装販売兼着付け(髪型のセットをしたい人はウチのおばのサロンを案内してお客を送ってくれたのでありがたいです。)をしていたのですがとんでもない売り上げを上げてました。

一着THB250-350なのですが週末だとTHB20,000/日くらい売り上げてました。

最終的にはイベントの期間も延長してタイ全土から人が集まってます。(因みにこのスペースは現在ソンクラン仕様としてイベントを始めてます)

姪っ子とサイアムコマーシャルバンクのスタッフ

f:id:hirobkk:20180408125419j:plain

 

この伝統衣装ブームと並行して一つのドラマも始まりました。

 

บุพเพสันนิวาส/Buppesannivas

現在タイでスーパーヒットしている連続ドラマ。

f:id:hirobkk:20180408012730j:plain

 週2回の放送で2月終わりからスタート。

最初の2週くらいは普通だったのですが3週目くらいから徐々にあがっていき現在はタイのドラマ史上に残るスーパーヒットとなってます。

ストーリーがアユタヤ朝時代(ナラーイ王期)の歴史に基づいており、歴史上の人物も実名で登場するので放送翌日には若いタイ人が登場人物を勉強しSNSなどを使って紹介してくれます。

実はこの脚本を書いている方がウチの親父(義父)の生徒さんだった為、面白いドラマを作っているので見てね!くらいは聞いており初回から見てました。

正直最初の週はいつものタイドラマ臭がしてあまり集中して観ませんでしたが、今は完全に放映日は時間調整して待機するほどはまってます。

まだ終了していないのですが簡単なストーリー

主人公(Karakade/ガラケ)が前世に起こった出来事をきっかけにアユタヤ時代に魂がタイムスリップし、昔の自分の前世の人間に乗り移ってしまいます。しかしこのガラケは大学で勉強したアユタヤ史の記憶がある為、当時の重要な出来事にちょいちょい出くわし危うく口を出しそうになるのです。ガラケは政府の高官のそばで暮らしている為、アユタヤ朝の危機(欧米によるタイ進出、貿易の独占、国王のキリスト教への改宗など)を敏感に感じます。最近はアユタヤの高官たちもガラケに欧米の対処法などアドバイスを求めるようになっておりこんなことありえんよなあと感じながら見てますがこれはファンタジードラマなのです。

 

とにかくストーリーがよくできており国民の興味を引くような歴史も含まれているのがいいですね。古い言葉をもあり話している事が完全にわからなくても十分楽しめヒットの理由がわかりますね。

自分は本来タイのドラマはほぼ見ないのですがこれははまっちゃいました。。。

恐らくタイドラマをまともにみるのは👇以来。

คู่กรรม/Khu Kam -Sunset at Chaophraya- 2012

f:id:hirobkk:20180408013658j:plain 

これも2012年のスーパーヒットドラマ。

コボリとヒデコの物語として何度もリメイクされています。

タイ人の奥さんがいる日本人の方は必ずコボリ扱い受けたことがあるはずです。 

 

してこのบุพเพสันนิวาส/Buppesannivasの影響をガッツリもってきたイベントが昨晩、うちの近所のショボいビアガーデンで行われました。

 

いつものステージを使って

子供伝統衣装コンテストが行われました。

f:id:hirobkk:20180408100203j:plain
f:id:hirobkk:20180408100218j:plain

 

0℃の角度から観覧します。

f:id:hirobkk:20180408100210j:plain

 

みんな緊張してます。

f:id:hirobkk:20180408100451j:plain

自己紹介の後、一人ずつบุพเพสันนิวาสの挿入歌に合わせてウォーキング。

年齢は5-10歳。

付き添いの親も衣装を着てきており、とにかく親御さんは気合が入ってました。

本当に郊外のちょっとした小さなイベントですがみんな楽しんでましたね。

 


บุพเพสันนิวาส Ost.บุพเพสันนิวาส | ไอซ์ ศรัณยู วินัยพานิช | Official MV

因みに主題歌を歌っているไอซ์ ศรัณยู/Ice Saranyuは2006年に👇スーパーヒットソングを飛ばし日本にも来日しました。今回のヒットでタイ人の若い世代にも認知されましたね。。


ICE - Koi Nanja Nai(Kon Jai Ngai? JP Version)

 

***GranMonte asok valley*** タイのワイナリーでポリフェノール注入。。。

 2月の収穫期を前にKhao Yai(カオヤイ)/ナコンナチャシマー県にあるワイナリー***GranMonte Asok Valley***に行って来ました。

f:id:hirobkk:20180327234352j:plain

 ここはバンコク旅行にパッケージツアーで来た方でもオプションのDayツアーでこれます。前職が旅行業だったためコンタクトは以前何度かとったことがあり、実際に下見で一度寄ったことがありました。このDayツアーは8-10時間で半分は移動に使われるというなかなか過酷なスケジュールです。

 当然我々は時間がたっぷりあるので現地のホームステイで一泊しますが、このホームステイはなかなかいい値段をとるのであまりはやってないみたいですね。。。

たいてい周辺の観光地(カオヤイ国立公園、チョックチャイファームなど)と一緒にまわり、このエリアにある数多くのリゾートに泊まります。

そう、一緒にまわれる方はそうします。。。。

車のない我々は1泊2日をワイナリーのみで過ごすのです。

しかし今回の目的は体内にポリフェノールを注入するのが一番の目的なのでマイミーパンハー(ノープロブレムの意)

準備

ホームステイの予約はダイレクトブッキング!メール(英語かタイ語)でワイナリーのスタッフとやりとりをします。宛名の記載をするとこで "〇〇ーsan" と入れて返信してくるところに日本人とのやり取りがあることがわかります。

http://www.guesthouse.granmonte.com/

一泊だけなんで一番上のカテゴリー

Vineyard Deluxe THB7,140/night for  2 pax

普段こんな高い部屋に泊まりませんが今回は特別です。。そもそもワインなんていうタイでは高価な飲み物を飲みにきてケチケチすることもないですな。。。お金のことは家に帰って気になったら気にします。。。

料金には*部屋代 *ワイナリー見学 *試飲 *朝食 *町のバスストップからの 往復送迎 が含まれます。(平日泊の場合は他に*ワインボトル1本 *ディナーセット/pazがつきます)

すべての特典が記載されているわけではないので、予約時に何をしたいのか聞いてみましょう!特典に入るものがあるかもしれません。

移動

-Bangkok(Mo Chit) ☞ Muak Lek (Saraburi) ☞ ***GranMonte asok valley***(Nakorn Ratchasima)

ワイナリーの送迎サービスを受けられる最寄の町 ***มวกเหล็ก/Muak Lek(サラブリー県)*** までは自力で行かなくてはなりません。

まずはバンコク北バスターミナル「モーチット」まで行き、そこからMuak Lek行きのロットゥーに乗ります。ロットゥー、、、あまり好きじゃないんですが、小さい町なんで大型バスだと近くの幹線道路で降りて30分くらい歩かなくてはなりません。。

 

モーチット ロットゥー乗り場

f:id:hirobkk:20180326234917j:plain

久しぶりに来たら乗り場が変わってました。わかりづらいので困った時は誰かにききましょう。

 

料金はTHB 120/pax

f:id:hirobkk:20180326234913j:plain

 

こいつに乗っていきます。

f:id:hirobkk:20180326234921j:plain
f:id:hirobkk:20180326234917j:plain

以前は席がうまらないと出発しませんでしたが、予定の時間09:00になったら出発しました。13人乗りに6名乗車。

 

ドーナツね。

f:id:hirobkk:20180326234931j:plain

普段移動時はほとんど飲み食いしませんが、バスターミナルで見つけてつい買ってしまいました。 ダンキンドーナツ、、、恐らく初めて食べます。。。。おいしいんですね!また食べたい!

 

途中休憩を入れて約2時間半で到着です。

f:id:hirobkk:20180327005310j:plain
f:id:hirobkk:20180327005330j:plain

ここが中心みたいですね。。。時計塔の周りに市場があり交通量もまあまあ多いです。

右の画像はバスストップ、乗り合いトラック待合所兼モーターサイ乗り場。

 

到着場所はココ☟เทศบาล(Thetsaban) 1 ฃอย(soi)2

f:id:hirobkk:20180327005319j:plain
f:id:hirobkk:20180327005324j:plain

バンコクに戻る時は右の画像のVan Coffee Muak Lekで料金を支払います。

 

ワイナリーにピックアップの連絡を入れる前にランチをとりましょう。

バスストップの真ん前が小さな屋台街になっており食事ができます。

f:id:hirobkk:20180327005341j:plain

 

腹が減っているのでなんでもいいのですが、やたらと持ち帰り客で繁盛しているパッタイで食べます。

f:id:hirobkk:20180327005347j:plain

 

まあ、、普通ですよ。。 普通においしいんですね。。

f:id:hirobkk:20180327005352j:plain

 

食後、ワイナリーに連絡をして車を待ちます。。。

20分くらいで迎えに来てくれました。

ワイナリーまで10kmちょっとですがその間ドライバーの兄さんはずっと電話(イヤホン使用)で友人に愚痴ってました。。

全ては理解できませんでしたがどうも彼はこんな山の中ではなくバンコクのセールスオフィスで働きたいみたいです。。。。。 

GranMonte asok valley到着

20分くらいで到着しました。。。

標高350mー山岳地帯になり天候がMuak Lekとは違います。小雨が降っており寒い。。。

 

f:id:hirobkk:20180327224602j:plain

しかしテンションは上昇

葡萄です!! ワインです!! ポリフェノールなんです!!!

 

庭の奥にあるレストラン棟でチェックインをします、すでにその辺で旨そうなグレープジュースも売ってます。 

f:id:hirobkk:20180327224607j:plain
f:id:hirobkk:20180327224622j:plain

 

メールでずっと対応してくれたスタッフがチェックインを担当してくれます。 

ウェルカムドリンクはロゼワインと女房はSyrah(シラー)のグレープジュース

f:id:hirobkk:20180328003028j:plain
f:id:hirobkk:20180327224610j:plain


Syrah

f:id:hirobkk:20180327224758j:plain

 

さてチェックインを済ませたらゲストルームに向かいますが、ここのゲストルームは他の施設から少し離れた場所にあるのでスタッフの車で送ってもらいます。

f:id:hirobkk:20180327224616j:plain

中段左側が各施設になりゲストルームは真ん中ちょっと上に位置している赤い屋根の建物です。歩くと10分くらいですかね。。。ゲストハウスに行ってしまえば自転車を自由に使えます。

 

Guest Room

f:id:hirobkk:20180327233427j:plain

f:id:hirobkk:20180327233515j:plain
f:id:hirobkk:20180327233532j:plain

2階建て全7部屋

我々の部屋は2階にあるこのゲストハウスでは最高級***Vineyard Deluxe Room  winary view***

2階には他にゲストがいなかったのでこのwinary viewのリビングもプライベート利用


正直、自分たち夫婦にとっては安くはないですがこの部屋にして置いてよかったです。

アメニティは最低限ですが普段床にマット敷いて寝てる自分らには十分!

f:id:hirobkk:20180327231658j:plain
f:id:hirobkk:20180327231701j:plain

これぞ***winary view***

f:id:hirobkk:20180327231708j:plain

 無料の水×6本、グレープジュース×2本がついてます。

初日は天候もいまいちだったのでちょこっと散歩してさっさとディナーにしました。

 

DInner at Vincotto

f:id:hirobkk:20180328003903j:plain

 

 

まだ時間が早いので我々が一番乗りです。(自分たち以外の宿泊者は他に1組だけですが。。)

綺麗な室内に適当にテーブルを配置してます。

隣席と離れておりこの距離感がいい。。

f:id:hirobkk:20180328004003j:plain
f:id:hirobkk:20180328004017j:plain

 

 食事を決める前にまずはポリフェノール(赤ワイン)から。

***Heritage Syrah 2010***

f:id:hirobkk:20180328004023j:plain

ワインを語るほど詳しくないですが、なかなかさっぱりして飲みやすいですね。

テイスティングコーナーのスタッフに話すと「本当?」とビックリされました。

彼曰くこのSyrah(シラー)はコクの強い品種で味も強いとの事。

女房は本日3本目のグレープジュース。女房は普段果物をほとんど食べませんのでグレープジュースを一日3本飲むなんてよほどです。自分もグレープジュースはほぼ飲みませんがここのグレープジュースは確かに美味いです。

 

ワイン歴

スキー競技をやっていたころにまともに飲みだす。

きっかけは日本酒より安かったから、体育会系だったこともあり酒であればなんでもよかったのでしょう。

最初はドイツの白ワイン等を飲んでいたがそのうちなんでもよくなり赤白適当にグラスを使わず直接ラッパ飲みしてました。

いつしかアル中みたいに毎晩1~2本飲んでしまうようになり、これはいかんと一時飲むのをやめていました。

その後、、、少しだけ飲むようになり何となくローヌ地方のワインが口に合い好んで飲んでました。

ローヌ地方の赤ワインもGranMonteと一緒でSyrah(シラー)種からつくられるものが多いです。

正直言いましてワインについてはローヌ地方のワインが口に合うような気がしているだけで何も知らないバカ舌です。当然ワイングラスをくるくるまわして香りを楽しむようなこともできません。

それでも飲んだ感想としてはもうちょっと渋い方が好みかなあとは思います。

 

さて、ディナー

タイセットとウェスタンセットまたはアラカルトがあります。

女房と相談した結果、ここまで来てタイセットは無し。

して注文したのは。。。。。

 

自家製ジャムとパン、Smoked Duck Breast Salad(鴨胸肉のサラダ)

f:id:hirobkk:20180328004100j:plain
f:id:hirobkk:20180328004117j:plain

ジャムが旨い! 野菜もフレッシュ!

 

Braised Pork with Apricot & Prunes(豚肉の煮込みアプリコットとプルーンソース)

f:id:hirobkk:20180328004144j:plain

いやあ~すごい柔らかいんです、この豚肉。ソースもおいしい。。

 

Creme Brulee

f:id:hirobkk:20180328004141j:plain

語る必要なし!ブリュレが不味いはずはありません。。

 

Spaghetti Bolognese(ボロネーゼ)

f:id:hirobkk:20180328004139j:plain

なんかこれは普通でしたね。。おいしいですけど。。。

 

普段まともな洋食を口にすることは夫婦共にないので新鮮でどれもおいしかったです。。。

※この時点で女房はこの日が結婚記念日と思っていたので自分のアレンジに少し感動してました。詳細は最後に。。。*1

 

食後はさっさと寝るべく部屋に戻りますが、雨が降っておりスタッフ曰く地面をはっている虫がいるので危ないとの事。。。それでも傘をさしてとぼとぼ歩きはじめたら後ろからアメリカ人とタイ人(ゲストハウスの宿泊客)の家族が車できて乗せて行ってくれました。

ありがとうね!

 

2日目 朝ー to ブレックファースト on footー

朝6時半。 さわやか!

f:id:hirobkk:20180328011450j:plain

 

当然、朝食を食べる*Vin Cotto*までは散歩がてら向かいます。

タイのとこでもリスは見かけますが、白いのは初めてみました。

f:id:hirobkk:20180328003932j:plain

フラワー

f:id:hirobkk:20180328011526j:plain

ブドウ

f:id:hirobkk:20180328011705j:plain

f:id:hirobkk:20180328012003j:plain
f:id:hirobkk:20180328011723j:plain



オーナーの自宅

f:id:hirobkk:20180328020945j:plain

コーヒーの木

f:id:hirobkk:20180328012453j:plain

オーキッド

f:id:hirobkk:20180328021145j:plain

 

ワイナリーの中を歩いて行き。。。

f:id:hirobkk:20180328020920j:plain

f:id:hirobkk:20180328020928j:plain
f:id:hirobkk:20180328020932j:plain

ゆっくり30分かけてVincottoに到着。

Breakfast at Vincotto

f:id:hirobkk:20180328021020j:plain

早朝まで降っていた雨が残っておりテラス席の準備も終わってません。

周りを見学して準備を待ちます。

 

テラスから見える景色

綺麗に整備しておらず適当に荒れてる感じがいいですね。

f:id:hirobkk:20180328021049j:plain
f:id:hirobkk:20180328021741j:plain


朝食は普通のABF(アメリカンブレックファースト)

テーブルにシラーのブドウジュースが山盛り置いてあり。。。女房もすでに狙ってます。

f:id:hirobkk:20180328021106j:plain
f:id:hirobkk:20180328021150j:plain

 

当然こいつはいただきます。

これが本当に美味いんです、ワイン以上に今回の目玉です!

f:id:hirobkk:20180328021140j:plain

 

ここはハンドメイド製品が多く、果物のジャム、ブドウジュースにワインシュガーなんてのもあります。

f:id:hirobkk:20180328021139j:plain

食後はパッケージに含まれているワイナリーツアーに出かけます。

集合場所のワインセラーまで徒歩5分

ブドウ彩の車が見えます。

f:id:hirobkk:20180403000704j:plain

後ろの山は見たまんまภูเขาช้าง / mountain elephantと呼ばれてます。

ワイナリーツアー

f:id:hirobkk:20180403000655j:plain

これでワイナリー内を回りますがガイドもつきます。
すでにワインのテイスティングなどで顔見知りになっていたニュージーランドからのインターン生です。名前は忘れてしまった、、、タイ人とニュージーランド人のハーフで現在シンガポールの大学に通っているそうな。。。

f:id:hirobkk:20180403000650j:plain

女房がわかるようにとタイ語でガイドしてくれるよう頼むと何故か何も言わず一度建物に引っ込んでしまいました????するとドライバーのオヤジさんが「あの子タイ語全然喋れないんだよね。。」との事。

おおっそれなら問題ないそんな寂しそうな顔をしないで是非英語でやってちょうだいって事になりました。

因みに他に参加者がいないので貸し切りです。

英語で話してるんで女房はほとんどこの辺は解ってません。

貸し切りになってたんで結婚記念日のアレンジだと思ってます。⇒*2

 

ワイナリー内をガンガン進んでいきます。

f:id:hirobkk:20180403000641j:plain
f:id:hirobkk:20180403000845j:plain

 

Chenin blanc (シュナン・ブラン) 

f:id:hirobkk:20180403003349j:plain
f:id:hirobkk:20180403003344j:plain

綺麗ですがポリフェノールの含まれていない白には今のところあまり興味なし。味がどうとかではなくここにはポリフェノールを採りにきたのです。

Syrah (シラー)

f:id:hirobkk:20180403000859j:plain

f:id:hirobkk:20180403003355j:plain
f:id:hirobkk:20180403000841j:plain

以前から好んで飲んでいた*北部コート・デュ・ローヌ(Côtes du Rhône)*の赤ワインはこの品種を使います。

ワイナリーの奥まで来たら下車をして10分ほど時間を与えられます。

いやー天気も良くてサイコーね!

f:id:hirobkk:20180403000849j:plain

 

次は貯蔵庫

どでかいタンクが並びます。

各プラントにはそれぞれ西洋人の名前が付けられてます。Morganとか。。

f:id:hirobkk:20180403001908j:plain
f:id:hirobkk:20180403001854j:plain

f:id:hirobkk:20180403001912j:plain

 

ワイン樽

f:id:hirobkk:20180405002019j:plain
f:id:hirobkk:20180405002005j:plain

 

ここでは瓶詰したワインの口にラベリングをします。

f:id:hirobkk:20180403001858j:plain
f:id:hirobkk:20180403001902j:plain

 

茶色い固形物を液状化したものをワインの口に浸し、液体が覚めると固化してコルクのカバーとなります。

f:id:hirobkk:20180403002136j:plain
f:id:hirobkk:20180403002117j:plain

 

一通り見学(約1時間)を済ますとワインセラーテイスティングとワイナリ―の紹介ビデオ。

f:id:hirobkk:20180403002106j:plain

女房は再びブドウジュースで自分だけテイスティングします。

すでにほとんどのワインは飲んでしまっているのでサッとのんで感想だけシートに記入しました。

ワイナリーのビデオはオーナーファミリーがどのようにこのワイナリーを作り上げたかなどが説明されてます。

 

これでワイナリーでは全てやりきりったのでセラーでワインを一本買って帰ることにします。

f:id:hirobkk:20180403002308j:plain
といっても購入するワインはすでに決めておりました。

*** Durif 2016 *** 

f:id:hirobkk:20180403002259j:plain

Durif

In the 1860s the French botanist François Durif kept a nursery of several grape varieties at his home in the commune of Tullins where he most likely had plantings of both Peloursin and Syrah. At some point the two vines cross pollinated and Durif discovered a new grape variety growing in his nursery. It was identified and named Plant du Rif (later Durif) by ampelographer Victor Pulliat in 1868.

As a conclusion of DNA fingerprinting at the University of California, Davis in 1997, Syrah was identified as the source of the pollen that originally crossed with Peloursin flowers.[3] The grape's high resistance to downy mildew encouraged its cultivation in the early 20th century in areas like Isère and Ardèche, although the relative low quality of the resulting wine caused the grape to fall out of favor with local wine authorities. Today, it is almost nonexistent in France.

フランスの植物学者によってSyrahとPeloursinを交配させ品種改良されたブドウで、タイではこのGranMonteでしか栽培されてません。

 

お土産を買ったところで送迎者に乗りバスストップへ向かいます。

この時のドライバーさん(ブドウの栽培者)によると来週の収穫祭には毎年ある日本人がくるそう。。その方は何かのコンテスト?(ブドウの収穫競争?)で毎年必ず優勝するほどパワフルな方だそうです。

自分たちは今回わざわざその収穫祭を避けてきましたが、来年は参加してもいいかもね。。。

感想

  • 問い合わせから予約までのメール対応など特に不便は感じませんでした。
  • とにかく無料送迎サービス(宿泊者のみ)はありがたい。
  • 部屋代はパッケージ(ワイナリーツアーなど)やロケーションを考えるとこんなものか。。。
  • ウェスタンのみしか試してないがレストランはなかなかおいしい。
  • レストランのロケーションも◎

またここのオーナー家族は皆さん英語が堪能。特に長女はオセアニアでブドウ/ワインの勉強をしてここで知識を発揮してます。二番目のお嬢さんもきれいな英語を話します。

夕食時に簡単に挨拶にきましたが、ほとんど常連さんについてましたので大した会話はしてませんが。。。

 

最後に

このエリアに旅行に来て自分たちのようにワイナリーだけで過ごす人は本当に稀(車がないからです。。。)です。ビーチリゾートのイメージが強いタイですが、この辺りはタイの高原リゾートとしてなかなかいい雰囲気があります。

ウチも年に一回くらいは奮発して再訪したいですね。。。。

 

 

 

 

 

 

*1:お互いの結婚記念日の認識が違っており(女房:結婚パーティの日・自分:タイ役場に届けた日)この日(パーティの日)は自分には全く普通の日だったので、何を大袈裟に喜んでるんだろう?と感じていたのです。

*2:上述の通り、アレンジではなく偶然

Cycling Road.3 プッタモントン(พุทธมณฑล/Buddha Monthon) *** ラチャプルック(ราชพฤกษ์) *** 31MAR'2018

*** ラチャプルック(ราชพฤกษ์) *** national flower of Thailand

f:id:hirobkk:20180401204325j:plain

 

買い物ついでにいつものプッタモントンにラチャプルックを見に行ってきました。

Cycling Roadと題してますが、なかなかプッタモントンから出られずほかの場所に行けませんね。。。

 天気が微妙なのでさっさと準備をして出発します。

 

Puma(プーマ) Mobium Elite

f:id:hirobkk:20180401164411j:plain

自転車を乗るときはこれを履いていきます。

もともとランニング時に使ってましたが、見ての通り中のクッションが終わってしまい、接着剤でぐちゃぐっちゃと補修しながら使ってます。

クッションはないですがフィット感は最高なので、いまでも自転車と軽いランニングに使ってます。

ソールのクロスされた紐が特徴。。。このデザインはもう作ってないんですかね。バンコクのプーマショップではもう置いてません。

f:id:hirobkk:20180401164729j:plain
f:id:hirobkk:20180401164733j:plain

 自分のモデルは5~6年前の物だと思います。

 

ヘルメット

f:id:hirobkk:20180401164722j:plain

カンチャナブリーにツーリングに行く前、危ないからと女房がプレゼントしてくれました。

シンプルで軽くていいです。

f:id:hirobkk:20180401164718j:plain
f:id:hirobkk:20180401164708j:plain

 

f:id:hirobkk:20180401165242j:plain

君たちはお留守番ね。。。

 

 !!!出発!!!

 

さらに緑が生えましたねえ~

f:id:hirobkk:20180401210334j:plain

 

 園内に入るとすぐラチャプルックが登場します!

f:id:hirobkk:20180401210733j:plain

f:id:hirobkk:20180401210814j:plain

まさに ***Golden Shower***

(ラチャプルックの通称・英名:Cassia fistula、和名:ナ バ ン サ イ カ チ)

f:id:hirobkk:20180401210834j:plain

規模は大したことないですがこのくらいの方が好きなんですよね。。。

本当はもっときれいな彩なんですが、曇っているのと撮影技術が全く向上しない為(修理から帰ってきたカメラの調子も悪く、オートフォーカスは明らかにずれてます)あまり魅力的ににみえませんね。。。

 

すっかり暑気の景色になりました。

f:id:hirobkk:20180401210855j:plain

 

チョンプーパンティップ

f:id:hirobkk:20180401211255j:plain
f:id:hirobkk:20180401211650j:plain

 2週間前までチョンプーパンティップが満開でしたが今年は終わってしまいました。

hirobkk.hatenablog.com

 

 しかし今日は暑いだけでなくかなり蒸しますね。。。

天気がどんよりして今にも雨が降りそうな天気なんですが体感はとても暑い。。。

 

HEALTHY CAMP

f:id:hirobkk:20180401212737j:plain

f:id:hirobkk:20180401212617j:plain
f:id:hirobkk:20180401212621j:plain

ここで水分補給。

朝7時から開いており朝食もここで食べられます。

次回は7時頃に家をでてここで朝食をとろう!

 

ミルクコーヒー(THB25)とアンチャンマナーオ(THB30)を購入

f:id:hirobkk:20180401212558j:plain

一人で2杯いきます。

アンチャンは家でもよく作り、外出時もよく飲むんです。。。

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

 

池の畔にあるイチゴちゃんのテーブルで休憩

f:id:hirobkk:20180401212718j:plain
f:id:hirobkk:20180401211215j:plain

もう降りますね。。。30分以内には。。。

 

よく見かける鳥ですが、頭が茶色いのはみたことないです。。。

f:id:hirobkk:20180401211205j:plain

 

完全に雨雲がやってきたので退散

買い物に向かいます。

f:id:hirobkk:20180401211200j:plain

 

破損した水道管の道具を買いにHOME PROへ!

4月登山 行先決定(予定)!


hirobkk.hatenablog.com

 

 恒例の年一回日本帰国登山はひとまず "Plan-2 大菩薩嶺で予定をたてました。

***Plan-2***

***大菩薩嶺(峠周辺小屋泊)***

女房には丁度いいと思うが、自分が物足りない気がしてまだ決めきれない。。20年以上前に泊まった丸川荘泊で周遊しようか?(親父さん元気かな?当時泊まりが一人だったので深夜まで酒を飲みながらバイオトイレ開発中の話をしました)

 

本来は昨年冬のリベンジで北横岳(北八ヶ岳)を北横岳ヒュッテ泊(前回キャンセル料も支払ってるので一度はお世話になりたいですね)で考えてましたが、熟考の結果 "Plan-2"にしました。理由は北横岳のロープウェイが運休期間に入る為。。。

ロープウェイ無しでは女房は恐らくあがれません(あがりません)。。。標高も高くなるのでやはり気温と風も考えないといけないですね。。。

 

Plan1 の硫黄岳にしても現実的に女房は辛いだけにしてしまいそうで。。。そもそもオーレン小屋も営業しておりませんでした。。。

そこで。。。。

大菩薩嶺にした理由とは

***冬から春にかけて登ったことがある***

ちょっと記憶が不確かなのですが、3度来たことがあるはずです。

登山初期は東北の山中心、その後は居住地により群馬、長野、新潟の山が多かったので山梨県で3度登っている場所はあまりないです。

といっても完全なプライベートは1度だけ。

最初に行ったのは20年くらい前の1月です。

当時はバスでアクセスし裂石ー丸川峠(泊)-大菩薩嶺大菩薩峠ー上日川峠ー裂石を一泊二日で歩きました。その年の積雪量で4月中旬の状況が大きく変わるのでしっかり準備が必要ですね。

***当時カメラ等に一切興味がなく写真は全くありません。

 

2度目は旅行会社の登山ツアーをガイドした時。当時旅行会社のツアーを使って登山をする方が増え始め、ガイド・添乗員の数が足りなかったのです。とくに本格的な登山ガイドの方は山の中だけのガイドをされており、前後の工程は添乗員がやっていました。しかし人数が足りず、会社によってはガイド兼任で添乗もやらせるようになったのです。そのおかげで初日に大菩薩峠登山、下山後は富士山麓で宿泊し2日目は小田原のかまぼこ工場見学といった訳の分からないツアーを担当しました。下山中にお客を連れながらバスの運転手とタイミングをとり、昼飯の予約などしてましたね。。。

 

3度目は日本在住の外国人向けのトレッキンググループのガイドボランティアでした。

このグループも異質で、登山好き30%、交流をしに来てる方(特に駐在員)70%。なので登山用具を一切身に着けずウールのロングコート、一見革靴っぽいウォーキングシューズ、手にはおにぎりとお茶の入ったコンビニ袋なんて方もいました。

 

今回は最初に行った時と全く同じ工程で行こうと思います。

***裂石ー丸川峠(泊)-大菩薩嶺大菩薩峠ー上日川峠ー裂石***

***森歩きを楽しむ***

あまり覚えてないのですが、裂石ー丸川峠-大菩薩嶺の間が樹林帯のはず。。。

そんな大きな規模ではないですが女房には十分喜べる森です。

***都合のいいところに山小屋があり宿泊できる***

4月中旬の平日は道路がまだ冬季閉鎖されており山小屋が営業しておりません。

大菩薩の山小屋も最初の問い合わせでは全滅でした(海外から問い合わせができないので日本にいる家族に問い合わせてもらいました)。

普段山小屋にはほぼ泊まることはないのですが、4月の山中でテント泊をしたら女房は多分死んでしまいます。そのかわり、日本の営業小屋レベルであればどこでも泊まれるでしょう。地面にゴザ敷いて寝て育ってきてるので。。

山域を変えようと思っていたら一軒だけ3日前までに再度連絡くれれば空けるよ!と言ってくれましたので決めました。

また当日は信玄祭があるので山に入るまで混雑するかもしれないとの事。。

touge17.sakura.ne.jp

***電車・バスでアクセス可能***

上日川峠までの林道が閉鎖されているのでどちらにせよ裂石からです。

すでに新宿からの特急「かいじ」を予約済み。昨年覚えたテクニック(日本にいる方には普通の情報)なのですが、JR東日本えきねっとに登録するとトクだ値という割引料金が使えるんですね。

自分の場合海外居住者なので外国人用のJRパスが使えるのですが今回はそこまで必要ありません。

www.eki-net.com

***下山後、近くに温泉宿がある***

食事や周辺の散歩を考えたら塩山温泉も考えましたが、いい宿を見つけられませんでした。よって、登山口の雲峰荘に決定!!一軒宿で女房の好きな雰囲気だと思います。

www.unpousou.co.jp

***桜・富士山が見れる***

後から分かったことですが、塩山から裂石間には花の名所があります。車のない我々は歩くことになりますがいいコースが作れました。

  • 桜ー雲峰寺 , 慈雲寺 , 周林禅寺
  • 桃ー慈雲寺・日向薬師・滝本院周辺
  • 富士山ー丸川峠、雷岩

観れるかどうかはタイミングと天候によりですが、すでに女房は確実に見れるものと思ってます。ほうっておきます。。。

草花歳時記 - 山梨県甲州市観光協会 ぐるり甲州市

***女房が寒さに耐えられるような場所***

 H9 / L -3℃ならなんとかいけそう。。。

昨年は北横岳は数分で敗退しました、その前の東京でも寒さがきつそうでした。

しかしずっと行きたがっていた地獄谷の野猿公苑では全く問題なしで写真を撮りまくってました。当日は朝から雪、風で体感はかなり寒かったです。装備も山に行った時よりは軽め。結局は気持ちの問題なんですかね。。

多分、登山中に富士山が見られれば寒くないと思います。曇って見えなかったら丸川峠から撤退もありえますね。。。

 

専用のHPもあり頑張ってますね。。。

大菩薩観光協会 山梨県 甲州市 塩山 日本百名山

 

下調べは十分ですので、後は装備関係の確認です。ほとんど手元にないので日本に到着後確認して足りないものは用意します。

ひとまず女房の雨合羽のズボンは必要なんですが、ゴアなどあまりいいものを買ってもこちらで使うことはないので最低限丈夫で透湿性のある程度あるものが必要ですね。。。タイのアウトドアショップにもありますが、

しっかりしたものはかなり高い。。。

そうでないものはかなり怪しい。。。

事前にネットで買うか、日本で買うかですね。。。

今のところこの辺が候補です、これ以上安いと販売店がアウトドアショップではなく作業着屋になります。問題なさそうなんですが、経験上シームの水漏れが心配です。

やはり自分の体に使うものではないので念を入れておかねば。。。。

上着はコロンビアのオールウェザーのアウターでOK!

 

タイでは普段ショップで見れないものが多いのでこうやってネットでみてるのも楽しいもんです。