読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Garhwal~ガルワール~ชีวิตสะดวกสบาย

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

ソンクラン休暇 トラート:ตราดへ!  -Day 3 Ban Nam Chiao:บัานน้ำเชี่ยว⇒ Koh Kood:เกาะกูด(クッド島) - 10APR'17

Nam Chiao最終日、日の出前です、静かな朝で水面に波一つたっていません。

今日はNam Chiaoを出てKoh Koodへ向かいます。

f:id:hirobkk:20170516001028j:plain

 

日が昇り川沿いが忙しくなります。

このあんちゃんは沖に出て網を引き揚げにいきます。さすが漁師、いい体つきしてますね。

f:id:hirobkk:20170516001043j:plain

 

我々は朝食後、自転車に乗って周辺を周ります。

f:id:hirobkk:20170516001116j:plain

 

まず最初に寄ったのは"Ngop Nam Chiao:งอบน้ำเชี่ยว(ンゴップナムチアオ)"工房。

ヤシの葉を編みこんで造りますが、たずねていったとき本来の作り手のおばあさんが政府の集まりり呼ばれて留守にしてました。変わりに対応してくれたおばさん(娘さんらしいです)は、最初の編みこむとこが好きじゃない(苦手?)、、、と言いながらも説明しながらこさえてくれました。

f:id:hirobkk:20170516001144j:plain

この手順に入るとおばちゃんの腕が鳴りはじめます。

急に手際がよくなり高速でこさえていきます。

f:id:hirobkk:20170516001149j:plain

 

やはり地元の子です、2人とも何度も造ったことがあり説明いらずでこさえていきます。

f:id:hirobkk:20170516001155j:plain

 

編みこんだ後天日干しにするとこうなります。

ヤシの葉の100%で日よけの他、防水効果もあります。

f:id:hirobkk:20170516001203j:plain

 

滞在約1時間で体験終了。再び自転車で移動!

f:id:hirobkk:20170516001208j:plain

 

次はココ "Rice Cracker:ข้าวเกรียบยาหน้า(カーウケリアッブヤーナー)" 体験

薄焼きせんべいにトッピングを乗せたようなお菓子です。

まずは薄焼きせんべいを作りますがこれがなかなか上手くいかない!(上手くいくいかないは作り手によります)

店のおばちゃんは笑っとるのでやはり下手なんでしょう。。。

f:id:hirobkk:20170516001228j:plain

 

Maaは食べるだけ得意なのかと思ったら上手く作ってますね。

下のツボの中は熱湯が入っており、上にかぶせた布の上でさっと焼き蒸し?ます。

f:id:hirobkk:20170516001235j:plain

 

できたら並べて天日干しに。

f:id:hirobkk:20170516001241j:plain

 

干したものにトッピングをして食べます。

タイのどこでも目にするお菓子ですが、ここではココナッツの実にกะปิ(ガピ/海老みそ)を入れて煮詰めたものを乗せて食べます、どこもこんな感じで食べてるような気がするがกะปิ(ガピ)がNam Chiao スペシャルなようです。

f:id:hirobkk:20170516001251j:plain

 

ホームステイに戻ると早い昼食(11時ころ)ができてました。

全く腹が減って居なかったけど旨そうなんでいけるとこまで食べます。

f:id:hirobkk:20170516001307j:plain

 

ปลาอินทรีย์(プラー・インシー / サワラ?)

とてもシンプルです。丸ごと干した魚を輪切りにして揚げただけ。旨いです!!

f:id:hirobkk:20170516001314j:plain

 

ผัดวุ้นเส้นกุ้ง(パッドウンセングン/エビ入り焼き春雨)

これはサイコーに旨い!!!

f:id:hirobkk:20170516001323j:plain

 

さて12時にバスターミナルにいかなくてはならないためそろそろ出発します(11:30)

2晩お世話になりました。

自分たちはリビングにマットを引いて寝かせてもらいました。

因みに家族は各々個室あり。

f:id:hirobkk:20170516001354j:plain

f:id:hirobkk:20170516001358j:plain

 

家の猫"Lucky"

f:id:hirobkk:20170516001403j:plain

 

ちょい気難しかったねえ。

f:id:hirobkk:20170516001412j:plain

 

女房の絵も完成したので。。。

f:id:hirobkk:20170516001418j:plain

 

お母さんにプレゼントしていきます。

部落の集会所(オープンエア)に飾るそうですよ。

f:id:hirobkk:20170516001428j:plain

 

名残惜しいですが、ボートに間に合わないので出発します。

まずはソンテオでトラート市内のバスターミナルまで行きますが、なぜか皆乗り込んできます(父、母、長女、次女/mai、Maa / lucky はお留守番)。どうもバスターミナルまで見送ってくれるのかな?

と思ったら車内の振りからして買い出しっぽい。。。恐らくゲストの送迎時に合わせて毎回出てくるんでしょうね。

バスターミナルで別れましたが、とにかく気持ちのいい家族でしたね。

ただし食事が多くて食べきれん。。お母さんに次回食事抜きでできない?って聞いたんですが、このホームステイは部落のコミュニティ全体でパッケージを組んでいるそうで、もしお母さんが食事抜きでこのプランを組んだ場合大変な問題になるそうです。(食事を作ってくれるおばちゃんを省くことになります)みんなが暮らしていけるようにやっていこうってことですね。

これからクッド島に移動です。

とにかく移動が疲れた。。。見えてたのよ、初日に貝を採りに行ってた海から。。。でも遠い。。。

移動

Nam Chiao 11:30-(ソンテオ)-11:50 Trat 12:00-(ソンテオ/料金はボート代に含む)-+12:40 Laem Sok 13:00-(高速ボートTHB350p.p)-14:30 Koh Kood (Ao Salad Pier)15:00 -(またソンテオ/ボート代込み)15:30 Hrizon Resort(Ao Ngam Koh)
もうくたくたです。

 

今回はAGODAで予約した"HORIZON RESORT" に泊まりました。

http://www.horizonresortkohkood.com

オーナーはフランス人

スタッフはカンボジア人(英語、タイ語ok)でチェックインも彼らが対応してくれましたが、彼らサイコーです。

まず一通り説明が終わると「このリゾートには問題がいっぱいあります、スタッフはミスもします、だけど何かあったら必ず行ってください。できることをすぐやります」と言っていました。

とにかく疲れたけどちょっと泳いでシャワー浴びて飯食って寝ました。

f:id:hirobkk:20170516001435j:plain

ソンクラン休暇 トラート:ตราดへ!  -Day 2 Ban Nam Chiao:บัานน้ำเชี่ยว- 9APR'17

Nam Chiao 滞在2日目、昨晩はさっさと寝てしまい朝まで熟睡でした。

 

早朝(6時ころ),川沿いを散歩していると,川下から爆音と共にボートが上がってきます.

f:id:hirobkk:20170511230459j:plain

 

ファインダー越しに見ると,かなりアウトロー(見た目)な親父さんが調子の悪そうなエンジンボートでとばしてました。

親父さんはこっちを確認すると「よお!」とあいさつしていきます(目で).

朝からいきなり渋い人に会ってしまった。

f:id:hirobkk:20170511230508j:plain

 

とにかく川沿いは燕が多いです.

朝晩はものすごい数.

f:id:hirobkk:20170511230511j:plain

 

朝食後,周辺を歩きます.

この辺はこんな感じのそこまで古くない木造家屋が多いです。

f:id:hirobkk:20170511230519j:plain

 

この部落は皆さんムスリムなのでモスクは2箇所. すでに朝の礼拝は終わりひっそりとしてますね。画像は"AL KUBRA MOSQUE /มัสยิดอัลกุบรอ"

f:id:hirobkk:20170511230525j:plain

 

朝食後は部落の突き当りからはじまるマングローブへ!

マングローブ林の中は海からながれてきたり、住民が捨てたと思われるゴミがところどころ落ちてます。

 このマングローブには住民が作った木道が掛けられており,役場はまだ関与する気配はないので,まずは自分たちで開拓し訪問者を増やしたいそうです。ゴミの件にしてもこれからですね。。

 マングローブの中は猿が木から川に飛び込んだとこなど,なかなか見所あります.

f:id:hirobkk:20170511230528j:plain

 

散歩から帰ると朝食が用意されてました。

イカとエビがメインですね。とにかく量が多い!!!残ったときはホストファミリーが食べるので無駄にはならないですけど。。

f:id:hirobkk:20170511230539j:plain

 

食事が終わったらトラックに乗ってブラックサンドビーチに行きます。

同行はマイちゃんとマー(家の近所の小学6年生)

車で30分でマングローブの入り口に、そこからマングローブ内の木道を20分歩くとブラックサンドビーチに着きます。

写真のように砂の中に足を入れてじっとしてます。(砂むし風呂の足だけバージョン)

f:id:hirobkk:20170511230553j:plain

f:id:hirobkk:20170511230559j:plain

 

疲れて寝ているマー

f:id:hirobkk:20170511230610j:plain

 

延々と続く広大なマングローブ!f:id:hirobkk:20170511230612j:plain

 

何の貝ですかねえ?

f:id:hirobkk:20170511230545j:plain

 

トビハゼ/ปลาตีน(プラーティン)

f:id:hirobkk:20170511230632j:plain

 

Nam chiaoに戻って来ました.

橋の下で元気に店を開くオバチャンに声をかけられマイちゃんとアイスクリームサンドを食べます.。おばちゃんおススメはマレーシアティーのアイス。アイスは旨いんですけどね。。。パンがパサパサで。。。

f:id:hirobkk:20170511230641j:plain

 

ホームステイに戻ってからは女房が絵をプレゼントしていきたいってんで自由時間。

自分は昼寝、女房は絵を描いて、マイちゃんはそれを見学。(マイちゃんはすごく絵に興味があるそうで一人でもしょっちゅう絵を描いてるようです)

f:id:hirobkk:20170511230701j:plain

 

夕方、涼しくなったところで散歩にでます。

モスクからアザーンが聞こえてきてモスクに手漕ぎの船で向かうおじいさん。

f:id:hirobkk:20170511230705j:plain

 

この時間周辺は、ツバメの鳴き声とモスクから聞こえるサラ―トの声だけになります。

f:id:hirobkk:20170511231128j:plain

f:id:hirobkk:20170511230718j:plain

 

夕食、またしても海老とイカのメインコース

f:id:hirobkk:20170511230727j:plain

 

翌日の予定はサイクリングだそうです。

 

ハーブティーの話

女房が庭に花がたくさん咲いたのでハーブティーを作ると言い出しました。

 

うちの庭に咲いているอัญชัน(アンチャン)/Buttefly Pea/蝶豆(チョウマメ)の花と

ใบเตย(バイトゥーイ)/Pandanus amaryllifolius/ニオイタコノキを使います.

 

f:id:hirobkk:20170507193532j:plain

 

อัญชัน(アンチャン)

f:id:hirobkk:20170507193538j:plain

 

ใบเตย(バイトゥーイ)

f:id:hirobkk:20170507193550j:plain

 

アンチャンは摘んだ後余計な部分を契ります.

f:id:hirobkk:20170507193555j:plain

f:id:hirobkk:20170507193602j:plain

 

沸騰したお湯でどちらも20分位湯がくだけ.

うっすら色が出てきたら火を止めて冷まします.

f:id:hirobkk:20170507193609j:plain

 

バイトゥーイはコンパクトにしばって入れます(理由はわからん)

f:id:hirobkk:20170507193544j:plain

 

バイトゥーイティー

独特の香りがしてさっぱりしてます。

バイトゥーイはお菓子や料理によく使いますね

動脈硬化予防なんかがあるみたいです。

f:id:hirobkk:20170507193614j:plain

 

アンチャンティー

こちらは香りがほとんどなく彩りがきれいです。

本来はマナーオを絞って(クエン酸が作用して濃い紫色に変色します)、蜂蜜等で甘くして飲むこと(ホテルのウェルカムドリンクやお寺などでのめます)が多いですがうちはそのまま冷やして飲みます(マナーオがカピカピになって使えなくなっていたため。。。)

アンチャンにはアントシアニンという色素が入っており目の疲労を和らげる効果があります。

f:id:hirobkk:20170507193627j:plain

 

Leona(1才)

f:id:hirobkk:20170507193622j:plain

Baahubali 2: the conclusion at BKK

 

5月3日 19:00

行ってきました。

予定通りインドの公開日と同じ4月28日にタイでも公開されました。

すでにインドやアメリカの状況は確認していたのですがとんでもないヒットになってます。

パート1(こちらもスーパーヒット)と完全にストーリーがつながっているので当然ですが。。。

f:id:hirobkk:20170504230010j:plain

言語はHindiバージョンでした。

ちょっと何人かはアテレコが気になるレベルでしたねえ。できればTeluguバージョンでみたかった。どちらにせよ英語字幕に頼ることになりますので。。

ヒンディー語の理解力が乏しいのであらすじ等は書きません。

 

感想は

まずAnushka Shettyがとにかく美しかった。Bollywood女優じゃないのであまりよく知らなかったのですが、演技もうまいしいいですねえ。

f:id:hirobkk:20170504232729p:plain

パート1でメインヒロインだったTamannaahはほぼ出番なし。回想シーンでは一切出てこないのでしかたないですがもっとみたかった。。

 

ストーリーはパート1の続きなので(先月1度見直しておきました)すぐに入っていけました。Kattappa(Sathyaraj)の語る回想シーン(Baahubaliが死ぬまで)は完璧です。各俳優陣の演技も最高!

現在のシーンに戻ってからはまずPrabhasの演技がBaahubaliからShivuduになり急に質が落ちたように感じました。Baahubaliの演技がそれだけよかったです。

とにかくガクッときたのが最後の戦闘シーン

特にBhallala Deva(Rana Daggubati)Devasane(Anushka Shetty)を先端に刃のついたプロペラがあるおかしな車で取り返しに行くところ。いくら悪役の乗り物とはいえもうちょい恰好つけてほしかった。

タイに入ってきたバージョンは編集カットが多かったのかな?

特に終盤はおかしなつなぎがありました。

 

いろいろツッコミどころはありますが、総合的(パート1と2)には満足です。

女房は自分と知り合ってからインド映画を見はじめて、通算50本くらいは見てると思います。女房の評価では今までのベストだそうです。

 

音楽ですが

パート1にはかないません(個人的にパート1は非常に評価がたかい)

しいて言えば"Hamsa Naava"は映像も美しくよかったかな


Hamsa naava|Song Promo teaser|Bahubali 2|Prabhas|Anushka|Thamanna|Mashupmalayalam

 

いつも思うことですがやはりインド映画はインドで見るべきですね(特にこのような映画は)。 今回も自分たち以外はインド人しかいなかったように見えましたがインドでみていたようにはいきませんね。。

 

次回はSarkar 3 のようですが、恐らく飛ばします。実はSarkar(2005),Sarkar Raj(2008)どちらもみてません。

 

 追記:5/26現在

 インドだけで486Crまで売上ました。長い事インド映画をみてますがこの数字はすごいですね。

最近で思い当たるのはGhajini(2008)

公開から一週間チケットが手に入らず見れたのは2週目!インド人の友人が劇場に直接買いに行っていろいろテクニックを駆使してようやく手に入れてました。その時友人は「こんなことは Kabhi Khushi Kabhie Gham...(2000)以来」だと言ってました。

自分が見た田舎(rishikesh/リシケシュ)の映画館でこれですから都会はすごい騒ぎだと思いました。

 Baahubali2もこのままいくと500Crを超えます。

やはりこういった映画はインドで観ないといかんですよね。。。

 

 

 

ソンクラン休暇 トラート:ตราดへ!  -Day 1 Ban Nam Chiao:บัานน้ำเชี่ยว- 8APR'17

 

今年のソンクラン休暇は以前から気になっていたがなかなか行けなかったタイ東部(バンコクから約300Km)のトラートへ行ってきました。合計6日間家を空けるので家の猫(Leona 1才)はバイクタクシーのドライバーで猫好きのピーバオ(バオ兄貴)にお願いしていきます。

f:id:hirobkk:20170428234816j:plain

ので留守番。すまんLeona...

 

朝5時に自宅を出発してまずはエカマイバスターミナルに行きます。

バスのチケットは事前に購入済でしたのでとてもスムーズに乗車できました。

チャンタブリーで一回休憩があり約5時間半でトラートのバスターミナルに到着。

トラートからはソンテオ(乗り合いトラック)に乗って20分でBan Nam Chiaoに。ソンテオを降りてからホームステイに電話をして迎えに来てもらいます。

 

そう!今回は2泊3日すべて食事込み、現地(Ban Nam Chiao)での活動費込みでイスラムコミュニティにホームステイをします。

 

問い合わせ時にのんびりしたいので2泊したいと伝えると「2泊する人はほとんどいない!活動も1泊で済む内容なので同じこと2回してもいい」との事。

我々としてはどうでもいいのでとにかく来ました。

 

5分ほど待つとホストファミリーの親父さんが迎えに来てくれ、歩いて案内がてら家まで一緒に行きました。荷物はボートで運んでくれます。

 

早速親父さんが「まだ早いからマングローブ見て、船で海にでる?」

明日の天気もわからないので(このときは曇り)行くことにしました。

ホームステイに荷物を置いて船に乗り込みます。

f:id:hirobkk:20170423162550j:plain

活動① 船で海に出る→หอยปากเป็ด(Lamp Shell)を採る→マングローブで植樹

付き添いはホストファミリーの次女のMaiちゃん(13才)。

移動中、緊張しながらいろいろ周辺の説明をしてくれます。

 

f:id:hirobkk:20170423170443j:plain

漁師。奥に見えるのはチャーン島:เกาะช้าง

 

f:id:hirobkk:20170429003612j:plain

f:id:hirobkk:20170429003355j:plain

 船頭さんとMaiちゃんとでホイパクペット:Lamp Shell(タイ語の意味だとアヒルの口のような貝)を採ります。水深は1.3mくらいで底は泥土。

泥土の中ににいる貝を自分は足でつかみましたが、船頭さんとMaiちゃんは目をつむって潜ってた。船頭さんは一回潜って20匹位採ってくる。流石プロ!

 

f:id:hirobkk:20170424111443j:plain

植樹

 

f:id:hirobkk:20170424114506j:plain

その後はゆっくり川をのぼって戻ります。途中、猿が木から水に飛び込むとこや鳶がみれました。

f:id:hirobkk:20170424114512j:plain

地元の人は"イーグル"と言ってましたが、ちょっと調べると白頭鳶(鷹の仲間)みたいです。

 

 ホームステイに戻ってからはシャワーをあびて(服はお母さんが洗ってくれました。)周辺を散歩。

長時間の移動で疲れていたのと小雨が降っていたので周辺を30分位歩いて帰りました。

f:id:hirobkk:20170428235204j:plain

戻ると既に食事が用意されてましたが、外で食べると2人で700-800バーツはしそうな内容です。メインはスズキ?の丸揚げ(ปลากะพงทอด:プラーガポントート)

このコミュニティで受けるホームステイには宿泊、活動、食事がすべて含まれてますがどれも省くことができません。

夜は疲労もありさっさと就寝...

翌日はトラックに乗って"Laem Ngop:レーンンゴップ"を周ります。

 

 

Baahubali 2: The Conclusion

インド映画史上空前のスーパーヒットを記録した前作 Baahubali: The Beginning

f:id:hirobkk:20170418181727j:plain

いろいろ調べていたら今月日本で公開されているみたいですね。。。

自分は既にバンコクで鑑賞(テルグ語/タイ、英語字幕なのでなんとか解ります)してました。テルグ映画はあまり見たことがないのですが、音楽/映像が素晴らしくパート2を待ち望んでました。

 

この2曲は秀逸


Dhivara Full Video Song || Baahubali (Telugu) || Prabhas, Tamannaah, Rana, Anushka || Bahubali

 


Manohari - Full Video | Baahubali - The Beginning | Prabhas & Rana | Divya Kumar & Neeti Mohan

 

公開日(28APR'2017)はすでにKaran Joharがアナウンスしてましたが、バンコクで上映されるか?が問題!

今月上旬にThai Major Cineplexのオフィシャルページで(28APR)公開でアナウンスが出てましたが現在は消えてます。。。

 

本来はBollywood映画専門ですがこれを観ないわけにはいきません、なんとかThai Majorには頑張ってもらいたい!

 

f:id:hirobkk:20170418183724j:plain

Songkhrang day'2017

f:id:hirobkk:20170415021331j:plain

ソンクランが始まってます。

水かけ祭りで有名ですが、本来は水を掛け合って騒ぎあうものではないそうです。

今年はプミポン前国王の崩御がありましたので控えめです。

通常バンコクは3日間なのですが、2日間になります。

 

家は毎年嫁父を訪ね本来の儀式をします。

一年の問題ごとを洗い流す意味で仏像に水をかけお祈りします。

その際嫁父より今年も一年体を大事になどの言葉をもらうのですが、一年の中で一番嫁父との会話が多い日です。

ので、自分にとっても大事にしなければならない日ですよね。。。

 

f:id:hirobkk:20170415023332j:plain

今年はほぼ水に濡れることはなく帰れるところでしたが、嫁父の家から帰る途中のバスに水の大バケツ〔氷入り!!〕

水場を通るたびに停車するので乗客はみなずぶ濡れ。。。

この経験ははじめて。

 

明日は自宅でソンクランパーティ兼、従妹ダンナの誕生会!

酒を飲まん集まりなのよね。。