Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

Amphawa Floating Market/ตลาดน้ำอัมพวาを歩く!Day1

アンパワーを歩く!

アンパワー水上マーケットに行ってきました!

f:id:hirobkk:20190524182957j:plain

団体ツアーでも訪れる超有名観光地!

我が家も干し魚が無くなると買いに行ってるので、年3~4回くらい訪問してます。

前職ではアホみたいに行きましたので、通算100回くらいは行ってるでしょう。。。

 

今回は古い友人であるタクミ君がわざわざ日本から遊びに来てくれたので一緒に1泊旅行に行ってきました。

 

タクミ君

1990年代のシンガポール。。。ともに初の海外も彼はすでにフィリピンとインドネシアで8か月くらいの経験を有してました。

こっちは海外2日目のド素人!

今は無くなってしまったそうですが、Beach Roadのラッフルズホテルの近くにある安宿で知り会い、当時日本語以外の言語は全く理解できなかった自分にとって非常にありがたい存在だったんですね。。。その時は3,4日一緒にいただけで住所交換をして別れ、2年後ぐらいに東京で1度あったっきりその後20年間会う事はありませんでした。

その間、5年に一回くらいの割合で近況報告をしており、

4年前、彼が住んでいるマレーシアへ3週間ほど一人で旅行に行き再会したのです。

現在はフィリピン人の奥さんと子供と3人で日本に戻っており、今回は休暇を利用して会いに来てくれました。

 

プラン

子供連れ、一泊⇒せっかくなのでバンコクから電車を乗り継いで向かいます。

タイ国鉄 Wongwian Yai⇒Maha Chai 

渡し舟でMaha Chai⇒Ban Laem

タイ国鉄 Ban Laem⇒Mae Khlong

ソンテオMae Khlong⇒Amphawa

電車で行くのはおよそ10年ぶり!

当時は車内が電車の音で会話できないぐらいうるさかったですがどうでしょう。。。

 

彼らの泊まっているゲストハウスからTAXIでWongwian Yai駅へ

BTSのWongwian Yaiと国鉄Wongwian Yaiの2箇所ありますが、国鉄の方ね。

 

ここが駅の入り口ですが、ぱっと見駅に見えませんので

通り過ぎないように注意しましょう。

f:id:hirobkk:20190525142804j:plain

 

 ちょっとした市場を抜けると。。。

f:id:hirobkk:20190525142810j:plain

 

このように線路が現れます。

f:id:hirobkk:20190525142828j:plain

 

⇓TIME TABLE / WongwianYai-MahaChai

f:id:hirobkk:20190601105452j:plain

なかなか不親切な時刻表ですが、一番上がWongwianYaiで下がMahaChaiです。

料金は確かTHB10/p.p , 子供はTHB5/p.p

Maha Chaiでランチをしてから13:30発 Mae Khlong行きに乗りたいので、

10:40発に乗ります。

それまで時間があるので

父と子は線路上を散歩。。。

女性陣は何か楽しそうにしてます。。。。

f:id:hirobkk:20190525142831j:plain

 

10:30電車が入ってきました。

通勤電車でもあるこの路線。。。

もう最近は近郊列車であればほぼ時刻通り来るようですね。

f:id:hirobkk:20190525142836j:plain

 

ガラガラ....

f:id:hirobkk:20190525142840j:plain

 

タクミ君の息子トモキ。。

素晴らしい表情をします。乗り物好きで絶好調!

f:id:hirobkk:20190525142844j:plain

の~んびり風景を楽しみながら小一時間でMaha Chaiに到着。

自宅からだと、Maha ChaiまでTAXIで30分 THB120位で来ちゃいますが、たまには電車もいいですね。。。

f:id:hirobkk:20190525142912j:plain

f:id:hirobkk:20190525142930j:plain

 

ここから渡し舟でChin川を渡ってBan Laem駅に向かいますが、2時間ほど時間があるのでランチにします。

f:id:hirobkk:20190525142952j:plain

ちょろっと探りましたが、市場内にあまり食堂がないんですね、、、仕方ないので【Maha Chai Seafood】で食べます。

f:id:hirobkk:20190525142956j:plain

ここは以前仕事でさんざん利用しました。

この辺りで団体客受け入れできるキャパを持っていて、大型バスも入りやすいとこここしかなかったんですよね。。。

できればここは避けたかったんですが、、、。(特別味が悪いわけではありません)

 

昼前なんでここもガラガラ

f:id:hirobkk:20190525143000j:plain

 

さっそくシーフードづくしです。

f:id:hirobkk:20190525143004j:plain

この【グンオップウンセン/กุ้งอบวุ้นเส้น】は旨い!

f:id:hirobkk:20190525143007j:plain

f:id:hirobkk:20190525143012j:plain

 

さっとすまして対岸へ (タクミ家は食事が速い! しかも綺麗にたいらげてくれます。)

雨降ってますよ。。。

f:id:hirobkk:20190525143016j:plain

f:id:hirobkk:20190525143021j:plain

f:id:hirobkk:20190525143024j:plain

f:id:hirobkk:20190525143029j:plain

およそ10分で到着。

ひとりTHB 3 だったような。。。

f:id:hirobkk:20190525143034j:plain

 

ここまでは問題なく来ましたが、ここからちょっと勝手が違います。

以前と船着き場所が変わってますね。。。

船着き場はBan Laem駅にほぼ直結であったはずですが、少し離れてます。

 

案内板もあり、雨も上がったので問題なし。

f:id:hirobkk:20190525143039j:plain

f:id:hirobkk:20190525143045j:plain

 

すでにカラフルな車両が到着してます。

f:id:hirobkk:20190525143055j:plain

f:id:hirobkk:20190525143100j:plain

f:id:hirobkk:20190525143110j:plain

 

これも約1時間の乗車で到着。

終点の2駅くらい前でどっと外国人が乗ってきて満車になりました。

どうも最近のツアーは2駅前まで車で送迎し乗車体験をしているみたいですね。

 

このMae Khlongは終着間際の

【折り畳み市場 / タラート・ロム・フープ(ตลาดร่มหุบ)】

が有名。

f:id:hirobkk:20190525143118j:plain

f:id:hirobkk:20190525143123j:plain

自分は何度か見に来てますが、タクミ家も女房も初めてなんでなかなかエキサイトしてました。

下車後、少し市場を歩いてからアンパワー行のソンテオに乗り込みます。

f:id:hirobkk:20190525143128j:plain


そして、市場からソンテオに乗ること約20分。。。

f:id:hirobkk:20190601122553j:plain

 

今回のホームステイに到着。

【Baanbenjathip / บ้านเบญจทิพย์อัมพวา】

f:id:hirobkk:20190601122728j:plain

www.facebook.com

 

女房と二人の時はアンパワー市場内の安ホームスティですが、今回は子供がおりやはり部屋にバス/トイレがあった方が良いとのことでここにしました。

アンパワーまで歩いて行けなくもないですがやや遠いです。

その分静かでいいですね。

アンパワーにソンテオで到着した時と変える時はオーナーが無料送迎してくれました。

普通の部屋ですが、オーナー一家が素晴らしくいい方達で気持ちよく過ごせましたね。。。

料金はそこそこ

THB 900 / room ※パン、コーヒー、紅茶、バナナ付

ちょっと散らかってますが、部屋はこんな感じ。。。

広さも十分で何の問題もございません。

f:id:hirobkk:20190601125027j:plain

シャワーを浴び、ちょっと休憩してからトゥクトゥクで市場へ向かいます!

所要5分で到着!

トモキ絶好調! ドライバーのおっちゃんも気のいい方です。

f:id:hirobkk:20190604104440j:plain

 

雨上がりで涼しく丁度いい。。。

f:id:hirobkk:20190604104632j:plain

 

早速散策をしますが、女房がいきなりこの店に引っかかります。。

普段この手の買い物はしないのですが何故か

【Rim Khlong 】(運河沿いみたいな意)T-シャツを3枚(女房、自分、親父用)を購入。

THB 100/枚 と高くないですが。。。

f:id:hirobkk:20190604104600j:plain

 

この店は日本のTVで紹介されたことがあるようですね。。。

f:id:hirobkk:20190604104615j:plain

 

小一時間ブラブラと散策。

f:id:hirobkk:20190604105147j:plain

 

T-シャツ以降は特に何を買うでもなく見て回ります。

やはり子供は目の付け所が違います。。。何を狙ってるんでしょう。。。

f:id:hirobkk:20190604105150j:plain

 

ここは以前泊ったことのあるホームスティ。

ロケーションは最高ですが、なかなかいい値段取ります。

f:id:hirobkk:20190604105153j:plain

 

 メインは明日なので、適当にブラブラしてまずは川沿いで早めの夕食。

f:id:hirobkk:20190604105442j:plain

 

エビは女性陣用、自分とタクミ君はビールと魚です。

男二人はエビもカニも好きなんだけど殻をむくのが面倒であまり食べないのです。

f:id:hirobkk:20190604105500j:plain

f:id:hirobkk:20190604105503j:plain

女性陣二人はエビをガツガツ言ってます。会話ナシ!

トモキはチキンチャーハンね。

f:id:hirobkk:20190604105512j:plain

f:id:hirobkk:20190604105521j:plain

f:id:hirobkk:20190604105525j:plain

f:id:hirobkk:20190604105534j:plain

 

今日の所は明日の朝散歩に備えてさっさと引き上げます。。

----Day2につづく。。。



































 

住環境改善へ向けて!②枕(Bedgear Balance 1.0 / 2.0)を買う。

今年は家の環境をできる限り快適にするよう適度にお金を使いつつアップデートをしています。

前回、家の中のネズ公には退室頂いたので次のステップへ進みます。

hirobkk.hatenablog.com

 

最近、女房が肩の疲れや痛みを訴えることが増えてきてました。

ストレッチなどを続けだいぶ改善され間接の可動もあがってたのですが、今後の対策として適度な運動とストレッチの継続をしております。

そんな時、女房の学生時代からの友人Poh⇓が

hirobkk.hatenablog.com

最近、枕とベッドマットを買い替え快眠度が劇的に変わったと聞きました。

彼女は水泳の教師をしており常に体のケアが必要なのですが、今まで無頓着だったそうです。

それが人の勧めでTHB 2,000位する枕を奮発して買い替えたところ、感じがよくある程度寝返りをうっても快眠出来たそうです。もともと彼女は不眠症気味だったので一気にこのブランドを信じこみます。そこで「もしかしたらベッドマットも変えたら天国にいけるのでは?」と思い、なんとTHB40,000でベッドマットを新調!

ちなみに彼女は普通の水泳教師で金持ちでもないので彼女にとってTHB40,000はかなりの高額商品です。

使用後の感想を聞いたところ、、、。あまりに良すぎて仕事の行きたくない!と。。。

 

我らも1年以内に枕くらいは変えてもいいね~

なんて話していたのですが、実際は買う気は5%くらいしかなかったと思います。

 

そして週末、避暑と電話代金支払いの為CENTRAL PINKLAO/セントラル・ピンクラオへ行ってきました。

用事を済ました後、何となく寝具コーナーに寄り(一切買う気無し!)何となく展示品のマットに寝転がった枕をいじったりしてました。店員が忙しく我々の相手が出来ないので放置状態でした。その為やりたい放題できました。

いろいろ試していくとブランドによりいろいろと特徴があることがわかります。

枕だと

とにかく柔らかく頭を包み込んでいく感じ。

一見固めだけど頭を置いて2秒くらいすると枕に沈み込んでいく感じ。

枕の底部が肩に合わせてアーチ状になっており首と肩をサポートしてくれる感じ。

などなどです。

そして我々が目をつけたのは(買う気も無いのに)

Bedgear社(アメリカ)

www.bedgear.com

BEDGEAR社は、最新のテクノロジーを使用し快適な睡眠を提供する寝具を製造、販売しており、昨年はNBAのBoston Celticsとパートナーシップを結んでいます。

チームの遠征時(プライベートジェットにプライベートバス)にベッドマット、枕、ブランケットと全て同社の商品を導入しフィードバックを取っているそうです。

情報は多くないですがHPをみてもBEDGEAR社はスポーツでの疲労などに特化した商品づくりをしているみたいです。

f:id:hirobkk:20190519221425j:plain

しかしモデルがいろいろあるのでなにがどうなのかさっぱりわかりません。

しかし料金表を見る限りスタートがTHB5,900からです。。(買う気0%)

手を出せる料金ではなく、他のTHB2,000前後の商品はピンときませんでしたのでそれなら買い替える必要なし。

そうしているうちにスタッフが声をかけてきます。シャツには店の名前(SB Design Square)

www.sbdesignsquare.com

では無く、【@Bedgear 】の刺繍が。。。

彼女はBedgear社のトレーニングを受けたスペシャリストで、よお~く商品の事を知ってます。

f:id:hirobkk:20190519221418j:plain

 

Bedgearの商品は各モデル4サイズに分かれており、体の大きさと主な睡眠スタイル(頭を横に向けるのか、仰向けに寝るのかなど)でサイズを選びます。

f:id:hirobkk:20190519221527j:plain
f:id:hirobkk:20190519221522j:plain

最初自分たちだけどいろいろ試して気に入ったのは【Balance】というモデル。

これは柔らか包み込み系の枕です。

彼女にそれを伝えたところ【M1】【M1X】シリーズはBlance+方のアーチがついているのでどうだろう?と勧められます。(料金THB1,000アップ)

M1X

f:id:hirobkk:20190519221409j:plain

とてもそんな金額のものに手を出す気はないのですが、女房はやたらとコミュニケーションをとっており、あたかも購入前提の雰囲気がでてます。

それでもこの料金で女房が買うことは絶対にないので、最終的には「いや~やっぱりうちはBalanceで十分だねえ!でもTHB5,900は無理!」なんて言ってたら。

「THB5,900は定価です!この商品は月末までプロモーションやっていてTHB3,900。またweekend割引でさらに5%引きになるのでTHB3,700」との事。

f:id:hirobkk:20190519221413j:plain

しかし、、、それでもまだ高い。。。

PohはTHB2,000で快眠を手に入れており当初我々も同額程度を予定してました。

しかも購入予定は今日ではなく年末あたりに気が向いたらでした。。。

どうしよう。。。

 

なんだかんでいっていつのまにかちょっと買う気になっている二人がいます。

 

二人で5分位協議をした結果、

思い切って買ってしまうことにしました。

理由1:レジャーに使うものではなく日常生活に関わり毎日使うものなのでどうせなら早く買って長く使おう。

理由2:最近夜も気温が高く寝苦しい、疲労気味の女房がうまくいけば毎日快眠できるかも?と期待。

理由3:どうせいつか買うなら今日、この店員さんから買いたい。彼女は丁寧、確かな知識、しつこくない。これが1番の理由ですね。

 

そしてサイズ選び

女房は高めが好きなので

Balance 2.0を選び、自分は低めが好きなのでBalance1.0にしました。

合計 THB3,500×2 ⇒THB7,000

我が家では本当に高価な買い物ですが、振り返るまい。

気持ちよく使うことにします。

f:id:hirobkk:20190519221518j:plain

f:id:hirobkk:20190519221514j:plain

 

そして持ち帰って1晩。。。

就寝時は特に気持ちよさは感じませんでしたが、朝までぐっすり肩回りの疲労感もありません。1晩だけなのでわかりませんのでひとまず1か月くらい使ってみないとですね。。。

f:id:hirobkk:20190519221510j:plain

これがよかったら、いつかベッドマットにもてを出してしまいそうで怖いです。。。

ベッドマットTHB50,000超えです。

今回の様にぱっと行って帰る金額ではありません。

購入するかどうかは別として一応女房とは月々THB1,000/一人くらいずつ積み立てを始めます。。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Bollywood No.018 -Kabhi Khushi Kabhie Gham.../कभी खुशी कभी ग़म (2001)-

Kabhi Khushi Kabhie Gham.../कभी खुशी कभी ग़म (2001)

f:id:hirobkk:20190512191221j:plain

なんと!

自分としたことが女房に本作をまだ見せていなかったことが判明!

 

日本では第15回東京国際映画祭で登場。

自分はその2年後、第17回東京国際映画祭で初めてみました。

この年の東京国際は韓国や中国映画でも魅力的な作品が多くほぼ映画館に入り浸っており計20作品ほど見た覚えがあります。

 

当時の邦題はKabhi Khushi Kabhie Gham...「時に喜び、時に悲しみ」と直訳ではありますがいい題名を付けていました。

それが2008年某社配給で上映された際「家族の四季」と訳の分からん題名をつけられてました。旧邦題が使えなかったようですが、もうちょっとなんとかならんかなあ~と思いましたね。

日本でも公開されDVDも出ているようなので観られている日本人の方が多いと思います。どのような評価をされているかわかりませんが、一度は観なければならない映画の一つではあります。

インド在住時、ケーブルテレビの普及によって1年に3回位は観ていたのですが、

未だに泣き所ではうるっときてしまい、実にいい映画だと思わされます。

 

テキトーに解説

日本語版もでており恥ずかしくて解説などできません。

簡単あらすじのみ。。。

この映画は大富豪Raichand家の物語です。

主人Yashvardhan(Amitabh Bachchan)

妻Nandini(Jaya Bachchan)

長男Rahul(Shah Rukh Khan)

次男Rohan(Hrithik Roshan /Kavish Majmudar )

ナニーSayeeda(Farida Jalal)

 

物語はRohanが寄宿学校から戻ってきたところから始まります。

家に帰る前に祖母に会いに行ったRohanは兄Rahulが実は血のつながった兄弟ではない事、あることを理由に家を出ていかなくてはいけなくなった事を知らされます。

そして回想シーンへ

Rahulはロンドンでの留学を終え帰国。

そこで待っていたのは父の会社でのビジネスと親同士がきめた幼馴染Naina(Rani Mukerji)と結婚だった。

しかしRahulはあるきっかけで知り合ったAnjali(Kajol)と恋に落ち、いろいろあった結果勝手に結婚をしてしまう。(このプロセスは非常に重要ですが端折ります)

Yashvardhanは期待を裏切ったRahulを許せず「お前はもううちの子ではない!」と勘当してしまいます。

この時Rohanは既に寄宿学校に入っていた為、兄が家をでていく本当の理由は知らず。。。

そしてRahulはAnjaliとともに家をでます。

その時Anjaliは義父に認められていない結婚とはいえ、「まだプラナーム(ヒンドゥーの最上級の敬意)を済ませてない!」とぐずります。。。

しかしそんなことが許されないのはRahulもNandiniもわかっており、二人を見たAnjaliも悟ります。

そして、成長し全てを知ったRohanは再び家族を一つに戻そうと行動します。

ここからが後半。

まずは二人の居所を知る為、Sayeedaの娘Rukhsaar(Simone Singh)を訪ねます。

そして二人とSayeeda、Anjaliの妹でRohanの幼少期の友人であるPoojaがロンドンで暮らしていることを知る。

 

Rohanはなんとか父を説得しロンドン留学に成功。

そして舞台はロンドンへ。

ロンドンの大学では成長したPooja(Kareena Kapoor)がブイブイいわせてます。

※この時のkareenaはまさにはまり役!

そこへRohanが現れますがPoojaはRohanに気が付きません。

幼少期のRohanは太っており現在のイケメンでクールな人物とはかけ離れているのです。

しかしRohanは幼少期にやりとりしたある言葉を発する事で早々とPoojaにネタバラシをします。Poojaの協力を経てなんとかRahulに近づこうって事なんですね。

予定通りRahul宅への居候を決め込むRohan

ここでRahulへ名乗る名前は「Yash」

監督Karan Joharの父Yash Joharと父同然の存在であるYash Chopraからオマージュされてます。因みにKranは当初二人の義理の娘ので進めていたそうですが、Aditya Chopra(Yash Chopraの長男でありRani Mukerjiのご主人)のアドバイスにより二人の兄弟に変更しました。

 

そしてRohanは再び家族を一つにしようと行動をします。。。

 

Rahul家滞在中にいくつかの感動シーンとすばらしいミュージックが入ります。

 

感動シーン① 兄弟の再開

Poojaの手ほどきで再開を果たしたRahulとRohan

この時点でRahulは目の前の青年がRohanだとは知りませんが、二人が握手する前の壁にはNandiniの写真があり二人を見つめているところが泣かせます。因みにRohanは半泣きです。


Brother From India - Movie Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Shahrukh, Kareena, Hrithik

 

感動シーン② RohanとSayeedaとの再会

Rohanの雰囲気に何かしら気が付いていたSayeedaはRohanが靴の紐をうまく結べないところで確信します。Rohanは幼少期から靴紐が自分で結べずSayeedaに結んでもらっていたのです。このシーンをAnjaliにも目撃され続けざまにバレます。

因みに自分が一番弱いシーンがこのシーン


A Very Emotional Scene - Hairthik Roshan - HD

 

感動シーン③ Rahulへのネタバレ

RahulとAnjaliの子Krishに学校の発表会で、Rohanは幼少期Rahulに言われた言葉をKrishに教えます。それを聞いたRahulはYashがRohanであることを知ります。

ここも感動シーンですがちょっと弱め。


Krish's Performance - Emotional Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Kajol, Shahrukh Khan

 

感動シーン④ 再会

終盤Rohanはうまい事いって両親をロンドンへ来させます。そこで偶然を装ってRahul/Anjaliを両親と再会させることに成功!

このシーンはFilmfare AwardsでBest Scene of the Yearを受賞しました。


London Visit - Emotional Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Shahrukh Khan, Amitabh Bachchan

Yashvardhanが落とした雑誌を拾ってあげながらさりげなくプラナームを行うAnjali..

それに満足して立ち去ろうとするAnjaliをRohanとPoojaが止めます。

ここから先に進まずして家族が一つになれないからですね。

この辺はKajolの演技がすばらしい。

 

Cast

Shah Rukh Khan as Rahul Raichand

f:id:hirobkk:20190513002628j:plain

以外にも 今までシャールク作品は1本しか記事にしてませんでした。

hirobkk.hatenablog.com

今更いうことはないです。 

本作での演技も素晴らしく、ダンスシーンもシャールクらしさがでてます。

因みにRahulの幼少期を演じているのは( セリフなし)は実の息子Aryan。

女性陣との共演はこの映画の後も多いですが、Amitabh Bachchan,Hrithik Roshanとの共演は極めて少ない。特にHrithik Roshanとは特別出演を除くと本作のみです。

特筆すべきは結婚後一時半引退状態となるKajolと最後の共演(復帰後は多数共演あり)。

90年代のBest Jodiである二人の映画(90年代)をご紹介。

決して共演回数は多くないのですが、印象が強烈!

Dilwale Dulhania Le Jayenge【DDLJ】(1995)

Kuch Kuch Hota Hai(1998)

の2本はあまりにも大きい映画ですので別の機会で紹介。

Karan Arjun(1995)

年間No.2ヒット、上に居るのはDDLJですのでSRKの1,2

だったんですね。

f:id:hirobkk:20190513153855j:plain

二人の他Salman Khan共演。

素晴らしい映画であり、とにかく故Amrish Puriの悪ぶりがとんでもない。

監督はHrithikの父Rakesh Roshan,音楽は叔父Rajesh Roshan,若き日のHrithikはAssistant directorを務めてます。

 

Kajol as Anjali Sharma 

f:id:hirobkk:20190513002640j:plain

本作でのベスト俳優の一人でしょう。

Kajolの為に設定された役とも思え、彼女の魅力がふんだんに盛り込まれています。

本名:旧Kajol Mukerji-本作でも共演しているRani Mukerjiとは従妹同士

        現Kajol Devgan-当然ご主人はAjay Devgan(下記を見ると解りますが普通の人間ではありません)です。

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

 本作以前、90年代のおすすめ作品を2本紹介

Gupt: The Hidden Truth(1997)

f:id:hirobkk:20190516105545j:plain

Boddy Deol主演の1997年の年間TOP6

共演はManisha Kiralaとその他曲者俳優大勢!

本作ではKajolは悪役を演じており、キャリア唯一の

Filmfare Award for Best Villain/最優秀悪役賞

を受賞してます。

 

Dil Kya Kare(1999)

f:id:hirobkk:20190516111028p:plain

今でもコンスタントに映画を製作し続けているDEVGAN FILMS(オーナーはもちろんAJAY)の第2弾作品。

Karan Johar作などの超大作を除けば個人的にKajolのベスト作品!

 

ここから下の方々も上の2名と同じくトップ中のトップ。

今回は短めに端折り別の作品で個人的詳細をあげていきます。

 

Hrithik Roshan as Rohan Raichand

f:id:hirobkk:20190513002655j:plain

とてもデヴュー2年目の演技ではありません。

若い時から父のアシスタントなどを経てそうとう勉強したことが想像できます。

またデヴュー作からそうですが、ダンスのレヴェルは当時のボリウッドでは群を抜いています。ここ10年ぐらいですといきなり踊れる俳優(Tiger ShroffやRanbir Kapoorなど)もでてくるようになりましたが、当時は間違いなくボリウッドのベストダンサーでしょう。

Ek Pal Ka Jeena from Kaho Naa Pyaar Hai(2000)


Ek Pal Ka Jeena Ek Pal Ka Full Song (Kaho Na Pyar Hai)Hd720p(Ashraf Rahmani)

今や伝説となるLucky Aliが歌うこのナンバー

これが新人がする踊りでしょうか!

最近は年に1作程度の出演で、あまりHITにも恵まれてません。

 

Kareena Kapoor as Pooja "Poo" Sharma

f:id:hirobkk:20190513002706j:plain

本作では正にはまり役でした。

ほぼ地で演技をしていたのではないでしょうか。

ダンスクオリティも高く流石Raj Kapoorの一族です。

現Saif Ali Khan婦人。

結婚後もコンスタントに映画に出続けてましたが、

さすがに出産後出演ペースがおちました。

hirobkk.hatenablog.com

 

Amitabh Bachchan as Yashvardhan "Yash" Raichand

f:id:hirobkk:20190513002717j:plain

説明不要!

もはや外国人が語れる存在ではありません。

本作公開時で59歳。

過去作品の3分の1も見れていないので自分に語る資格はありません。

現在77歳、バリバリの現役です!

若い時はあまりノリノリのダンス音楽など踊ってなかったような(たいしてみてないけど)気がしますが、本作以降チョイチョイ踊ってますね。

Jhoom from Jhoom Barabar Jhoom(2007)

当時65歳!この映画での出番はオープニングクレジットのこの曲だけでしたが、完全に本編を食ってしまう存在感!
Jhoom - Full Song | Jhoom Barabar Jhoom | Amitabh Bachchan | Shankar Mahadevan

 

Rock N RoLL Soniye from Kabhi Alvida Naa Kehna(2006)


KANK | Amitabh Bachchan | Shahrukh Khan | Rani | Kajol | Abhishek | Preity

親子でノリノリ、Abhishekがかなり調子に乗ってるんですよねえ。。

【Dhoom2】でHritikhとかぶった時は気の毒でしたけど。。。。

因みにこの親子の身長はおなじ191cm...

 

Jaya Bachchan as Nandini Raichand

f:id:hirobkk:20190513002748j:plain

もちろんAmitabh Bachchan婦人で往年の名女優です。

本作ではFilmfare Awards/Best Supporting Actressを受賞。

 

その他のサブキャストも豪華!

Rani Mukerji as Naina Kapoor-前半のみの出演。Rahulに好きな女性ができるとあっさり身を引きます。
Farida Jalal as Sayeeda -作中重要な役をこなしてました。インド映画でお母さんと言ったら自分の場合はこの人。
Simone Singh as Rukhsaar-Sayeedaの娘役。最近はTVで活躍しているようです。かなりの美人ですが映画ではインパクトを残せませんでした。しいて言えば【Being Cyrus(2006)】です。
Alok Nath as Bauji Sharma-インドのお父さん役と言えばこの人、Amrish PuriやOm Puriとは違う優しいタイプね。

 

Music Scene

Music DirectorはJatin-Lalitの兄弟コンビ!!
90年代から2006年まで活躍しました。
2007年以降はJatin Panditのみで活動してますが大きなHITは" Dabangg(2010)くらい。

兄弟で残した功績の方が遥かに上回ってますね。

Dilwale Dulhania Le Jayenge(1995)
Kuch Kuch Hota Hai(1998)
Mohabbatein(2000)
Chalte Chalte(2003)

などなど。。

本作での音楽はどれも素晴らしいですが、当時からずっとインパクトを与え続けているのはこの3曲。

Bole Chudiyan


K3G - Bole Chudiyan Video | Amitabh, Shah Rukh, Kareena, Hrithik

Kavita K. Subramaniamの歌声が素晴らしい。

この曲のKareenaの振り付けを友人の娘(5歳くらい)がよくコピーして踊ってくれました。当然リアルタイムで見ていたわけではないのでどれだけこの映画が見られているかがわかりますね。まだDVD,YOU TUBEなどで繰り返し見られる時ではなかったのでTVだけで見てるんですよね。。

Say Shava Shava


K3G - Say Shava Shava Video | Amitabh Bachchan, Shah Rukh Khan

上述の通りAmitabh Bachchanのりのりのナンバー。

VocalもAmitabh Bachchan本人が歌ってます。

自分の誕生日にこんなセッティングをする親父がいたら楽しいでしょうなあ。

 

You Are My Soniya


K3G - You Are My Soniya | Kareena Kapoor, Hrithik Roshan

 これもHrithikのダンスナンバー!

ですが振り付けがEk Pal Ka Jeenaと似ています。。。

この曲も女の子に人気のナンバーで、

 DOR(2006)では砂漠に住む地味な女性が(Ayesha Takia)踊っています。

hirobkk.hatenablog.com

 音楽はほぼ100点満点!

当時最高のメンバーを集め、俳優陣とともにオールスターメンバーです。

タイトルトラックはレジェンド"Lata Mangeshkar"

メインはAlka YagnikSonu Nigam

その他Udit Narayan, Sunidhi Chauhanも参加してます。

 

Location

 主にムンバイとロンドンで撮影。

驚く事に前半のAnjaliとSRKが出会うChandni Chowkのシーンはムンバイのスタジオセットです。

 

総 評

 繰り返しますが素晴らしい映画で必見です。

それでも2001年のNo.1 Hitが【Gadar】が取ります。

要は愛国心(Gadar)が家族(K3G)をわずかに上回りました。

しかし2001年の主役はこの2本ではありません。

モンスタームービー【Lagaan】がこの年の主役!

hirobkk.hatenablog.com

 どれもいい映画ですが、個人的にはK3Gを選びます。

やはりテーマが古風でインド独自のエンターテイメント性があります。

現在この手の映画がつくられることはほとんどなくなってしまい寂しい限りですね。。。

つまるところ

この映画はなにがいいのか?

見ればわかる!

そういう映画です。

是非、ご鑑賞ください。。。

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

Buy 1 Get 1 で Leeジーンズを買う

【Lee jeans を買う】

強烈な暑さが続いてます。。。

ちょっと今年は以上じゃないでしょうか?

うちはシャワーは水のみなんで毎年寒い時期の10日間くらいはホットシャワー浴びたいなあなんて思うのですが、今年はもう少し冷たい水を浴びたいです。。。。

排水管が外付けなのでかなり熱めの湯が出てきます。しばらく出しっぱなしにしておくと多少はよくなりますが湯の域をでません。

f:id:hirobkk:20190506133049j:plain

今週は国王の戴冠式などがあり連休になりますので1日は家の事をやり1日はエアコンの聞いているデパートへ涼みに行きます。※うちはエアコンなし!扇風機のみ。

 

 

携帯電話の支払い、契約の変更などなどいろいろ用事もあり

CENTRAL SALAYA / セントラルサラヤへ!

ランチ、用事を済まし。そろそろ帰ろうか?といつ雰囲気になったところで。。。

実は数か月前から考えていた新しいジーンズ購入プランを思い出しました。

自分はジーンズいえば今までほぼリーバイス501で済ましてきた男です。

しかし今回の暑さにより新調するならもう少し軽いデニムがいいかな?と。

最近はストレッチ生地などのジーンズが各メーカーからでてるので狙いはその辺。。

しかしリーバイスに限っては501以外を履く気はないので別のメーカーを探ります。

で、売り場に行ったところいきなりのこれ👇

f:id:hirobkk:20190506162548p:plain

はい!決まりです。

LeeWranglar

我が家にとってバッタ物でない限りこのようなプロモーションを蹴ることはできません。

一応若い頃に3年程Gパン屋でアルバイトをしてましたので、まともなブランドはしているつもりです。

自慢じゃないですが地方営業中の五木ひろしさんと金井克子さんにGパンを売ったことがあります。

金井克子さんを知らない方はこちら👇をどうぞ。


パールライス

 

2つのブランド見比べた結果、、、

今回はLeeに決定!

決めてはLeeの定員さんの方が気持ちよく買い物させてくれそうだったからですね。

定員さんのレスポンスもよく10分くらいでサイズも型もさっと決まっちゃいました。

1 Get 1なので+の1本は女房用

f:id:hirobkk:20190505123459j:plain

うちの女房はぴったりスリムみたいなGパンしか持ってないので今回はオマケと思ってストレートにしてみました。

f:id:hirobkk:20190505123455j:plain

f:id:hirobkk:20190505123448j:plain

自分もストレートテーパード

f:id:hirobkk:20190505123451j:plain

f:id:hirobkk:20190505123444j:plain

このサマーデニムってのがいいですね。

伸びて生地も軽いので丁度いい。

問題は耐久性だけですが、こればっかりは使ってみんとわかりません。

Leeの正規品でダメならしょうがないでしょう。。。

f:id:hirobkk:20190505123557j:plain

 

料金

女房の LEE341 RICE THB1,890

自分の LEE737 KNOX THB2,390

どちらもプロパー料金。

1本安いほうがFreeとなりますので2本で実質THB 2,390ポッキリ!

いやあいい買い物ができました。

女房も大満足!

f:id:hirobkk:20190505123554j:plain
f:id:hirobkk:20190505123551j:plain

 

このプロモーションしょっちゅうやってるんですね。。

しかもセール品ではなくプロパー品に対してやってますからかなりお得!

こんなんで本当に商売成り立つんでしょうかねえ。。。

因みにリーバイスジーンズは2品買うと合計額から20%引きです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

帰宅後、、、暑くてLeonaも寝苦しそうです。。。

f:id:hirobkk:20190505123547j:plain

 

山具~MSR Whisperlite(ウィスパーライト)をメインテナンスする~

【MSR Whisperlite(ウィスパーライト)】

以前にも定期利用のレポをしているこの道具。

hirobkk.hatenablog.com

 最後に山で使ったのは1昨年の年度末。

 【Doi Khun Tan National Park / ドイクンタン国立公園】

hirobkk.hatenablog.com

日本には冬に行くことはまずないのでガスストーブで対応してます。

今年のドライシーズンはどこか行かないといけないですね。

先日、数か月振りに火を入れてみたところプレヒートができず点火に至りませんでした。ほぼ使う機会が無いため一瞬このまま捨ててしまおうか?となりましたが、やはり10年以上使って思い入れもあり、高い金払って買ってるのでまずはセルフメインテナンスで復活を目指します。

経験上、パーツの劣化、メインテナンス不良が原因だと考えてますのでまず修理できるでしょう。

ここ数年Oリングの交換程度しかしてませんのでマニュアルを読み返し予習。

参考にしたのは👇

メインテナンス準備

商品添え付けのマニュアル

f:id:hirobkk:20190502144125j:plain

f:id:hirobkk:20190502144129j:plain

オフィシャルHPの " MSRストーブメンテナンス " 欄

www.e-mot.co.jp

この情報だけで充分ですが、入念にやりたい箇所は我流を取り入れます。

 

用意する道具

  • ディグリーザー(パーツクリーナー)
  • ペンチ
  • ジェット&クリーニングツール(付属)
  • ポンプカップオイル(付属)

f:id:hirobkk:20190502131144j:plain

 

分解

f:id:hirobkk:20190502131204j:plain

 

ライミングカップを外します。道具を使わず手で外せます。

f:id:hirobkk:20190502131208j:plain

 

フューエルラインが外れました。

f:id:hirobkk:20190502131211j:plain

 

フューエルライン、カットケーブルのクリーニング

ペンチを使ってフューエルラインからカットケーブルを取り出します、

f:id:hirobkk:20190502131215j:plain

 

カットケーブルはディグリーザーで洗浄。ここの汚れ落としも重要なのでディグリーザーをたっぷり使いウェスで拭き取ります。

f:id:hirobkk:20190502131221j:plain

 

フューエルライン内部にもディグリーザーを惜しみなく使います。ここの汚れも入念に落とします。

f:id:hirobkk:20190502131231j:plain

 

ジェットのクリーニング

これも重要!!ジェット先端の穴がふさがっていると燃料が出てきません。

因みにガッチリ塞がってました。

f:id:hirobkk:20190502131224j:plain

 

ジェット&ケーブルツールで分解をすると中からシェイカーニードルが出てきます。

f:id:hirobkk:20190502131228j:plain

 

シェイカーニードルを先端に突き刺し開通!

そして余計な油や汚れを拭き取ります。

f:id:hirobkk:20190502131356j:plain

 これで点火はほぼ出来るでしょうが、せっかくなので全てメンテします。

 

ワイヤーレッグのクリーニング

f:id:hirobkk:20190502184445j:plain

ディグリーザーぶっかけて拭き取るだけ。

3つとも同じように見えますが全て形状が違うので組み立て時は注意です。

 

バーナーヘッド/フレームリングのクリーニング

f:id:hirobkk:20190502184657j:plain

結構いっちゃってますね。

ワイヤーブラシで磨き上げますが、薄い素材なので強く磨いてはいけません。

適度に。。。

f:id:hirobkk:20190502184732j:plain

 

左が作業後のフレームリング

このくらいで十分でしょう。

f:id:hirobkk:20190502184729j:plain

 

クリーニングしたパーツ類は最後ディグリーザーで再度洗浄しウェスできれいに拭き取ってます。

f:id:hirobkk:20190502184800j:plain

f:id:hirobkk:20190502184754j:plain

 

そして大事なポンプ!
このポンプがまた高い!

大事にしなくてはいけません。

 

ポンプの解体

まずはポンププランジャーをとり外します。

この作業、説明書とプランチャーに記載されている矢印通りに行いますが、なかなか外れません。ペンチなんかを使いたいところですが破損が怖い。。

実際、手で外せますのでがんばって手動でやります。

f:id:hirobkk:20190502131240j:plain

 

ポンプカップ(先端の黒いゴム部)は問題ないのでオイルだけ注入。

ここも硬化し破損する可能性があります。

f:id:hirobkk:20190502131243j:plain

 

ポンプ本体部

f:id:hirobkk:20190502131247j:plain

 

ジェット&ケーブルツールを使ってつまみを外します。

f:id:hirobkk:20190502131250j:plain

 

Oリングの確認/交換

この時つまみについているOリングを確認

2年位前に変えてますのでまだ大丈夫

f:id:hirobkk:20190502193254j:plain

 

しかしこちらは。。。。

フューエルチューブのOリングはいっちゃってます。。。

f:id:hirobkk:20190502131257j:plain

 

これは交換!

f:id:hirobkk:20190502131300j:plain

f:id:hirobkk:20190502131303j:plain

 

ポンプのメンテは以上です。

再度ポンプを組み立てて、、、

作業終了

f:id:hirobkk:20190502184803j:plain

 

動作確認

f:id:hirobkk:20190502184807j:plain

 

いつもの手順通りプレヒートを行い。。。

f:id:hirobkk:20190502184810j:plain

 

本点火!!!

やりました!復活!

f:id:hirobkk:20190502184814j:plain

 

さらに火力を上げます!

f:id:hirobkk:20190502184817j:plain

ん!? なんだ!? パチパチ音が鳴り目に違和感が。。。

危ない! 線香花火がパチパチ言ってる感じで目が痛い!

 

これは危険!少し離れて様子を見ます。

勘ですが、どうもディグリーザーが落ち切っていないようで、なにかケミカル系のものが反応している感じです。

前述⇒クリーニングしたパーツ類は最後ディグリーザーで再度洗浄しウェスできれいに拭き取ってます。⇒拭き取ってない

5分位火を通していたら通常運転に戻りました。

f:id:hirobkk:20190502184821j:plain

 

これでメインテナンスは完了。

後は自宅ではなくアウトドアで使うだけ!!!

いつになるのか。。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

プッタモントン Sai4/พุทธมณฑลสาย4 にオープンしたカフェ"Underwood Coffee House"

ここ10数年のうちにタイではコーヒーショップの数が急激に増え、オシャレなカフェを次から次へとオープンしております。

基本的には自分は好きなコーヒーは自宅で淹れるので、外で飲む場合お店にこだわってはおりません。

1杯THB 10-15程度の粉コーヒー"Nescafe Red Cup"にお湯/砂糖/練乳/スキンミルクを入れて適当に作られやたらと甘いコーヒーも飲みます。

Offee NescafeレッドカップDrinking???元200グラムMadeタイから

Offee NescafeレッドカップDrinking???元200グラムMadeタイから

 

コーヒーの飲み分け

おいしいコーヒーを飲みたい⇒自宅で淹れます。

冷たいコーヒーが飲みたい⇒近所のTHB15で満足できます。

外で喉が渇き冷たいコーヒーが飲みたい⇒その変で高くなければどこでもいい。

因みにスターバックスコーヒーに行くことはまずありません。日本でも行ったことなし。

女房はコーヒーを飲まないのですが、先日行ったチャイナタウンのカフェのようにオシャレなお店であれば行きます。

hirobkk.hatenablog.com

 

今回は従妹の依頼により近所のカフェに行ってきました。

店の前をしょっちゅう車で通っていたのですが、この店がオープンしているのか気になっており時間があったら行ってきてほしいと。。。

そして行ってきました!

 

【Underwood Coffee House】

f:id:hirobkk:20190430120722j:plain

自宅から自転車で約15分ですが、あまりの暑さに女房がダウンしてしまうのでモーターサイで行ってきました。

 

 ロケーション

バンコクからくる場合はまずプッタモントンパークを目指してくることになります。

店はプッタモントン Sai4沿いなのですぐわかるでしょう!

プッタモントンパークから車で約5分


 

店の雰囲気

大通り沿いですが、緑がありいい感じです。

f:id:hirobkk:20190430132846j:plain

 

店のオープンは3か月前!新築の建物なので外観、内装とピカピカです。

天井が高く、開放感があって室内は◎

f:id:hirobkk:20190430132853j:plain

f:id:hirobkk:20190430132900j:plain

 

室内には適度に植物が置かれてます。

f:id:hirobkk:20190430132906j:plain
f:id:hirobkk:20190430132922j:plain

 

今回は注文しませんでしたが、ホームメードケーキも有り!

f:id:hirobkk:20190430132910j:plain
f:id:hirobkk:20190430132919j:plain

 

ガーデン?席はオマケ程度。

壁の向こうは大通りなので騒がしいです。

f:id:hirobkk:20190430132930j:plain
f:id:hirobkk:20190430132850j:plain

平日の昼前、オープンしたて、立地(近くにオフィスや住宅街なし)などの理由によりお客は自分と女房のみ。

 

そしていよいよ注文。

食事メニューも少しありますね。

f:id:hirobkk:20190430154226j:plain

 

自分はมะปี้ดโชดา/ma-peed soda THB 85

女房はハニーレモンティー THB 85

f:id:hirobkk:20190430154312j:plain

ma-peedは日本語でカラマンシーと言うらしいです。キンカンとか柚子に似た味と香りがします。

カラマンシーもしくはシキキツ(四季橘)

柑橘類の一種。東南アジアで広く栽培され、特にフィリピンで非常に人気がある。欧米ではcalamondin/calamonding、calamandarin、calamondin orange、China orangeやPanama orange等の名前で知られる。四季を通して結実することから、四季橘の名がある。沖縄県では果実を四季柑(シキカン)と呼び、主にシークヮーサーの代用として台湾から輸入した果汁が販売されている。

フィリピンや東南アジアに自生すると記述されることもあるが、実際は人工的に交雑されたもので、野生にあるかどうかは知られていない。交雑はかなり昔に行われ、その起源はよくわかっていない。一般的に、栽培されている品種の多くは、古代にアポミクシスによって作られ、その後栽培品種として選択されたものだと考えられている。カラマンシーは「マンダリンオレンジ (Citrus reticulata) 」と「キンカン (Citrus japonica) 」の交雑であると言われる。キンカン属 (Fortunella) を別の属とすると、カラマンシーは属間雑種ということになる。

果実は、3 - 6メートルの高さの低木になり、小さくて丸いライムに似ている。大きさは普通は25 - 35ミリメートルだが、大きなものでは45ミリメートルに達する。果皮は緑色か橙色で薄い。果皮は甘いのに対して、味はかなり酸っぱい。

日本に居た時は全く知りませんでしたが、沖縄では知られた果物なんですね。

 

MUSHROOM CAPPUCCINO THB 80

f:id:hirobkk:20190430154248j:plain

カプチーノ命名されてますがタイ語では"ซุปเห็ด/キノコスープ"

チョイしょっぱいキノコクリームスープです。

女房はかなり気に入った様子。

 

CARBONARA THB 190

f:id:hirobkk:20190430154253j:plain

なかなかいい値段ですが、こんなもんでしょう。

味は旨いですよ。

 

そして食後にCAPPUCCINO THB 75

f:id:hirobkk:20190430154258j:plain

これは泡がしっかり作られておりおいしい。。。

 

2時間ほど居ましたが、近場の会社員2名が昼食を食べにきただけでした。

それとオーナーさんが友人と昼食を食べに来てました。

このカフェですが、まだまだ奥に土地があるのですがオーナーさんが税金が高いのでこれ以上拡げたくないような事言ってました。

我々としては自宅から10分、店内静か、エアコンあり!なのでこのままこじんまりと続けてほしいなあと願います。

 

【Underwood Coffee House】

underwood-coffee-house.business.site

営業時間 : 8時~18時

定休日 : 月曜日

TEL : 089 760 5221

アクセス : 店の前にバス停がありバンコク市内からだと170番、539番が停まりますが、近所に住んでいない限り、車で来るのが現実的

 

 

 

 

 

 

住環境改善へ向けて!①ネズミ捕り

タイランド暑いです。。。

うちの子は毎日こんな👇感じ。。。

f:id:hirobkk:20190428132442j:plain

そのせいか4月に入り、キッチン周りをネズミ君が好きなように駆けずり回ってます。。

連日、ガスホースをかじったり、ごみ箱あさったり、糞をまき散らすなどやりたい放題!その都度日中に女房が消毒など片付けをしてくれますが、こう続くと疲れてしまいます。

どうもネズ公は洗濯機の排水穴から侵入している模様。。

f:id:hirobkk:20190428130828j:plain

 

先日は夜中に女房が洗濯機の底部を雑誌でガンガンたたいてる音で目を覚ましました。

どうもネズ公が洗濯機底部のすきまに逃走しでてこないようなのです。

そこでLeonaを登場させたのですが、、、、

完全にビビッてしまい、キッチンに近寄れません。

ネズ公の姿をみれば普通の猫なら興味深々だと思うのですが。。。

 

流石にこれはいかん!ということになり対策をします。

 

まずは侵入路を塞ぎます。 

洗濯機を使わないときはこの排水穴には蓋をしていましたが、蓋が軽すぎて押しのけて侵入してきてたのです。これをFixサイズのカップできっちり塞ぎます。

f:id:hirobkk:20190428135753j:plain

これで再侵入はさせません。

 

そして次に室内のどこかにいるであろうネズ公をひっ捕らえます。

ここで我々の考え方!

自分は今まで侵入者に対しては寛容だったと思います。(ちょっと怖いので手がだせないのもあります)

が、最近は「何を人の家に勝手に入りこみおって!」といった気持ちが出てきてしまい、ゴキブリ君にだけはこの気持ちを適用し成敗してます。あくまでゴキだけ。

今回のネズ公をどうしようとはとても考えてません。

しかし、女房は度重なるストレスのせいか粘着シートで対応を考えてました。殺傷力はないにしてもやはり強力な粘着剤を用してますのでネズ公もただではすみません。

自分としてはできればそのままの状態でどこか別のところで暮らしてほしい!と思っているので女房には

「粘着はやめよう! こう考えなさい、ネズ公が住んでいたところに我々が後から来たのだ!だからそれはやりすぎです。」

正論でもなんでもないですが。。。

*そもそもそれでは我々が侵略者ということなので別のところで暮らすべきなのは我々になります。

女房をこれで説得したところで考えた案はやはりコレ👇。

神器【ネズミ捕獲かご】ตลาดพุทธ/タラートプット価格THB99-
f:id:hirobkk:20190428130846j:plain

 

プラトゥーヘーン(チャンタブリー産の極上品)を吊るします。

f:id:hirobkk:20190428142802j:plain

 

そして捕獲作戦当日。

我々は23:30頃に設置をし消灯、翌朝を楽しみに就寝。。。

 

しかし。。。

5分もしないうちに金属の戸が閉まる「ガシャン」といった音がなります。。。

さすがに画像はのせませんが、あっさりかごに一匹のカワイイネズ公が収まってました。

当初の予定通りネズ公はよなよな外に連れ出し100mほど離れた場所に離したのです。。。それでも野生動物などに襲われる危険はありますが。。。

以降、3,4日が過ぎますがネズ公の気配は一切ありません。家に侵入していたのは1匹だけだったんですかねえ。。。

ひとまずこれで女房も安心しました。

結局、何もしなかったLeona。。。

 

f:id:hirobkk:20190428132439j:plain

Sangkhlaburi/สังขละบุรีを歩く-Day2-ボートトリップ&郊外編

2日目前半は托鉢と市内観光。

 

hirobkk.hatenablog.com

昼近いですが、皆お腹が空いていないので先にもう一か所観光します。

車でミャンマーとの国境へ向かいます。

サンクラブリーから約20分

ด่านเจดีย์สามองค์/Three Pagodas Pass

f:id:hirobkk:20190417222420j:plain

タイ人も含めて初めて来た人はたいてい「仏塔が小さい、、、」と思うようです。

皆、大きい仏塔が3本並んでいると思ってくるんですね。。

 

下記は10年以上前の写真。寄ってとれば意外と大きく見えなくもないですね。

f:id:hirobkk:20190417235737j:plain
f:id:hirobkk:20190417235734j:plain

 

ここから先がミャンマーになります。

f:id:hirobkk:20190417222416j:plain
f:id:hirobkk:20190417222412j:plain

基本的には外国人の通過は未だ不可能なようです。

10年前くらいであればミャンマーの情勢によりここを通過する外国人もいました。

また前述しましたが、モンの方と一緒にに通れば行けることもあります。しかしオフィシャルではないのであてにはなりませんね。

 

実際ここでやることは【国境に来たよ!】の記念撮影とお土産購入です。

ですが外国人観光客がわざわざ買うようなお土産はあまりないですね。。

タイ人やタイ在住外国人ならまだ利用できます。

สุดแดนตะวันตก-west end/最西端のような事が書かれてます。

背後はミャンマーからの品物を売る店。

f:id:hirobkk:20190417222404j:plain

 

ミャンマーからの植物です。

蘭が多いですね。

奥に見える通りはミャンマーになります。

f:id:hirobkk:20190417231023j:plain

 

我々も何か土産を買って帰ろう!ということになったのですが全員👇コレ!

【Royal Myanmar Teamix】

f:id:hirobkk:20190417231409j:plain

3個オマケでMyanmarと書いてあるからいい土産になります。

飲んでみましたが別に美味くはないですよ。

 

現在新設された駐車場の前には泰日平和寺院と泰面鉄道の線路が一部保存されてます。

f:id:hirobkk:20190418132251j:plain

f:id:hirobkk:20190418132254j:plain

 

下記は15年くらい前に撮った写真ですが駅舎があったはずなんですよね。。

撤去さたんでしょうか。

f:id:hirobkk:20190418132258j:plain


 

そしてもう一か所、ここはタイ人にはあまり興味がないとこですがトシロー君用に。

三宝塔愛育園跡地】

f:id:hirobkk:20190417224528j:plainとある宗教法人の平和活動の一環で支援をされていた寄宿舎です。大戦時に陸軍通訳をされていた永瀬さんも関わっていたと記憶しておりますが、現在調べても一切でてきません。二階にあった看板も外されています。

もう10年以上も前に閉じてしまっていたのであたりまえですが。。。

 

以前仕事で依頼を受けいろいろ調べていた際に訪れたのが10年程前です。

既にこの施設は教師もいなくほぼ若いお坊さんの休憩場所になってました。

f:id:hirobkk:20190417235748j:plain

👇この方は当時知っている限りの事を教えてくださった、敷地内にあるお寺のお坊さんです。

f:id:hirobkk:20190417235744j:plain
f:id:hirobkk:20190417235740j:plain

多い時にはこのお寺に30人くらいの子供たちが居たそうです。ですがこの方が実際知っている時期にはここに住む子はいなく近隣から通ってきていた子だけだったようです。

「この辺りもよくなってきましたので、この施設の役目が終わったんですね」というような事を若いお坊さんが行ってたのが印象的です。

みたところ若いお坊さんでしたが素晴らしい方でした。

本人曰く出家する前はかなり悪い事をしていたと言ってましたが。。。

 観光はこのくらいにして

 

サンクラブリーに戻り昼食!

一度くらいは宿で食べようってことでシャワーついでに戻ります。

庭とバンガロー(旧棟)

f:id:hirobkk:20190418001416j:plain

 

レストラン

f:id:hirobkk:20190418001413j:plain

www.burmese-inn.com

 

Hang Lay/ハンレー , Nam Prick/ナムプリック , Tom Yum/トムヤム

f:id:hirobkk:20190418001409j:plain

サッと済ませます。

前述してますが、やはり味は落ちました。。。

頑張ってるんですけどねえ。。。

 

そしてボートトリップへ!

f:id:hirobkk:20190422181737j:plain

しつこくはないですが、橋やチェディブッダガヤ周辺を歩いているとボートの客引きに声を掛けられます。

คลองซองกาเรีย/ソンガリア川がダム湖に流れ込むモンブリッジの下から出発します。

 

1984年に完成したVajiralongkorn Damによって、この貯水池ができました。旧サンクラブリー地域の一部は貯水池の下に眠ります。。。

 遠くThong Pha Phumの山岳地帯を見ながらボートは進みます。。

f:id:hirobkk:20190422181733j:plain

 

そして最初のお寺が見えてきます。

วัดวังก์วิเวการาม(เก่า)/Wat Wang Wiwekaram

f:id:hirobkk:20190422181730j:plain

そうですここが元のWat Wang Wiwekaram。ダムの登場により寺院は現在の場所に移りました。当時ウッタマ師は寺の敷地を村人(ビルマからのIDP:国際避難民)に分け与え住まわしたそうです。

この先っちょしか残ってませんが、もっと水が少ない時期は上陸できます。

 

そして移動。

因みに自分が初めてここでボートに乗った十数年前は、この黄色シャツの親父さんの奥さんに船を出してもらいました。それからの付き合いなので今回もいろいろサービスしてもらいました。

f:id:hirobkk:20190422181726j:plain

 

วัดศรีสุวรรณ(เก่า)Wat Sri Swan(old)

f:id:hirobkk:20190422181723j:plain

このトリップのメインはここになるでしょう。

タンブンをするメンバー

f:id:hirobkk:20190422181905j:plain

f:id:hirobkk:20190422181913j:plain

f:id:hirobkk:20190422181909j:plain

最近はあまり来ないのでどの程度貯水、放水をしているのかわかりませんが、満水時にはこの寺院は完全に水の中です。

そして次。

ボートで5分移動後上陸。

f:id:hirobkk:20190422181857j:plain

樹林帯に入っていき、道中には参拝グッズ、飲み物が売ってます。

f:id:hirobkk:20190422183021j:plain

f:id:hirobkk:20190422183016j:plain

石段を上がりたどり着いたのは

วัดสมเด็จ (เก่า)/Wat Somdet(old)

f:id:hirobkk:20190422183012j:plain

 

ここも雰囲気の良い森と寺院です。

f:id:hirobkk:20190422183425j:plain

f:id:hirobkk:20190422183421j:plain

f:id:hirobkk:20190423190811j:plain

 

これでボートトリップは終わりです。

10分ほどボートに乗って戻ってきました。

f:id:hirobkk:20190427145431j:plain

f:id:hirobkk:20190427145427j:plain

到着したら先導のおいちゃんの奥さんも出てきてくれてました。

本当にこの奥さんとは15年くらいの付き合いでいつもよくしてくれます。

だからまた来ちゃうんですね。。。遠いけど。

f:id:hirobkk:20190427145419j:plain

そしてみんなで記念撮影!

f:id:hirobkk:20190427145422j:plain

因みに我々が撮影しているところは以前モンブリッジが土石流で崩壊した際に作られた仮設橋の後です。対岸には渡れませんが桟橋代わりに利用されてます。

 

これでサンクラブリートリップは終わりになります。

翌日はカンチャナブリー周辺を寄り道してから帰りました。

このサンクラブリーですが以前は、チョイ秘境扱いされて観光客は多くなくNGOなどの支援などが多かった場所です。しかし自分が初めてきた20年前でもすでにバンコクからのバスは在りましたし、いまでも交通網は変わりませんので秘境というよりは時間がかかるのであまり来る人がいなかったんですね。

以前のバックパッカーにしてもミャンマーに抜けられない場合戻ってこなくてはいけないので、あまり気が向かない場所だったのかもしれません。

 

一時期のフィーバーは去りましたが、それでも週末はタイ人観光客で賑わいます。

 

アクセス

①車 /直行すれば 350km 約6時間

高速道路もなくサイヨークからは山道になります。道路状況は悪くないですが、雨季には稀に道路が閉鎖になります。

 

②バス/Mochit Bus Terminal (バンコク北バスターミナル)-Sangkhlaburi(サンクラブリー)-Chedi Sam Oog(スリーパゴダパス) 約7時間

唯一の直行の交通手段、帰郷シーズンになるとミャンマー人で一杯になります。

その為途中の検問所で結構ひっかかり時間がロスすることもあり。

 

③バス又はロットゥー/ Sai Tai Mai(バンコク南バスターミナル)-Kanchanaburi(カンチャナブリー)-Sangkhlaburi(サンクラブリー) 約3時間+3時間半 ※時間帯によっては途中昼食休憩あり

自分が一人で行くときの手段は基本的にコレ!

あまりロットゥーに乗りたくないですがこれが一番ロスがなく速い!

仕事が早く終われた時はカンチャナブリーに全泊して次の日朝いちばんの車でサンクラブリーに向かいます。

 

④汽車+バス/Thon Buri Station(トンブリー駅)-Nam Tok(ナムトク駅)-Sai Yok Noi(サイヨークノイ)-Sangkhlaburi(サンクラブリー) 約4時間+約3時間

正直行きより帰りに使った方がいいパターンです。サイヨークでロットゥー(乗り合いバン)の空きをゲットするのは至難の業でバスの本数も多くはないためタイミングが合わないのかなり待ちがでます。

 

Sangkhlaburi/สังขละบุรีを歩く-Day2-市内観光編

-Day2- : サンクラブリー周辺観光

 

 

 1日目は到着が遅くなってしまったので、観光は今日から。。。

hirobkk.hatenablog.com

女房以外は初めてなので一通り有名どころの観光と托鉢に連れていきます。

 

サンクラブリー観光の朝は早い!

5時半頃には橋の向こう側にお坊さんが托鉢に来るので、

その前に朝食を済ましてしまいます。

 

まだこんなに暗いんです。。。

f:id:hirobkk:20190406170254j:plain

 

宿をでて橋を渡り対岸へ渡ります。

f:id:hirobkk:20190406170249j:plain

 

【余談】7-8年くらい前になるかと思いますが、突如この橋の端から日本語の歌が聞こえてきたことがあります。その中に日本人の方が一人おられ、どうもこれからサンクラブリーで学校を始めたいので現在準備しているとの事でした。

その後もここを通る度に見かけるようになり、学校ができあがった!認可がとれた!など嬉しそうに報告をしてくれました。

何度か学校へ!と声をかけていただきましたが未だ伺えておりません。。。。

数年前には日本のテレビに出られたとの事で、日本人のボランティアさんなどがよく訪ねてきてましたね。

最後にお会いしたのが3年程前になりますが、とても頑張っている先生でした。

どうしてるんですかね、、、うまい事いってるといいんですが。。。

 

そして橋を渡りきると。。。

f:id:hirobkk:20190406170410j:plain

すでに撮影会が始まってました。

f:id:hirobkk:20190406170405j:plain

 

自分の友人の店で朝食を!と考えてましたが、、、

寝起きであまり食べられそうもなかったので(自分が!)、

「今日は人が多いので場所取りをしなくてはならない、まずは軽くコーヒー、茶で済まそう!」とごまかします。

 

友人の店には挨拶がてら茶とパトンコー頂きます。

f:id:hirobkk:20190407233226j:plain

 

托鉢

すでに通りでは托鉢の準備が進んでおり、

f:id:hirobkk:20190408003208j:plain

我々もスタンバイ!

f:id:hirobkk:20190406170400j:plain

この状態で待つこと30分。。。

 

いらっしゃいました。。。

f:id:hirobkk:20190408003204j:plain

女性陣のとってこの托鉢はサンクラブリーに来る理由の一つです。

トシロー君はせっかくだからと何となく参加、Watは離れて見てるだけ。。。

10分位かけて約15名の僧侶が通過していきました。

 

そして朝食

やるべき事を終えたところで皆、腹が減ったと言い出します。

しかし托鉢後の観光客が、大勢食事に駆け込んでいるのでごった返してます。

f:id:hirobkk:20190408003155j:plain

 

ので!我々は落ち着くまで散歩。。。

f:id:hirobkk:20190408003159j:plain

15分頃うろうろしてから食事に向かいます!

 

ほっ。。これならOK👌

f:id:hirobkk:20190409190408j:plain

ここの家族は20年近い付き合いがあり、自分が旅行業をしていた時などにはかなり助けてもらいました。

もともとはこの店の長女がやっていた土産屋に立ち寄ったのがつきあいのはじまり。。。

当時、長女はチェディブッダガヤでお店をやってました。(今は出産してバンコクにいます)、弟さんはミャンマー国境のスリーパゴダパスで店をやっており、この食堂は彼らのお父さんとお母さんがやってたんですね。現在は弟さんが後を継いで奥さんと娘さんとできりもりしてます。

初めてサンクラブリーに来たときはここにはこなかったのですが、2回目に来た時お姉さんを訪ねるため現在の居場所を聞いた相手がたまたま弟さんだったのです。

「この人に会いたいんだけど。」

弟「!!!これうちの姉さん、今バンコクに居ます。なんで姉さんのこと知ってんの?」

みたいな感じでした。。。

そしてその時ご馳走してもらったのがお母さんがつくる👇でした。

ฮังเล/ハンレー(チキン/ビーフ/ポーク)

f:id:hirobkk:20190407234425j:plain
f:id:hirobkk:20190407234415j:plain
f:id:hirobkk:20190407234402j:plain

ランパーンでも食べましたが、これは旨いです。

hirobkk.hatenablog.com

 ここに来ると朝からこれを必ず食べます。

現在は弟さんが下ごしらえから全て一人でやってます。

一時期両親の体調が悪かった時、自分の店を引き上げハンレー作りの修行に入りました。流石に最初は母の味とはほど遠かったですが、今では彼の作るハンレーもなかなかのもんです。

サンクラブリーに来たらここのハンレーはMust Eat!です。

ただし朝7時位には無くなってしまうのでできれば托鉢前がベスト。

お母さんの時は毎日つくってましたが、今はハンレーは週末のみ。平日はジョークとパトンコーのみ提供。

f:id:hirobkk:20190407234619j:plain

f:id:hirobkk:20190410162752j:plain

 

Mon Bridge/สะพานไม้อุตตมานุสรณ์(ウッタマソーン木造橋)

f:id:hirobkk:20190410174425j:plain

1987年にウッタマ師によって造られました。ミャンマーから移住してきたウッタマ師はWat Wang Wiwekaram(モンの方にはウッタマ寺の方がわかり易い)を建立。橋の反対側に住むモンの人々がお寺に参拝しやすくするように作りました。

自分が行くようになってからアクシデントもあり通算3度のリノベーションが行われました。現在の橋は2014年に修復されてます。

 

こういう所にくるとタイ人女性はこういった事をしたがる。。。

f:id:hirobkk:20190410182754j:plain

 

初めての人は必ず下流を眺める。。

f:id:hirobkk:20190410182800j:plain

 

Watは何もしない。。。

f:id:hirobkk:20190410182804j:plain

 

仏教の行事日、ソンクランになるとこの橋の上はごった返します。

仏教の行事では周辺のお寺から大勢の僧侶がこの橋を渡って托鉢していきます。

その数およそ200名前後だそうです。


それでは一度宿に戻り、車で次の観光地へ!

 

วัดวังก์วิเวการาม / Wat Wang Wiwekaram

f:id:hirobkk:20190410183452j:plain

こちらもビルマから移住してきたウッタマ師が建てたモン寺院。

f:id:hirobkk:20190410183515j:plain

こちらのお堂にはウッタマ師が生前使っていた車(日産だったかな?)が展示されてます。

因みにこのエリアでのソンクランは基本的にモンスタイルで行われます。

この寺の僧坊にモン衣装を着飾った人々が集まり、お坊さんやお爺さんおばあさんに食事をふるまいます。

一度だけ行ったことがありますが、僧坊に集まっていく様は色とりどりの衣装を着飾った人々は行き交い衣装を見てるだけで楽しめます。

現在のタイのほとんどが水掛け合うだけで終わってしまうソンクランですが、ここではとても興味深いソンクランがみれます。

 

👇2012年のソンクラン

周辺地区から約200名の僧侶が托鉢に来ます。それぞれの寺から出発しモンブリッジを一斉に渡る景色は壮観!

f:id:hirobkk:20190417002932j:plain
f:id:hirobkk:20190417002928j:plain

 

自宅で用意した料理を主に女性が寺へ運びます。

この僧坊で僧侶とそれぞれの家族の年長者に食事をふるまいます。

f:id:hirobkk:20190417002924j:plain
f:id:hirobkk:20190417002919j:plain
f:id:hirobkk:20190417002914j:plain


chedi buddhakhaya/เจดีย์พุทธคยา

f:id:hirobkk:20190417004530j:plain
f:id:hirobkk:20190417004527j:plain

ここも市内の観光地ですが特に興味をひかれるものはないですね。。。


この他にもモン市場、Mon National culture center(ほぼ管理してなかったので今はクローズしてるかも。。)などありますが、この地の魅力は独特の雰囲気と文化を楽しむことにあると思います。

 

長く通っているところなせいで思い入れが強くなってしまっております。

そのためなかなか先に進みませんね。。。

次回は郊外観光とボートトリップ!

Sangkhlaburi/สังขละบุรีを歩く-Day1-

-Day1- : Salaya⇒Kanchanaburi⇒Sai Yok Noi⇒Sangkhlaburi

今日は本格移動。

途中有名な観光名所を通過していきますが、久しぶりだったり初めてのメンバーがいるので適当に寄っていきます。

hirobkk.hatenablog.com

☝朝食をとったあと後、距離120kmひたすらカンチャナブリーに向けて走ります。

ここでWatの運転なんですが、あいかわらず安心できます。

タイのドライバーはまず自分優先主義が多く、車間距離を十分とらず、すっとばす方が多いですが、Watはどれにもあてはまりません。

しいていえば渋滞時に「スペシャルコース!」などどいって迂回しているつもりもドツボにはまってしまうことがあります。

 

そして最初の中継地。

【War Cemetery/連合軍共同墓地】

f:id:hirobkk:20190404150921j:plain

ここで約30分/入場無料 開放時間08:30-18:00

カンチャナブリーには仕事も含めて数十回立ち寄ってますが、墓地に立ち入るのは2回目。悪名高い泰面鉄道建設時に命を落とした連合軍兵士6,982名が埋葬されています。墓石をみると主にイギリス、オーストラリア、オランダの兵士が多いです。

今回は寄りませんでしたが、隣にはThailand-Burma Railway Centre/泰緬鉄道博物館があり、こちらもなかなか興味深いので時間に余裕があれば行くべき場所です。

この共同墓地もツアーでは必ず入ってくる場所で通常日本向けですと30分程度なんですが、欧米のツアーですと1時間位滞在するツアーがあります。

我々ですが、タイ人組は綺麗な芝などをバックに写真を撮りまくっており

ましたが、意外にもトシロー君はじっくり見て回ってました。

30分位したところでスコールが始まってので車に乗り込みます。

 

そして走ること10分。。。

 

カンチャナブリー観光のメインである

【The Bridge Over River Kwai/クウェー川鉄橋】

f:id:hirobkk:20190404160236j:plain
f:id:hirobkk:20190404160241j:plain

言わずと知れた超有名観光地!映画「戦場に架ける橋」の舞台です。

しかしまだ先が長いのと小雨が降ってるので、ここはさらっと。。

帰りに余裕があれば再度寄ることにします。

Pi Eahは5年位前に自分のツーリング(Salayaから汽車で輪行しSai Yok Noi、Sai Yok Noiから自分は自転車でカンチャナブリー、女房とPi Eahはロットゥーで)に付き合ってここには来ています。

 

ここから約60km

【Sai Yok Noi Waterfall/サイヨーク・ノイ滝】

ほぼ真っすぐ道もガラガラなのでWatの運転でも1時間かかりませんでした。

f:id:hirobkk:20190404164910j:plain
f:id:hirobkk:20190404164915j:plain

f:id:hirobkk:20190404164918j:plain

丁度、バンコクへ戻る汽車が止まってました。

土日祝日は1日1往復ここまで汽車が来ます。平日は1つ手前のナムトック駅までで、始発もフアランポーン駅ではなくトンブリ―駅始発になります。

 

水量はまずまずですが水が濁ってますね。
ここで簡単に昼食を食べサクッと出発。

予定より遅くなってしまったので、ここから先の観光はすっとばして直行です。

 

さらに150km走り、

18:00 ようやく到着します。今回の目的地、

【Sangkhlaburi/サンクラブリー

f:id:hirobkk:20190404174800j:plain

まずは部屋に入ります。

今回の泊りは👇

Burmese-Inn

www.burmese-inn.com

ここも約20年の付き合いです。

サンクラブリーでここにしか泊まったことありません。(仕事は別)

数年前に一部リノベーション、HP作ったりしましたが、やってることはあまり変わりませんね。ここ10年で強烈に観光客が増えたのですハイシーズンにはそこそこはやりますが、その分宿泊施設も増えました。

ただ残念なのが料理を作る人が変わってしまった事です。

妹分みたいな付き合いで仲良くしていた子が再婚してサンクラブリーを出て行ってしまったのです。彼女の作る料理が好きだったのでとても残念。。。ちなみに自分が初めて来たときサンクラブリーワインの適当な紹介をしてくれたのも彼女。

当時オーナーはカンチャナブリーで子育てがありめったにここまで来ませんでしたが、娘さんが自立したのを機に基本的にはサンクラブリーに常駐するようになりました。

因みに娘さんは大学で日本語を専攻し現在は日系企業で働いてます。

今回はひとりではないのでオーナーとの話をそこそこに暗くなり始めたモンブリッジへ!

 

暗い。。。皆を説得して観光は明日にしましょう。。。

f:id:hirobkk:20190404175834j:plain

 

夕食

サンクラブリー中心の市場まででます。

 

みんな腹が減っているので、まず軽く食べれるものを食べながら何を食べるか相談します。

ร้านยาใจ/Ran Ya Jai

หมูจุ่มพม่า/Dipped pork Myammer Styleを出す店。

日本語でなんでしょう?

豚肉つけつけミャンマー風みたいな感じ?

サンクラブリーで最初に始めたみたいな宣伝も記載してますね。

f:id:hirobkk:20190404180642j:plain

f:id:hirobkk:20190404180657j:plain
f:id:hirobkk:20190404180706j:plain

串肉の入ったグツグツのボールに底から直接ガスバーナーで加熱してます。なかなかワイルドですが、カバーも何にもされてないので座る時は注意。

普通ですが、軽く食べるには丁度いいです。

ยำสปาเก็ตตี้พม่า/ミャンマー風スパゲッティサラダ

f:id:hirobkk:20190404180703j:plain

メニューを見て気になったので注文。これも普通。

次に行く店を決めร้านยาใจをでます。

 

そして来たのは結局ここ

ร้านอาหารศรีแดง/Sri Daeng Restaurant

f:id:hirobkk:20190404180722j:plain

結局というのは、いつも迷うとここに連れてくるからです。

一人で来ることはまずありませんが、友人(特に外国の)を連れてくるときはここになってしまいます。

無難なんですよね。。。

味もまずまず。

しかも今回のメンバーは何でも食べますし、ノーコンプレーンメンバーなんです。しいていえば女房とトシロー君は辛さ控えめ希望。

特別な料理も食べてませんがとにかくメインは明日です!

 

それではおやすみなさい。。。

Day2は周辺観光!