Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

住環境を整える! ④ジューサーを買う!-TEFAL INFINY PRESS ZC255-

サイアムパラゴンにてTEFALのジューサーを購入しました。

 

我が家は毎年正月に家財道具を買い足します。

昨年はコチラ👇

hirobkk.hatenablog.com

 一昨年はランパーンでセラミックを買いまくり。

hirobkk.hatenablog.com

 

この1年の間年末に何を買うか候補はいろいろありましたが、

一番の候補に挙げていたのは【ベッドマット】 

 枕を購入したときに同じ【Bedgear】のマットに目を付けてました。

hirobkk.hatenablog.com

 

 事前調査により自分達が欲しいタイプの【M3】が驚異の14万バーツ超えをしていたのでこれは何か特別な事(拾うとか当たるとか。。。)があった時に買うことに。。

bedgear.co.th

 

そこで第二希望のジューサーへはしります。

こちらも事前に2,3店舗でプロの話を聞きどういったものがいいのか検討してました。

当初狙っていたのはPHILIPSのこれ👇

f:id:hirobkk:20200108181428j:plain

プロ曰くこの商品は通常のフレッシュジュースといくらか果物や野菜の繊維を取り入れたジュースの2種類ができるとの事。。。

ただ本体、使用後洗浄するパーツが大きいのでどうなんですかね。。

 

ボディがステンレスのタイプ(THB 7,500)とプラスティックのタイプ(THB 5,500)がありましたが、どちらも在庫なし。。。年末セールで一気に売れてしまった人気商品だそうです。

*我々が行ったのは12/31なので少し遅かったようです。

f:id:hirobkk:20200108181423j:plain

こちらはステンレスタイプ

 

【Verasu】

台湾のメーカーで最近各電気店でもVerasuコーナーを設けるようになりました。

f:id:hirobkk:20200108181434j:plain

ただちょっと周りと比べてコストパフォーマンスが高いように感じましたのでパス。。。

 

BOSCHf:id:hirobkk:20200108181440j:plain

ドイツの自動車部品、電動工具メーカー

バイクのプラグや電動ドリルでお世話になってましたが、こんなもんまで作っていたとは。。。

確かにものは良さそうでしたが、価格がTHB 10,000超えちゃってるんで予算オーバー。。。

 

他にもパナソニック、ケンウッドとありましたが今ひとつ。。。パナソニックはあまりこの分野に力を入れていないのでしょうか?他のブランドと比べてrpm=回転毎分*1分間で何回転するかを表す数値* が速いそうです。。。その分安いんですが。。。(THB 4,000-5,000)

ジューサーではこのrpmが重要なようで、rpmが低い(ゆっくり回転する)ほどきめ細かく美味しいのです。

 

ケンウッドは流石に音響製品のイメージが強く、、なんとなく拒否。

 

そして行き着いてしまったのが、

【TEFAL】

自分はアンチTEFALなんですが、いろいろ話を聞いていくとここにたどり着いてしまいました。

ここでの選択肢は3機種。

f:id:hirobkk:20200113152011j:plain

赤:型落ち

黄:最新上位モデル

緑:最新下位モデル

横の眼鏡のあんちゃんは、よくいるそこそこ詳しい調子のいい店員。

まずいきなりこれを見てくれ!と動画を再生!

3分ほどの動画が終わり、「なかなかいいだろう?」と自慢げに聞いてきますが、この動画では全く凄さが伝わってきませんでした。

ここにたどり着くまでにrpmの数値など重要なチェック項目を覚えてきている我々にはこの程度で購入意欲を沸かせることはできません。

そこでいろいろ質問。顔のせいかわかりませんがいちいち説明が嘘くさいんですよね。。質問にノータイムで答えているところから知識は十分!口も旨いんですが。。。

いろいろまとめた結果

赤:実際回転する、樹脂+ステンレスでできている部分が一番上部。rpmが一番低い。60rpm / THB 6,000

黄:最新機種、デジタル表記、スムージーが作れる。80rpm / THB 7,000

緑:最新機種、安い。82rpm / THB 4,500

今更安さ1番!とはならないので早々に緑は脱落。。。

赤と黄で悩みます。。。

問題はスムージーを作るかどうか?という部分。。

しかしスムージーならば今使っている旧式のミキサーで対応できそう!またこの20rpmの差は意外と大きいのでは?と考え赤に考えがよります。

 

この間、店員のアンチャンのセールストークの変化がとにかく面白い!

女房が黄に動けば黄色押し、赤に動けば「こいつは丈夫!未だかつて壊れたことがない!」、しまいにはおもちゃっぽいのでやめようと話すと、当初あまり丈夫じゃないと控えめに説明していたものが「そう!やめといた方がいい!これは壊れる!」地獄の底まで落とします。

f:id:hirobkk:20200108181455j:plain

 

結論

赤の【TEFAL INFINY PRESS ZC255】に決定!

最終確認とし女房は「本当にTEFALでいいのか?」と心配(女房はアンチTEFALではないです。)してましたが、このころには自分はこのアンチャンを気に入っており彼から買うことを考えてたので問題なし。

一通り説明を受け⇒支払いをし帰宅。

f:id:hirobkk:20200108181506j:plain

 

置き場はひとまず食卓となる長机、いつもLEONAが外を眺める時に居座る場所

f:id:hirobkk:20200108181512j:plain

 

見知らぬ輩に場所を奪われますが、さらにベストなポジションを確保。

f:id:hirobkk:20200108181559j:plain

 

実食

栄えある一発目はキロTHB 35の激安ミカン。

f:id:hirobkk:20200108181517j:plain
f:id:hirobkk:20200108181524j:plain

 

こんな感じで繊維とジュースが分かれて出てきます。

f:id:hirobkk:20200108181547j:plain
f:id:hirobkk:20200108181542j:plain

f:id:hirobkk:20200108181531j:plain



ん~実にみずみずしい!

f:id:hirobkk:20200108181547j:plain

 

味の方ですが。。。

ん!?

なんかイマイチ飲みきれない。。。

これは生ジュースなので当然ですが、元の素材が不味けりゃ当然不味いわけです。

ちょっとキロTHB 35は落としすぎたのかな?

f:id:hirobkk:20200108181553j:plain

 

翌日2回目

昨日の失敗を糧にグリーンアップル!

3個でTHB 50くらいしました。

f:id:hirobkk:20200108181609j:plain

 

きましたね最高です!

ここでようやく買ってよかった!と思えます。

f:id:hirobkk:20200108181614j:plain

f:id:hirobkk:20200108181619j:plain

 

そして、使用10日ほど経ちました。。。

人参等を取り入れMIXジュースを日々飲んでます。やはり外のフレッシュジュース屋で飲むよりうまいです。これは恐らくrpm(回転毎分数)によるものでしょう。外の店はスピードも命なのでガンガン回ってます。

見た目にも明らかにウチのTEFALの方が遅い。

 

難点は洗浄が厄介です。。EASY CLEARNNINGなんてうたってますが繊維がなかなか落ちん。

 

それでも、やはり買ってよかった!と思える品ですね。

www.tefal.co.th

 

そして最後に、、、。

女房がアンチャンの話を聞いている間、チョロっと一人でマットレスを見てたのですが、この【SYNDA】なるマットが素晴らしい寝心地であることが発覚!

マットの25%にジェルを使っており適度な柔らかさと弾力を与えてくれます。

KING(6f)サイズで約THB 80,000-100,000

今は手が届かないが遠からずといった金額、来年の正月の候補として頭の片隅に入れておきます。

f:id:hirobkk:20200108181500j:plain

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

市場を歩く-ตลาดศาลายา/Salaya Market-

-サラヤ市場-

自宅よりバスまたはソンテオで約10分

国鉄SALAYA駅から徒歩5分の立地

周辺にはマンモス校 " Mahidol University "

 

この市場、規模はそう大きくないですが、食材は一通りそろいます。

名物みたいなもんは特になく、しいて言えばバナナ揚げココナッツ菓子でしょうか・・・

毎週水、土、日曜には遠方の売り子さんもやってきてやや巨大化しますが、そのほかの日はおとなしいもんです。

自宅からバスでちょっとなんですが、もっと近場の路上市場なんかで用を済ましてしまうのであまり来ないんですね。

先日、あまり肉を食べない女房がステーキ(ポーク)を食べたいというので豚肉を買うといった口実でやってきました。

 

午前中外出していた女房(午前中は仕事)と市場で待ち合わせをします。

f:id:hirobkk:20191208231833j:plain

バスに揺られて10分、、、やってきましたサラヤ市場

 

 地図を見てわかりますが、サラヤの中心街にあり市場周辺に大学なんかもありまあまあ賑わってます。

昼時なのでまずは飯です。

 

市場併設の食堂街。

f:id:hirobkk:20191208231839j:plain

f:id:hirobkk:20191208231844j:plain
f:id:hirobkk:20191208231849j:plain

土曜の昼時、、、入りはまずまず。。

以前は通路はビチャビチャ、ドロドロと普通の市場でしたが、数年前にきれいにして衛生的に見えるようになりました。

f:id:hirobkk:20191208232008j:plain

 

買い物に時間がかかりそうなので(土曜日なので女房の出身南タイやMae Sotから土地の野菜が入ってきてます、女房が間違いなくハマる)、さっさと自分の食べるもん決めてしまいましょう。

 

女房はข้าวคลุกกะปิ/カオクルックガピ(えび味噌混ぜご飯) THB 50

自分はก๋วยเตี๋ยวต้มยำ /クイッティアオ トムヤム(スープ米麺) THB 40

f:id:hirobkk:20191208231906j:plain
f:id:hirobkk:20191208231901j:plain

f:id:hirobkk:20191208231911j:plain

それではさっと食べて買い物に。。

先ずは青果から行きます。

いきなりとんでもないもんが出てきます!!!

f:id:hirobkk:20191208231930j:plain

最近はローカル市場でも柿が見られるようになりましたが、物はほぼ輸入品。

中国、韓国、日本あたりからなのです。

この料金ですが右の柿は韓国産で1個THB35 これでも高いですが、まあ以前に比べれば安くなりました。

驚くなかれ左の日本産は1個THB150!!!と驚愕の価格!

 

まあ我々には関係のない金額なので驚くだけ驚いて先へ。

 

バナナコーナー

f:id:hirobkk:20191208231923j:plain

 

มะขามเทศ / マカームテート

日本ではマニラタマリンドと言われてますがオリジナルはフィリピンではなく南北アメリカ。叔母が好きでよく食べます。特別好きなわけではないのですが、食べ始めると何故か止まらない。。。。

味はほんのり甘い。。。

f:id:hirobkk:20191208231826j:plain

f:id:hirobkk:20191208231800j:plain

f:id:hirobkk:20191208231729j:plain

ざっと見ますが通常の市場内にそそるものがありません。

それでは市場の周りにでている水土日コーナーへ!

 

まずはペッチャブーン県からガイヤーン

f:id:hirobkk:20191208231621j:plain

 

このニンニクもタイ産⇒購入

f:id:hirobkk:20191208231632j:plain

 

南タイの野菜と果物

ぶら下がっているのはสะตอ / サトー豆

独特な香りがあり苦手な方も多い、、、。我が家は調理せず生のまま食べます。

f:id:hirobkk:20191208231637j:plain

 

チュンポーン県のกล้วยเล็บมือนาง / クルアイレップムーナ

バンコクではあまり見かけませんが、女房の故郷ナコンシータマラートでは普通に売ってます。当然購入!

f:id:hirobkk:20191208231649j:plain

 

อ้อยดำ / ブラックシュガーケーン

サトウキビとは反対に苦い、薬用茶にも使われ主に疲労回復にいいそうですよ。

f:id:hirobkk:20191208231700j:plain

 

JOKERのTシャツ

こういうのを店にだすのは本当に早い!

マイケルジャクソンがなくった日はバンコクにいたのですが当日の夕方には亡くなった日付の入ったTシャツが屋台に並んでおり感心したもんです。

f:id:hirobkk:20191208231718j:plain

 

一番時間がかかったのは「こちらのメーソート県コーナー」

f:id:hirobkk:20191208231616j:plain

f:id:hirobkk:20191208231609j:plain

f:id:hirobkk:20191208231604j:plain

 

ビートルート⇒購入

f:id:hirobkk:20191208231559j:plain

 

アボカド⇒購入

メーソート産は安くて美味しいのです!

f:id:hirobkk:20191208231527j:plain

 

魚コーナー

ようわからんですが、マグロのような魚だそうです。

f:id:hirobkk:20191208231501j:plain

 

プラートゥー

f:id:hirobkk:20191208231456j:plain

 

プラーサリッドの天日干し

f:id:hirobkk:20191208231532j:plain

何故かわざわざ線路わきで干してます。。。

f:id:hirobkk:20191208231542j:plain

 

ปลาจวด / プラージュワッド⇒3尾購入

スズキの仲間

f:id:hirobkk:20191208231522j:plain
f:id:hirobkk:20191208231511j:plain

f:id:hirobkk:20191208231507j:plain

 

大方買い物が済んだので市場の中に戻ります。

 

สะเดา / サダオ⇒購入

日本名はインドセンダン

ココで売っているものは一度湯がいてから氷につけてますね。

我が家は通常生のまま食べます。

さまざまな薬効がありますが、味はかなり苦い。。。

f:id:hirobkk:20191208231811j:plain

 

そして本来の目的である肉!

牛、鳥、豚と分れているところから豚肉コーナーへ!

f:id:hirobkk:20191208231750j:plain

 

สันนอก / サーロイン

よくわからないので見た目のいい真ん中下の肉を選んだところサーロインだったようです。

f:id:hirobkk:20191208231746j:plain

 

近所の女子中学生と男子高校生みたいのが二人でやっており、あまり肉の部位については知りません。我々もさっぱりしりませんのでお互い見た目がいいからこれにしよう!これがおススメ!となりました。

f:id:hirobkk:20191208231734j:plain

料金表ではキロ THB185とありましたがそんなにとられなかったな~

 

気になった店。

f:id:hirobkk:20191208232022j:plain

混雑してますが、こんなところにあるのはどうせエセ日本食と思いきや。

 

見た目は頑張ってます。

価格も安い!

f:id:hirobkk:20191208232016j:plain


よっぽど自身があるのか調理長のおばさんが日本人に作っているところをみてほしい!と調理場に通されます。

板前でもなんでもないので自分に見せたところで何も起こらないのですが。。。

意外にも調理場きっちり整頓されておりできる限り清潔になってます。

油も頻繁に交換しているそうで、自分がみたときも綺麗な油であげてました。
f:id:hirobkk:20191208231723j:plain
とはいっても買わないけどね。。。

 

それでも見せていただいて損はなかったです。

いつかこういった料理が食べたいときは買いに来てもいいですな~

 

本日の仕入

f:id:hirobkk:20191208234345j:plain

 

サダオと肉(半分)はその日のうちに食べちゃいました。

f:id:hirobkk:20191208234350j:plain
f:id:hirobkk:20191208234400j:plain
f:id:hirobkk:20191208234405j:plain
f:id:hirobkk:20191208234409j:plain

f:id:hirobkk:20191208234415j:plain

いつもこんな肉食べませんが、サーロインってのはやっぱりうまいもんですんね~

 

残った肉は次回カレーにでも入れてみましょう!

Bollywood No.023 -Yuvvraaj/युवराज (2008)-

-Yuvvraaj/युवराज (2008)-

f:id:hirobkk:20191209111323j:plain

08DEC'2019 -DVD鑑賞-

またまた間隔が空いてしまいました。映画鑑賞は2か月振り!

自分は劇場で2度?鑑賞してます。

何故2度も見てしまったのかというと、、、、

1回目は公開初日に満を持して デリーでの行きつけ映画館【SHIELA】へ!

会場前から劇場前は温まっておりかなりの人数が並んでました。

そして会場し20分ほど経った頃、、、

強烈な腹痛が襲いトイレへ。。。

あまりの爆発に所要20分ほどかかってしまい、まだ落ち着かない。。。

この話題作をテキトーに見るよりは出なおした方がいいと判断し劇場をでます。。

帰りしな顔見知りの劇場スタッフに「まだはじまったばかり!どこへいくんだ!」

と聞かれ事情を説明したところ、言葉ではなくインド風首振り言語で「また次があるよ!」と首の動きで語ってくれました。

そして2回目はコルカタ【Elite】で無事鑑賞。

 

テキトーに解説

プロモ等に莫大な予算をつぎ込んだのか公開前にTV、街中で宣伝しまくってました。

このYuvvraajという題名(主人公一家の名前)、スペルは違いますが当時絶頂期にあったクリケッター " Yuvraj Singh " を浮かべてしまいました。私的好きなクリケッター上位5名に入ってくるお気に入りの選手です。因みに1,2はSachin TendulkarとKapil Dev

2011年のワールドカップでは

  • クリケット史上No.1プレーヤー レジェンド"Sachin Tendulkar"
  • 映画のもなったキャプテン"MS Dhoni"
  • 現キャプテン"Virat Kohli" *Anushka Sharmaのご主人

と最高のタレント集団で2度目のワールドカップをとり、YuvrajはトーナメントのMVPを獲得。WC終了直後に肺がんが発覚しましたが手術後現役にカムバックした不滅の男でもあります。惜しくも昨シーズン限りで現役を引退、そのせいかアメリESPNで毎年選出している【World Fame 100 ' 2019】のアスリート部門で18位につけました*前年は57位

クリケッターとしてはVirat Kohli (7位)、MS Dhoni(13位)に次ぐ3番目。

他のそうそうたるメンバーと比べるとすごい影響力ですね。因みにF1のルイス ハミルトン、テニスのノバク ジョコビッチNFLのトム ブレイディは彼より下位。

 

映画の話に戻りますが、このYuvvraajという映画はまずタイトルに引き付けられ事前のプロモにて豪華なキャスト陣が魅力的に見え初日に足を運んでしまったのです。(見てないけど。。。) 

 

 

ストーリは 【Rain Man (1988)】が元になってます。

f:id:hirobkk:20191210165328j:plain

リメイクではなく"inspired"とありますのでストーリーはほぼオリジナルです。

 

Cast

Salman Khan as Deven Yuvvraaj

f:id:hirobkk:20191210170923j:plain

本ブログでは最多出場! 劇場公開もそうですが、彼の映画をよくみなおしてるんですね~

因みにインド居たとき「すきな俳優は?」と聞かれてサルマン カーンと答えたことはありません。やはりなにか引き付ける魅力を感じるんですね。。。インドの方は皆同感かと思いますが、これはSanjay Duttにも言えることです。

 

いまさらなので今回はこの映画の前後年の話を。。。

2007-2008はサルマンは低迷期にあったといっていいでしょう。

出演作はありましたが、興行的に失敗を繰り返します。

2年ほど前に見た記事で " 2007-2017におけるThree Khansのbox-office bomb Movie "を取り上げてました。記事によるとこの間Three Khansの出演した映画は44作品、このうちDisaster(興行大失敗、Super Flop)は合計14回でサルマンは最多の9回出してます。

9回中7作が2007-2009の映画なんですね。

ついでに言うと2007と2008年の5作全て現地で見てしまっているのです。

f:id:hirobkk:20191212162824j:plain
f:id:hirobkk:20191212162828j:plain
f:id:hirobkk:20191212162820j:plain
f:id:hirobkk:20191212162817j:plain
f:id:hirobkk:20191212162814j:plain

確かにどの作品も今一つ、劇場内の盛り上がりも今一つ。

またプライベートでも狩猟関連の問題で収監(期限げれの銃を所持など)されたりいいことないんですね。。

Wanted(2009)でのHitはありましたが真の復活はDabbang(2010)でなされます。

この復活とともに2003年頃から続いていたKatrina Kaifとの関係が終わってしまったのは皮肉ですね。

 

そして現在のサルマン カーン!

後1週間で本年度最大の目玉【Dabbang 3】が公開!!!

主要キャストはパート1から変わりがなく今回はPrabhu Devaが監督。

 

Katrina Kaif as Anushka Banton

f:id:hirobkk:20191210171025j:plain

サルマン カーンとの共演作 でしか紹介してませんでしたが、今回もサルマン作。

2007-2009年のカトリーナですが、ようやくお飾り女優から脱却しだした時期ではないでしょうか?この3年間で12作と積極的に出演しております。

特にアクシェイ クマールとの共演作が5作あります。

アクシェイ クマールもこの時期に急上昇しておりヒット作はカトリーナ共演なんですね。スクリーン上で二人の相性はよくカトリーナもアクシェイ クマールとの共演は「とてもフィーリングがよく楽しい」と答えてます。

この時期単独主演はさすがにありませんが、多くのヒット作に出演してます。

その中おススメ1本

【Partner】

f:id:hirobkk:20191213194754j:plain

全年に政治家から本格復帰したGovindaとSalmanの共演作にKatrinaもLara Duttaとのダブルヒロインで登場!

おバカコメディでダンスも最高です。公開前にIIFA AWARDSのステージでSalman,GovindaがPartnerの曲でパフォーマンスをして最高に盛り上がりました。

因みに自分はダッカからコルカタへ飛ぶビーマンバングラディッシュ機の機内で見たのですが、普通にお客は立ち上がって大騒ぎしてましたね。。

機械があれば是非見ましょう!

元ネタはWill Smithの【Hitch(2005)】

 

 Anil Kapoor as Gyanesh Yuvvraaj

f:id:hirobkk:20191210171109j:plain

この年、Anil KapoorはSlumdog Millionaireに出演しメジャーに返り咲きます。

80,90年代のスーパースターですが2000年代は単独主演も減りちょっと影が薄くなってきてたんですね。。

 

今までSalmanとの共演でしか紹介しておりませんでした。

hirobkk.hatenablog.com 

hirobkk.hatenablog.com

 今回もSalman共演作になってしまった。。。

この二人はなかなか相性がいいんですよね。。

個人的なベストは

【Biwi No.1】

f:id:hirobkk:20191217180519j:plain

No.1シリーズなのにGovindaが出てないんです。

これはKhiladiシリーズにアクシェイ クマールが出ていないようなもん!ですが必見のおバカ映画です。

 

 

Zayed Khan as Danny Yuvvraaj

f:id:hirobkk:20191210171141j:plain

彼の得意のキャラでしたね、といってもコレしかできないでしょう!

Main Hoon Na(2004)

Main Hoon Na(2004)

Vaada(2005)

Shaadi No. 1(2005)

Cash(2007)

yuvvraaj以前のこの5本、ジャンルは違えどやってることはほぼ一緒。集大成がまた同じYuvvraaj...

デヴュー時からチャラチャラさせたらBollywood No.1と言われてましたが、さすがに年を重ねて(現在39歳)消えつつありますね。。。

 

例にもれず彼も映画一家!

お父さん、おじさん

姉3人 

*二人はSussanne Khan / Hrithik Roshanの元妻、Farah Khan / Bollywood最高のコレオグラファー

従妹なんかはみんな映画関係者です。

一応2019にDesi Magicというロマンティックコメディがアナウンスされてますが、Ameesha Patelが主演、プロデュースというところで駄作の臭いがプンプンします。


Boman Irani as Dr. Banton

f:id:hirobkk:20191210171232j:plain

相変わらずの安定感。

なんでもこなすマルチ俳優です。

映画デヴューは2000年代、40歳を過ぎてからです。

それまでは演劇、写真家などをしており一時期タージ・マハルでも働いていたそうです。

Munnabhaiシリーズで評価を上げ、

Don3ではSharukh Khanの適役と遅いデヴューにかかわらず恐ろしいスピードで評価を得ていきます。

そして日本でも公開された【3 Idiots(2009)】でトップ俳優としての地位を築くのです。

このYuvvraajでの演技は翌年の3Idiotsでの演技につながるような演技でしたね。

 

今回共演Zayed Khanのお姉さんFarahとの共演作。

【Shirin Farhad Ki Toh Nikal Padi(2012】

f:id:hirobkk:20191217191054j:plain

脚本、プロデュースはなんと!Sanjay Leela Bansaliです。

かれがこのような映画を手掛けるとは意外でした。。。

味のある素晴らしい大人のラヴコメディです。

 

その他弁護士役でMithun Chakrabortyがいい演技してましたね。

 

 

Music Scene

世界のA.R.Rahmanが担当。

流石の仕事です。

クラシック音楽シーンなどはChennai String Orchestraが演奏。

自分も公開前にオフィシャルサウンドトラックを買ってしまうほど音楽の出来はいいです。

f:id:hirobkk:20191208233900j:plain
f:id:hirobkk:20191208233904j:plain





Tu Meri Dost Hai


Tu Hi Toh Meri Dost Hain Full HD Video Song | Yuvvraaj | Salman Khan, Katrina Kaif

こちらがメインソング。

Chennai String Orchestraの演奏がいい雰囲気をだしてますが、サルマンのシーンがちょっとマッチしてなかったですね。

Shano Shano


Shano Shano [Full Song] - Yuvvraaj

個人的にはYuvvraajと言えばこの曲。

たまたまかもしれませんがTVを付ければいつもこれがかかってるイメージがあります。

 

Location

チェコオーストリアでの撮影がほとんど、恐らくインドでは一切撮影はしていないと思われます。

 

 総 評

 興行的にはズッコケましたが、ストーリーも悪くない、音楽はレベルが高い作品なので十分に楽しめます。

機会があればぜひぜひご鑑賞ください。 

f:id:hirobkk:20191208234113j:plain
f:id:hirobkk:20191208233855j:plain

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 Uthai Thani / อุทัยธานีを歩く!Day2-タイのスイス?Hup Pa Tat -

 ママの家でヘルシー弁当の残りを朝食として食べ出発します!

f:id:hirobkk:20191119113445j:plain

hirobkk.hatenablog.com

その辺のマーケットに行くと聞いていたのですが、20分くらい走っても到着しないので

「いったいどこまで行くのか?」

と尋ねたところ

せっかく訪ねてきてくれたのでデイトリップに出かけているそうです。

まあ、我々はマーケットでもなんでもいいんですけどね。。。

 

Day2 

Hup Pa Tat/หุบป่าตาด デイトリップ

西へ約1時間。

到着したところがここ👇

f:id:hirobkk:20191129173059j:plain

巨大な洞窟内に古代の動植物がある聞いただけならなかなか興味深い場所です。

地元民のナースなら何度も来たことがあるのかと思いきや人生で2度目、1回目はかなり小さい時だったようでほとんど覚えてないと。。。

入場料THB20/ローカル/THB200/外国人を払って入場。

まずは階段を上がっていきます。

f:id:hirobkk:20191129173145j:plain

 

岩山ですので落石に注意

f:id:hirobkk:20191129173150j:plain

 

階段をあがるとアクティビティの一つである暗闇洞窟へ

入場時に懐中電灯を貸してくれますので用意のない方は借りていきましょう。

f:id:hirobkk:20191129173154j:plain

 

暗闇洞窟を抜けるとジャングルが広がります。

個人的にはこのジャングルが一番良かった!

f:id:hirobkk:20191129173226j:plain

 

根っこが完全に岩に乗っかってます。

f:id:hirobkk:20191129173304j:plain

f:id:hirobkk:20191129173257j:plain

 

この辺りにこ奴が生息しており8-11月位に見られるそうです。

【Desmoxytes purpurosea/ドラゴンヤスデ

f:id:hirobkk:20191129173308j:plain

雨が降ったあとには群れで出てくることもあります。
有毒との事で危険ですが、せっかくならこのピンクドラゴンヤスデを見たいと2分ほど粘りましたが出てきませんでした。

 

規模は小さいですが熱帯ジャングルの雰囲気あり。

f:id:hirobkk:20191129173221j:plain

f:id:hirobkk:20191129173231j:plain

 

そして行き着く先はこちら。

f:id:hirobkk:20191129173247j:plain

ちょっとした映画のセットみたいですね。

f:id:hirobkk:20191129173211j:plain

f:id:hirobkk:20191129173235j:plain

とこんな感じで30-40分くらいでちょちょっと楽しめる場所です。

 

同じルートを戻って食事にしようもちょっとショボいので車で少し走ります。

f:id:hirobkk:20191129173135j:plain

 

パパの話では以前はこの辺りは本当に何もなかった。。(今も大したことありません)

f:id:hirobkk:20191129173437j:plain

 

5分ほど走ったところに最近できたばかりではないかと見える食堂発見。

f:id:hirobkk:20191129173400j:plain

 

避難キャンプの様相ですがしっかりしたタイ食堂。

f:id:hirobkk:20191129173404j:plain

f:id:hirobkk:20191129173345j:plain

 

なかなかきれいにしておりますが、この櫓はかなりやばいです。

足の置き場を間違えると踏み抜きます。

f:id:hirobkk:20191129173451j:plain

 

櫓からの眺め

f:id:hirobkk:20191129173418j:plain

なかなか良い

f:id:hirobkk:20191129173414j:plain

この辺りは最近【タイのスイス】と県民で言われており認知させたいようですが、ちょっと無理があります。スイスに行ったことはありませんが全くスイスを感じさせません。そもそも既にタイにはタイのスイスと言われている場所が2か所あります。

  1. カオコ―(ペッチャブーン県)
  2. スワンプン(ラチャブリー県)

どちらも乾季のハイシーズンに行ってますが厳しい。。

しいて言えば洋風のリゾートやレストランがそこそこあるのでまだいいでしょう。

ここはこの掘ってたタイ料理屋だけです。

 

f:id:hirobkk:20191129173349j:plain

 

それでは気を取り直して食事に。。

ラープ、ソムタム、ナムトックなどなど。。

f:id:hirobkk:20191129173427j:plain

どれもおいしい、食材にフレッシュを感じます。

ただ、普通のローカルテイストですので辛いのが苦手な方はほとんど食べられません。

横っちょに移ってるソーセージくらいしかないでしょう。。

 

食事を終えだらだらしているところに、道路脇で何か声を出しているおばちゃんが見えます。女房とナースが気付き何か売っているのでは?と見に行きますと。。

 

箱の中にはこんなものが。。。

วุ้นอัญชัน/Butterfly Pea Coconut Agar

アンチャンのココナッツゼリー

見事です、何度も食べてますが彩、甘さ加減がすばらしい!

f:id:hirobkk:20191129173320j:plain

ขนมตาล/Palm Cake

suger palmとココナッツから作られる蒸しパン。

f:id:hirobkk:20191129173324j:plain

 

おばちゃん今日が移動販売のデヴューだそうです。

恥ずかしくて声が出ず客を集められなかったんですね。

ナースは近所におすそ分けする分まで買って、おばちゃんのデヴューに花を添えます。

f:id:hirobkk:20191129173329j:plain

 

さっぱりしてるのでいくらでも食べられる。

おばちゃんこれからは自信を持って販売してほしい。。

f:id:hirobkk:20191202192302j:plain


トウモロコシ畑を切り開いて作ったレストラン。

周りには大したものはないですが、なかなかクオリティが高くおススメです。

f:id:hirobkk:20191129173409j:plain

f:id:hirobkk:20191129173333j:plain

 

腹いっぱいになったところでウタイターニーのバスターミナルまでみんなに見送ってもらい、家路につきます。

次は3日くらいは時間をとってのんびり来たいですねえ。。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

チャイナタウンのホームステイ兼Bar 【Ba hao 八號】

 

!2018年! 年越しはココ👇

【Ba hao 八號】

f:id:hirobkk:20190116225107j:plain

www.ba-hao.com

ここは数年前、結婚記念日に今回と同じくヤオワラートに1泊しに来た時、夕食を食べた場所です。

その時にレストランのマネージャーさんから「上に2部屋だけ客室があるよ」と教えてもらい、調べたところなかなかいい雰囲気の部屋だったのでいつか泊まりに来ようと考えてました。

それでもバンコクにお金を払って1泊(叔母や友人宅があるのに)とはなかなか機会がありません。

しかし、今年の年末は遠くへ旅行に行くほどの時間が無いのでBa haoに泊ってチャイナタウンゆっくり歩こうとなったのです。

 

このBa haoですがなんか予約がややこしいんですよね。。。

Airbnbというシステムで予約をするそうですが、全く知らなかったのでアカウントを作ったり一から始めなくてはなりませんでした。

後々聞くとこのAirbnbなるものはかなり有名なシステムなようでホームステイ先の紹介(日本では民泊と言われているんですね)サイトみたいなもんなのですね。

アカウントの作成から予約までなかなかてこずりましたが3週間前にようやく予約が完了! 12/31の予約が3週間前にとれるのですからあまり流行ってないのかな。

 

そして泊った部屋がこの部屋。

建物の最上階(4F)【SANTIPHAP room】

ja.airbnb.com

3Fにもう1部屋、2Fは共有リビングルーム、1FはBar

 

2F共有リビング

リビングには少し古いものから新しい物を詰め込んでいます。

f:id:hirobkk:20190116225509j:plain

 

コーヒーはたまにホテルで見かけるカプセルネスカフェコーヒー

冷蔵庫はミニバーになっており、中に入っているものはフリーです。

また持ち込んだものには名前を書いておいてくださいとの事。

f:id:hirobkk:20190116225506j:plain
f:id:hirobkk:20190116225501j:plain

 シンガポールカップルが泊まったMITRI CHIT roomがある3F

f:id:hirobkk:20190116230847j:plain

最初はこの部屋をとろうとしたのですが、すでに予約済みでした。

この部屋もなかなかよさそうなんです。

ja.airbnb.com

そしていよいよ最上階へ。。。

f:id:hirobkk:20190116230843j:plain

 

4F 【SANTIPHAP room】

f:id:hirobkk:20190116233612j:plain

扉を開けるといきなりこのスペース、ごちゃごちゃ部屋数があるよりこのぐらいが丁度いい。全身鏡が女性にはうれしい。

 

ベッドの上の四角窓からはワットトライミットが眺められます。

f:id:hirobkk:20190116232712j:plain

 

バルコニー

あまり使いようがない。。。

f:id:hirobkk:20190116235245j:plain

 バルコニーからSoi NaNaとワットトライミットの眺め、トライミットの先はIcon Siamです。

f:id:hirobkk:20190116235240j:plain

バスルーム

レインとハンドシャワーが完備も床が滑りますので気をつけねばなりません。

f:id:hirobkk:20190116233507j:plain

部屋の設備

洗面所はなんとお湯がでます。

エアコン部屋ですが扇風機も完備。

ミネラルウォーターは2本/日

f:id:hirobkk:20190116235404j:plain
f:id:hirobkk:20190116235401j:plain
f:id:hirobkk:20190116235337j:plain

 

そしてこの部屋の設備で気に入ったのがこのスピーカーです。

f:id:hirobkk:20190116235340j:plain

音楽は聞きますが特に外付けのスピーカー等に興味がなく携帯電話で鳴らしてましたが、これがヒジョーにいい! 

Bluetoothなるもので接続すると携帯の音楽が聴けます。

このBluetoothも初めて使うのでオーナー旦那の兄さんに教えてもらいました。

eu.harmankardon.com

女房が友人を迎えに行っている間一人でのんびりできました。

いや~優雅ですなあ。

 

1時間ほどして女房が戻りましたが、なんと!友人と午前中に行ったカフェでまたケーキを食べに行くそうです。

美術大学の3名

女房ともう一人は未だアート分野にいますが、赤シャツのpohは何故か水泳の先生???今日はその辺のところを聞いてみます。

f:id:hirobkk:20190117005712j:plain

hirobkk.hatenablog.com

自分は行きません。。。

ここでさらに優雅に1時間。

そして日も暮れて。。。

f:id:hirobkk:20190117003831j:plain

女房から電話が入り1FのBarで待っているので降りてこいとの事。。。

 

1F Bar【Ba hao】

f:id:hirobkk:20190117003835j:plain
f:id:hirobkk:20190117003828j:plain

 

年末ですのでまあまあ入ってます。でも混んでくるのはこれからでしょうね。

ちゅなみにキャパは約50名(座席は30名くらいかな)

f:id:hirobkk:20190117003824j:plain

 

女房も自分ももう腹には入りませんので友人2名が注文した料理つつきます。

www.ba-hao.com

今まで2回ほど夕食を食べにきており、メニューが多くないのでほとんど食べてるんですよね。。

自分はクラフトビール

常時5種類くらいおいており頼めば試飲をさせてくれます。

f:id:hirobkk:20190117010153j:plain

 

Ba hao’s Pudding 八號布丁

これ初めて食べましたが旨いです。

なんでも同じBa haoの名前で今年Pudding専門店をヤオワラートに出すそうです。

f:id:hirobkk:20190117010150j:plain

 

 

Tan Tan Noodle 但但面

腹減ってませんがここのは美味しかった記憶があるので注文。

味が変わってます。。。タレが甘い。。。

f:id:hirobkk:20190117010147j:plain

午後10時頃になるとカウントダウンをしに人がBarに集まってきました。

ウチはそのへんととこはどうでもいので解散します。

友人二人をフアランポーンまで送ったあと女房と部屋に入ります。

そうそうPohですが、何故に現在水泳の先生をやっているのかと言いますと。。

実際アートの勉強をしていたのは大学時代だけで、それまではずっと水泳をしていたんだそうです。なので卒業後は水泳の世界に戻り現在は先生をしてます。

 

2018年カウントダウン! 

1回のBarは盛り上がっていると思いますが、自分達の部屋まで騒ぎ声は聞こえてきません。部屋の窓からはワットトライミット、少し遅れてIcon Siamからの花火が見えます。

4階建ての建物ですが周りに高層ビルがないのでよく見えます。

f:id:hirobkk:20190120135033j:plain

f:id:hirobkk:20190120135037j:plain

15分ぐらいの花火をバッチリ見させていただき、花火が終了したらすぐに就寝。。。

 

1月1日 AM7:00

快晴!

f:id:hirobkk:20190120135041j:plain

 

顔を洗って一人で散歩に。。。

7月22日ロータリー(วงเวียน 22 กรกฎาคม)まで歩いてみますが流石に人も車も少ない。

右端の古い建物がジュライホテル跡地。楽宮ホテルと合わせて古い旅行者にはとっても有名な宿でしたね。自分が初めてバンコクに来たときはまだ存在しておりましたが、泊まることはありませんでした。楽宮ホテル下のスワニーさんの店(北京飯店)では10数年前に1度だけ食事をしたことがありますが。。。

f:id:hirobkk:20190120135104j:plain

 

朝の散歩を30分ほどして宿に戻ります。

女房が起きていたので朝食へ!

朝食は2Fにリビングにて。

こんな素敵な場所で食事がとれます。

f:id:hirobkk:20190120135110j:plain

 

メニューと時間は前日のチェックイン時に伝えます。

女房はチキンスープ、自分はチキンレッドカレー

f:id:hirobkk:20190120135118j:plain

 

味は美味しかったので満足してますが、朝食の出所が丸わかりなんです。

共用冷蔵庫の冷凍コーナーにて保存してありました。

f:id:hirobkk:20190120135123j:plain

 

食後は部屋でシャワーを浴び周辺を11:30頃まで散歩して12:00にチェックアウト。

たった1泊でしたがのんびり楽しめ女房も大満足!!!

たまにはこんな旅行もいいですね。。。



【Ba hao 八號】

このBa haoの良いところ

1---交通便利(地下鉄駅から徒歩10分、バス停も徒歩圏に数か所あり)

2---なんといっても食の宝庫ヤオワラート、ジャランクルン通りが近い!

3---大通りや繁華街の面していないので夜は静か。

4---我々が泊った【SANTIPHAP room】からワットトライミット越しに花火が見えます。

5---宿泊者のケアをしてくれるおばちゃんの人柄がとてもいい!

6---1FはBarになっているので酔っても楽チン。

7---オーナーの女性には会えませんでしたが、若いご主人は丁寧な方でした。(英語OK)

 

気になるところ

1---料金!部屋に満足してますが割高感があります。年末とはいえTHB 4,629/サービス料込はホームステイの料金ではないですね。

2---ここが1番気になりました。

2部屋の共有リビングでありながらBarから何人かの若者が上がってきました。

一応「私はこの建物のデザイナーで共同営業者!良かったらこのリビングでジョインしよう!」とメインのソファーを4~5名で占拠。このデザイナーはとてもナイスなガイでいろいろ意見を聞かせてほしいと会話が弾みます。またデザイナーさんなので画家である女房との話を興味深く聞いていました。

ですが、3Fの宿泊客はシンガポールからの旅行者でタイ語が解りません。デザイナー君は同じように話しかけてましたが拒否をして部屋に入ってしまいました。

我々は言葉の問題もないので楽しませてもらいましたが彼らはこういった事は望んでませんでした。せっかく年越しを海外で過ごしにきたのにちょっと残念ですね。。。

流石に普段はこういったことはないのでしょうが、ホームスティとはいえTHB4,600もする宿泊施設のすることではありません。

オーナーさんは7年間バンコクの5★ホテル(2か所)で働いていたそうですがどのような事をしていたのかな?元ホテル業界に居た人間としてはちょっと???です。

オーナーさんグループは若い集まりなのでこういったことで楽しむのは理解できますが、このシンガポール人はプライベートを望んでいたんですね。

これがやりたいのならTHB4,600もとってはいかんね。

我々2人は問題なかったですけどね。。。

 

翌朝シンガポールの彼らはきれいな服を着てリビングで長時間写真撮影をしてました。

やっぱりちょっと気の毒。。。

 

それでもこのプロパティはとても居心地がよく、スタッフの人柄もいいです。

できれば2グループで来て2-4Fを貸切る感じで利用するのがいいですね。

ただし年末やソンクランはデザイナーの乱入があります。

 ※2019/11/20 update

 

昨年オーナーから聞いたヤオワラートのお店ですが、209年4月にいつの間にかオープンしてたそうです。

Ba hao’s Pudding 八號布丁

これ初めて食べましたが旨いです。

なんでも同じBa haoの名前で今年Pudding専門店をヤオワラートに出すそうです。

f:id:hirobkk:20190117010150j:plain

www.ba-hao.com

かなりの人気店となっており混雑しているときは整理券なんかも出てるそうですよ。

すでに日本の雑誌にものったりしてバンコク在住の日本人も多く来店しブログなどで紹介してるそうです。

スイーツ好きやグルメの方の情報をキャッチするスピードにびっくりしますね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

 Uthai Thani / อุทัยธานีを歩く!Day2-早朝市内ぶらぶら -

Day2  まずは早朝市内散策

ウタイターニー初日は 市内の一角を出ずに終了。

hirobkk.hatenablog.com

2日目は朝からPUMファミリーが車で近隣のマーケットに連れて行ってくれるというので、自ら予定は立てず。

時間も適当でいいらしいので朝は川沿いの市場を周り、朝食を済ましてからママに会いに行くことにします。

 

市場は早朝が一番面白い!

なので6時半には外へでます。

オーナーさんはすでにコーヒーを飲んでゆっくりしてますが、この子👇がぐったり。。。早朝に去勢手術を受けてきたとの事。

f:id:hirobkk:20191119113124j:plain

まだぐったり。。

f:id:hirobkk:20191119113008j:plain

f:id:hirobkk:20191119113130j:plain

この宿にはもう一匹猫がおりますが、この子もまた愛くるしい。。

f:id:hirobkk:20191119113136j:plain
f:id:hirobkk:20191119113141j:plain



市場に行く前にママの店に顔を出しにいくと、、

ちょうどパパとナースが注文を受けた自家製ヘルシー弁当を配達に行くところ、、、。

f:id:hirobkk:20191119113146j:plain

30分くらいかかるそうなので我々は市場へ

 

女房お気に入りのウタイターニー市営市場/タラートテッサバーン周辺

f:id:hirobkk:20191119113204j:plain

f:id:hirobkk:20191119113210j:plain

 

路上市場ではこいつを購入

ส้มซ่า(ソムサー) 

日本ではこれに近い果物で橙(ダイダイ)があります。こいつを2kg購入。

f:id:hirobkk:20191119113221j:plain
f:id:hirobkk:20191119113228j:plain

日本の橙は飾りに使うことが多くそのまま食べることはほとんどありませんが、こちらは生産量がかなり減りましたがそのまま食べます。橙と比べて苦みが弱いのかな?

ウタイターニーはソムサーの産地、いまでは売っているのも珍しくなってしまいました。

タイではソムサーを語るのに「ネズミが最後に食べる食べ物」と表すそうです。

ソムサーの表面があまりに苦いので、食べ物を探すネズミが何もなくなってしまった時、最後に仕方なくソムサーを口にするというほど苦い。。。

 

同じように見えますが3種の魚が天日干しされてます。

f:id:hirobkk:20191119113234j:plain
f:id:hirobkk:20191119113239j:plain

 

そして市営市場内で

ปลากรอบ(プラ―コップ)

f:id:hirobkk:20191119113245j:plain

トムヤムなどスープに入れます。

女房の子供のころはスープで出汁を取った後に当然のごとくプラ―コップも食べてましたが、バンコクではプラ―コップを食べない裕福な人々がいると聞いてびっくりしたそうです。

こちらはパウダーにしたもの、うちはこっちを購入。

f:id:hirobkk:20191119113250j:plain

 

市場内カフェ

タイの地方市場には必ずと言っていいほどこのようなカフェーボランの店があり、たいてい渋い親父か賑やかなお母さんがやってます。(と思う)

f:id:hirobkk:20191119113256j:plain
f:id:hirobkk:20191119113307j:plain

親父さんが時間をかけて丁寧に淹れてくれます。

 

กาแฟโบราณ/カフェーボラン(右)

f:id:hirobkk:20191119113324j:plain

好みに合わせて底の練乳を混ぜ合わせて飲みます。

最近はおしゃれなカフェが大流行してますので、この手のコーヒー屋は目立たなくなりました。それでも南タイではまだまだ年配の方が早朝に店に集まって世間話をしているのを見かけます。

インドで言えばチャイみたいな立ち位置ですかね。。。

ここでパトンコーなんてあるといいんですが売り切れてました。

 

うちにもこの設備を設置したいと長年思ってますが、最終的に使い道がないって結論にいたり未だ設置できず。。。

f:id:hirobkk:20191119113330j:plain


まだ時間があるので少し散歩をしてから朝食を食べママたちと合流します。

f:id:hirobkk:20191119113335j:plain

f:id:hirobkk:20191119113342j:plain

f:id:hirobkk:20191119113347j:plain

 

8時も過ぎ、市場は撤収の時間。

f:id:hirobkk:20191119113353j:plain

f:id:hirobkk:20191119113404j:plain

 

ここではこのてのサムローは必須

f:id:hirobkk:20191119113410j:plain

 

このお母さん達

息子が迎えに来ないので引き上げられないそうです。

f:id:hirobkk:20191119113417j:plain

f:id:hirobkk:20191119113422j:plain

 

Wat Uposatharam

市場から川の対岸に見える寺院

f:id:hirobkk:20191119113358j:plain

今回は対岸から眺めただけ。

地元の人からはワット・ボットと呼ばれてます。

県内にはワット・ター・スンやワット・サンカット・ラッタナキリなど有名な寺院がありますが、ここが一番気に入ってるんです。

特に寺院内の壁画がすばらしい!!これを見るために訪れる価値はあります!*個人的に。。。

この寺院も2011年のタイ洪水でガッツリ浸水しました。

水が引いた直後に訪れたときは壁画もかなりやられてしまってましたね。。

 

そして朝食はここ

โกตี๋ข้าวมันไก่/コティーカオマンガイ

f:id:hirobkk:20191119113042j:plain
f:id:hirobkk:20191119113434j:plain

地元の人気店です。

普段あまりカオマンガイは食べませんが、ウタイタニーに来るとここで必ず食べます。

 

鶏肉を丁寧に捌いており2種類のタレも旨い!

f:id:hirobkk:20191119113440j:plain

 

腹を満たしたらそろそろママの店へ向かいます。

近所の自転車店

f:id:hirobkk:20191119113101j:plain

地方の町にはこんな魅力的な乗り物が溢れており楽しい!

f:id:hirobkk:20191119113106j:plain

f:id:hirobkk:20191119113111j:plain

 

そしてコティーカオマンガイが歩くこと5分、ママの到着して待っていたものは、、。

 

朝食、再び。。。

f:id:hirobkk:20191119113445j:plain


つづく。。。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

別所温泉 で食べる!-OCT'2019-

別所温泉には結構な数の飲食店がありますが、土日のみだったり夕方までなど条件付きの食堂が多いです。

我が家は二日目の夜と三日目の朝は旅館で食べてますが、外食もなかなか面白くおいしい店が存在してました。

hirobkk.hatenablog.com

 

長野県ということでここでも蕎麦屋が多いですが、すでに小諸で食べている為、蕎麦屋には入りませんでした。 

hirobkk.hatenablog.com

 

何もわからないので初日の外出前に中松屋の女将さんに相談します。

松茸料理のおススメ店、おしゃれなカフェのランチなど親切に教えていただきましたが、旅行終盤とあり松茸専門店で食べる体力(予算)はありません。。。

おススメのカフェも少し離れているので車のない我々には厳しい。。。

そこで歩いて行けるお店も数件教えてもらいました。

f:id:hirobkk:20191115161907j:plain

 



主に5か所で飲み食いしました。

改めて地図で見るとほんとに宿周辺で済ましてますね。

 

⓵ 桂 

f:id:hirobkk:20191108194028j:plain

ここは初日の夜に行きました。

女将さんにすすめられた店で焼き鳥おいしいとの事。。。

最初に言っときます。

全部旨い!

カウンター数席のテーブル3台の小さなお店。

f:id:hirobkk:20191108194306j:plain

ノームはそこら中にある自家製品が気になり、ここでも店主とのQ&Aが始まります。

 

まずは自分のキノコうどん!

f:id:hirobkk:20191108194009j:plain

 

叔母のカツどん!

これにしたかったんですけど御飯がなくなってしまい、、、残念。。
f:id:hirobkk:20191108194311j:plain

 

女房のカレーライス

f:id:hirobkk:20191108194316j:plain

 

ノームはなんでもいいがローカルスペシャリティ(地方名物)が食べたいとの事で、一応松茸であると伝えます。

「オーマツタケ―、マツタケ マッシュルーム!」

と上機嫌で松茸そば(1,500円)を注文。

松茸づくしの店ではないのでそこまで高くないです。。。

 

写真見てわかりますが、とにかく盛りが凄い!

店主曰く上田では普通だよ!

 

わかりますか?このサイズ感!

みそ汁もデカい!

f:id:hirobkk:20191108194004j:plain

 

ノームはこのキノコづくしの店にすっかりはまってしまい、さらに聞きたい見たいことがあるそうです。

厨房に入らない!食材を勝手につままない!(一応ノームは子供ではなく72歳です)を約束すれば聞いてあげると約束させます。

すると気のいい店主とお母さんが全てを見せてくれるんですね。

自分のうどんに入っていたキノコ!

f:id:hirobkk:20191108194024j:plain

山で採ってきたら湯がかないで水につけとくだけ。

 

ザ・松茸!

f:id:hirobkk:20191108194014j:plain

この日の朝にとったものだそうです。

とにかく香りが凄い!強い!

 

ノームは店に入ってこのお母さんをみるなり、こういう店に来たかったのだと。。。

店の外観、佇まい、お母さん、厨房などノームがもつ日本のローカルイメージと一致したようです。

f:id:hirobkk:20191108194019j:plain

お母さんは先代の奥さんで今は息子さんが店主を務めてます。

 

この【桂】さんですが質、量、お母さんと最高です!

夜しかやってないので宿泊の場合素泊まりにする必要がありますが、

この店も別所で来るべき場所の一つでしょう。

 

⓶ 日の出食堂

f:id:hirobkk:20191108195111j:plain

 

店内はこんな感じ

田舎の普通の家ですね。。。

f:id:hirobkk:20191108195042j:plain

 

叔母のエビ天丼

f:id:hirobkk:20191108195056j:plain

 

なんとここも叔母のところで御飯切れ!

海老天ソバにしました。

f:id:hirobkk:20191108195046j:plain

 

女房は中華そば

女房は日本のラーメンは全く食べなかったのですが、上田の駅前でしかたなく食べたとんこつラーメンがたいそう気に入りついにラーメン道に入っていきます。

因みに自分は日本で麺類はほとんど蕎麦しか食べないのでラーメンはめったに食べません。

f:id:hirobkk:20191108195101j:plain

 

ノームは馬肉丼

別所温泉の一番の名物でまだあなたは食べていない!と伝えると「じゃあ、それ!」と決まり。

f:id:hirobkk:20191108195051j:plain


ここもおいしかったですね、桂ほどの盛りではないですが量は十分です。

こちらはお昼もやってるので泊りの方も来れますね。

 

ココの払いは叔母。

f:id:hirobkk:20191108195106j:plain


⓷ 長谷川豆腐店

f:id:hirobkk:20191108194240j:plain

 

食事処ではありませんが、店内で二人くらいは座れます。

f:id:hirobkk:20191108194235j:plain

ここも別所温泉のベストの一つと言って間違いないでしょう。

滞在中何回来ただろう。。。

4,5回来て豆乳、ひとくち豆腐をたのしみました。

 

さすがに豆腐屋さん。

とてもきれいにされてます。

f:id:hirobkk:20191108194229j:plain.

朝市で行くと、ガラス越しに製造工程が見れます。

f:id:hirobkk:20191108194553j:plain

 

こちら6代目の若社長。

6代目曰く、お客さんを中に入れるわけにはいかないけど、周りをガラス張りにしてお客さんに豆腐の製造工程などもみて楽しんでほしいと。。

f:id:hirobkk:20191108194607j:plain

 

きれいな豆腐です。

丸いのは長谷川豆腐店オリジナルの【青まめ豆腐】

f:id:hirobkk:20191108194629j:plain

f:id:hirobkk:20191108194624j:plain


言っちゃなんですが、本当に旨い!

ひとくち豆腐は注文してから水の中で切り分け出してくれます。

f:id:hirobkk:20191108194224j:plain

 

女房は普段あまり豆乳は飲まないのですが、ここでは1日2回飲んでました。

朝来るとできたばかりの温かい状態で飲めますよ。

f:id:hirobkk:20191108194546j:plain

 

6代目と奥さんで営んでおり、聞けばなんでも包み隠さず教えてくれます。

この店も人柄も味も素晴らしい!

 

⓸ まるげん

f:id:hirobkk:20191108194917j:plain

松屋からゆる~い坂を下ってきて徒歩5分。

長谷川豆腐店の向いにあります。

f:id:hirobkk:20191108194700j:plain

 

店内と店主のお母さん。

まず目についたのが、柱に貼ってあるタイ語の手紙の数々!?

このお母さんですが2年に一度、常楽寺からアジアボランティア活動に参加しているそうです。今までタイの地方の農村などに数回訪問経験あり。

テーブルに使われている臼は常楽寺から古いものを引き上げて使っているそうです。

f:id:hirobkk:20191108195037j:plain

また、自分と女房にはすでに数回顔を合わせて挨拶しているそうな。

言われて気が付いたのですが、早朝北向観音でのお参り中と初日の夕方長谷川豆腐店で。確かに北向観音で大きなかごを持った方、長谷川豆腐店で大量に豆乳を購入していた方と挨拶しました。

こちらは外国人で色浴衣なんかも来ていたので気になっていたそうです。

この日はまだ開店前だったのですが、長谷川豆腐店の若社長に朝食のとれる場所を相談したらここのお母さんに声をかけて開店を早くしてくれました。

因みに【まるげん】のチーズケーキやあんみつは長谷川豆腐店の豆乳が使われてます。

 

自分はホットコーヒーのみ。

女房と叔母は厚切りガーリックトーストをシェア

ノームはぜんざい

f:id:hirobkk:20191108195028j:plain

普通のトーストだと思うのですが、女房は感動!未だにここのトーストの話をします。

たしかに我々が普段食べているパンとは違いますからね。。。

f:id:hirobkk:20191108195033j:plain

 

当然ノームはぜんざいのレシピを聞き出します、裏技があるのでお母さんレシピをぼや~っと教えてくれました。

f:id:hirobkk:20191115193847j:plain

 

別所温泉では平日の朝からやっている飲食店はほとんどないので貴重なお店ですね。

ただしお母さんは朝の参拝などを済ましてから始めるので9時くらいからの開店です。

f:id:hirobkk:20191108194923j:plain


⓹ cafe ハレterrace

f:id:hirobkk:20191108194412j:plain

【足湯ななくり】の傍、中松屋から徒歩10分程度。

カフェ・ジェラートの店ですが、ケーキもおいてます。

f:id:hirobkk:20191108194359j:plain

f:id:hirobkk:20191108194406j:plain

 

北向観音側にカウンターがあり、外を眺めながらジェラートを食べられますが、眺めは大したことありません。

f:id:hirobkk:20191108194945j:plain

 

流石にジェラート食べるにはちょっと寒いので、

ホットドリンク(コーヒー、抹茶ミルク)、紅茶のケーキとジェラート1種にしました。

f:id:hirobkk:20191108194940j:plain

落ち着いたおしゃれな内装です。

別所温泉にはこういった今風の店がほとんどないのでちょっと目立ちますね。

ジェラートの味は問題なし!旨いです!

 

こちらはテラス席。

f:id:hirobkk:20191108194949j:plain

 

別所温泉を最後に今回の家族旅行in Japanは終了。

別所温泉の方々には本当に親切にしていただき、全てに満足させていただきました。

ノームは巡回中のお巡りさんも顎で使って、最後には仲良くなってます。

小諸近辺には日本に来るときは必ず来るのでまた来れるでしょう。

 

この後東京に移動しましたが、台風をくらってしまい丸2日間は成田に滞在となりました。

 

次回は女房と二人になるので、どこにいこうか?

ペンディングしている日光金谷ホテル宿泊もいい(積み立てもすすんでますが、2泊できるくらいは貯めたい)、女房の登山も次のステップに進むべくテント担いで白馬岳、火打山あたりもありでしょう。

女房は今回を気に日本の湯治に興味を持ったので登山兼湯治で1週間くらい湯治場に泊まり込みもありですね。。

 

最後に

別所温泉には3つの外湯がありそれぞれにゆかりがあります。

大 湯【木曽義仲ゆかり葵の湯〜北条氏ゆかりの湯】
大師湯【慈覚大師ゆかりの湯】
石 湯【真田幸村隠しの湯】

今回【大師湯】だけ入浴しました。

なんも知らずに入ったのですが、後からそれぞれのお湯には歴史があるとその辺の親父さんに教えていただきました。必ず再訪して3か所入浴しなくてはなりませんね。

大師湯は中松屋正面!

お湯の温度は中松屋と同じくらいと感じたので42度くらいか?

f:id:hirobkk:20191108194302j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

別所温泉を歩く!-OCT'2019-

別所温泉には歩いて回れる観光施設がちょこちょこあります。

散策しながら寄れる場所なのでのんびり歩いて周る我がグループにはちょうどいい。

hirobkk.hatenablog.com

 

 

松屋でもらった下記地図をベースに仲居さん達に行くべき場所を相談しました。

f:id:hirobkk:20191109185648j:plain

①中松屋

ここより地図で上に行くと上り坂になりますので中松屋の場所は我々には最適なんですね。

 

北向観音

松屋ほぼ正面からこの階段を降りていきます。

*女房は色浴衣着用

f:id:hirobkk:20191108194132j:plain

 

そひて本堂へはまた階段を上り返します。

階段下の仲見世らしき通りは平日の為か閑散として人気なし。

f:id:hirobkk:20191108194210j:plain

 

825年(天長2年)慈覚大師円仁により開創された霊場、約1200年の歴史があるんですね。

その辺の案内を見てそのことを説明すると。。

ノーム⇒興味あり、その時にこの形ができたのか?それとも増築されていったのか?何に使われたのかなどなど聞いてくるところはさすがです。

*ノームは物書き(詩人)ですから。。

女房⇒歴史については聞いてるフリだけ。建築様式は装飾には興味深々。

*やはりこの辺は絵描きですね。

叔母⇒聞いてない。

*美容師だからね。。

 

こちら本堂

北側を向いており日本で本堂が北向なお堂はほとんどなく珍しいそうです。

f:id:hirobkk:20191108194136j:plain

f:id:hirobkk:20191108194911j:plain
f:id:hirobkk:20191108194452j:plain
f:id:hirobkk:20191108194457j:plain
f:id:hirobkk:20191108194504j:plain
f:id:hirobkk:20191108194517j:plain
f:id:hirobkk:20191108194510j:plain

f:id:hirobkk:20191108194529j:plain

 

温泉薬師瑠璃殿

f:id:hirobkk:20191108194151j:plain

見栄えのいい素晴らしい建物です。

温泉薬師信仰(温泉の効能に併せて病気を除き解脱する)の為建立され、現在の建物は210年前のもの。

因みに家族に「これは何?」と聞かれるもなぜか「知らない」と言えずひとまずは、「ここは踊り場であって偉い人が来た時にここで舞踏家が舞を披露するステージ」と適当なことを言ってしまいました。説明しながら披露するにはこの舞台は高すぎないか?など考えてましたが、、、。そのまま言い切りました。

当然その後、お勉強をした後にみんなには訂正をしてます。

 

この石畳も風情があります。

松屋の女将さんは毎朝この石畳を通ってお参りしているそうな。

f:id:hirobkk:20191108194429j:plain

 

奥は四阿山でしょうか。

f:id:hirobkk:20191108194440j:plain

 

上田方面の眺めが素晴らしい。

f:id:hirobkk:20191108194523j:plain

 

鐘楼と樹齢1200年【愛染カツラ】

f:id:hirobkk:20191108194534j:plain


宿から近いこともあり滞在中3度も来てしまいました。

平日なのでひとがまばらで居心地よかったです。

 

⓷別所郵便局

f:id:hirobkk:20191108194708j:plain

偶然見つけて必然的に立ち寄り。

中に入ったのはノームただ一人、約10分で用を済まし出てきました。

 

安楽寺

郵便局から徒歩15分

この石段を上り

f:id:hirobkk:20191108194829j:plain

鐘楼を抜け

f:id:hirobkk:20191108194822j:plain

本堂

創立は平安時代との事ですが古い建築物は後からでてくる国宝のみ。

f:id:hirobkk:20191108194724j:plain

f:id:hirobkk:20191108194734j:plain

f:id:hirobkk:20191108194745j:plain
f:id:hirobkk:20191108194740j:plain

f:id:hirobkk:20191108194729j:plain

本堂から先は入場料がかかります。大人300円

f:id:hirobkk:20191108194749j:plain

 

見えてきました。

f:id:hirobkk:20191108194756j:plain

 

国宝【八角三重塔】

f:id:hirobkk:20191108194817j:plain

思ったより小さい、、、勝手にイメージしてましたがもっと大きいものかと。

女房もそうですがこの時に初めてサンクラブリーのด่านเจดีย์สามองค์/Three Pagodas Passを見たときとかぶります。

hirobkk.hatenablog.com

小さいと言ってもさすがに雰囲気あり。

国内唯一の八角塔で、4重に見えますが最下段の屋根はひさしに相当するため三重塔となるそうです。

2011年に大改修したそうですが、さすがに日本の技術です。

きれいかつ重厚感を残す仕上げになってますね。

部材には1289年に伐採した木材が初重内部の蝦虹梁に使われていることが判明し、塔が1290年代に建築されたものと考えられ、1320年建築の功山寺仏殿を凌ぐ日本最古の禅宗様建築だそうです。 

相輪部(頭頂部の芯柱)は鉄でできており一層まで抜けてます。相輪の総重量は870kgあり各層の井桁で荷重を分散して1点に負担がかからないようにするなど工夫されてるんですね~。

我々はみれませんでしたが、最下層には大日如来像が安置。

住職さんが仰ってましたが、この相輪は建立当初から鉄でできていたそう。「当時すでに刀なんかもあったわけだから鉄を加工する事ができたんだけど、700年以上も前にこんな大きなものをここに設置するんだからすごいことだよね~」と仰ってたのが印象的。

 

安楽寺常楽寺へは気持ちのいいさるすべり小道】を歩いて向かいます。

f:id:hirobkk:20191108194834j:plain

 

常楽寺

f:id:hirobkk:20191108194840j:plain

北向観音の本坊で建立は天長二年(825年)。

本堂裏には石造多宝塔があります。

f:id:hirobkk:20191108194847j:plain

【石造多宝塔】

f:id:hirobkk:20191108194902j:plain

その由来は

平安時代の初めのころ、別所の東北にある山の麓あたりの地の底が突然ゆれ動いて、大きな火の口があき、そこから紫色の煙がたちのぼり、南方へたなびいて今の北内観音堂の桂〔かつら〕の木に止まった。その先には金色をした千手観音のお姿が見えたので、天長三年(826)北向の観音堂を建てて仏様を安置した。そこで、このありがたい仏様が地中から現れた火口跡に、木造の多宝塔を建立し、常楽寺境内の最も神聖な場所とした。 
ところが、鎌倉時代にこの多宝塔が火災で焼けてしまったので、弘長二年(1262)賴真〔らいしん〕という和尚さんが、今度は石で多宝塔をつくり、お経を奉納した。」ということが、石造塔の四面に刻まれています(*)。それからこの塔は、今日まで約730年もの長い間、風雪に耐えてきたのです。

 とありなかなか浪漫があります。

 

ここで歴史建造物は終了。

3か所ともにとても興味深く散策できました。

添乗員/ガイドをしていた自分ですがまだまだ日本には興味深く知らないことがたくさんあると思わされました。またうちの家族は自分に聞けばなんでも解ると大きな勘違いをしている為、ついつい適当なことをその場の雰囲気で語ってしまいます。

 

⓹朝市

ここは東京行のバス停前で開いてます。

ノームがドはまりしてしまい、帰りの道中で食べるための果物を買いまくってました。

 

f:id:hirobkk:20191108195304j:plain

f:id:hirobkk:20191108195008j:plain

f:id:hirobkk:20191108195003j:plain

これなら次回の別所温泉は自炊もありかな?と思わせられます。

果物がとにかく安い!

f:id:hirobkk:20191108194959j:plain

 

でました!シーズンもの!

このあたりの松茸はそのまま京都に行ってしまうのでなかなか出回らないそうです。

これは朝市で売れるようなもんなのか?

f:id:hirobkk:20191108194954j:plain

 

別所温泉駅

f:id:hirobkk:20191108194929j:plain

この駅も観光地の一つになってます。

確かにここで記念写真を撮ってる方が多かったですね。

 

この時は駅長さんは不在でしたが、やはりこの衣装は着用してます。

f:id:hirobkk:20191108194327j:plain

奈良井駅の至れり尽くせり感とは違い、どうぞご自由にご覧下さいみたいなスタイルでした。そもそも汽車の駅なんで何もする必要はないのですが、、。

 

我が家は徒歩での散策でかなりののんびりペースなのでこんな感じですが、少し足を延ばせばまだまだ渋い見どころは沢山あるようです。このコースであれば車で周る必要ありませんよ~散歩が気持ちいい!

―次は【別所温泉の食】へ―

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

別所温泉 中松屋に泊まる!-OCT'2019-

本日は別所温泉へ移動!

昼頃にはついて現地で早めにのんびりする予定でしたが、思いのほか小諸散策に時間がかかりレンタカーを返却して上田に着いたのは午後1時を過ぎてしまいました。

hirobkk.hatenablog.com

 

ここから上田電鉄別所線*所要約30分

別所温泉へ。

f:id:hirobkk:20191108193953j:plain

 

地方路線とあってローカル車両の運行かも?と思っていましたが、車両は普通ですね。

f:id:hirobkk:20191108193959j:plain
f:id:hirobkk:20191108193947j:plain


そして到着。

団体さんたちが去った後のんびりしていたら名物?駅長さんが「宿が決まっていたら電話して迎えにきてもらいますよ!」と宿に連絡を入れてくれました。当初巡回バスで行くつもりでしたので助かりました。

f:id:hirobkk:20191108194423j:plain

f:id:hirobkk:20191109110223j:plain

 

まずはお宿

【旅館 中松屋

今回中松屋さんでは1泊目は素泊まりで2泊目を2食付きにしました。

場所を別所温泉に決めた後何件か候補に挙がったのですが、部屋代がなんとか許容内、全館畳敷き(これも大きな理由)、問い合わせ時のメール対応が分かりやすく迅速だったためここに決めました。ある旅館については問い合わせの返事さえ来ませんでした。

 

創業は江戸時代享保年間と約300年の歴史がありますが、現在の建物は鉄筋コンクリートの立派なもの。女房には温泉旅館に泊まると言っていましたが、ちょっとイメージが違っていたようです。

f:id:hirobkk:20191108194257j:plain

www.nakamatuya.com

まだチェックイン時間前ですが部屋に入れてもらえました。

チェックインを担当してくださったみちこさん。

f:id:hirobkk:20191108194048j:plain

 

我々の部屋は4F

f:id:hirobkk:20191108194058j:plain
f:id:hirobkk:20191108194053j:plain

10畳間+広縁

写真だと狭く見えますが十分な広さ。

空いていたのか1部屋は北向き観音側の角部屋とナイスロケーション。

f:id:hirobkk:20191108194107j:plain

f:id:hirobkk:20191108194113j:plain

 

ここからは温泉に入るなどあるのでノームの勝手にはさせません。

最初が肝心なのでチェックインして小一時間して温泉へ!

ノームも大きなお風呂に他人と浸かるような文化圏で生活はしてませんが、彼はビーチなんか行っても普通にパンツ脱いで日光浴してるので問題ナシ。

お風呂は

【7F展望風呂】

湯上り所には給水機があり無料のお茶、水、お湯が飲めます。

f:id:hirobkk:20191108194043j:plain

時間が早いので他にお客はなし。

f:id:hirobkk:20191108194117j:plain

f:id:hirobkk:20191108194123j:plain

展望風呂から上田市

f:id:hirobkk:20191108194127j:plain

さすがにノームは長湯できず15分くらいで満足。

ここのお湯は42度くらいだそなのでまあ普通ですね。

 

そして女性陣、叔母は初めての温泉(人と湯舟をシェアするのも初)。叔母に入浴方法を教えるのが温泉経験5~6回を数えるベテランの女房。因みに女房は真冬の渋温泉で温泉巡りを経験(6か所でギブアップ)。その際多くの人にお世話をしてもらい人とお風呂に入る楽しみを覚えました。

しかし、叔母の入浴中他にお客が来ず貸切状態だったそうで。。

 

 

松屋さんの食事

1泊目は素泊まりにしたので

食事は朝晩1回ずつ

夕食の献立

f:id:hirobkk:20191109131222j:plain

f:id:hirobkk:20191108195122j:plain

 

お酒は別に通でもなんでもないのですが、いろいろ聞いてから上田の水掛酒造【福無量】を注文。

f:id:hirobkk:20191109131549j:plain

すっとしてとても飲みやすい。

f:id:hirobkk:20191108195211j:plain

 

前菜3点

f:id:hirobkk:20191108195131j:plain

 

吸い物(松茸土瓶蒸し)とお造り3点

f:id:hirobkk:20191108195143j:plain
f:id:hirobkk:20191108195126j:plain

叔母はお造り3点を土瓶蒸しでしゃぶしゃぶしておいしくいただいてました。

 

焼き物(信州サーモンの味噌焼き)と蒸し物(松茸茶碗蒸し)

f:id:hirobkk:20191108195147j:plain
f:id:hirobkk:20191108195207j:plain

 

強肴(みゆきポークのすき焼き)

f:id:hirobkk:20191108195136j:plain
f:id:hirobkk:20191108195202j:plain

食前の説明ですき焼きと聞いていたにも関わらず、生卵を卵かけご飯として使ってしまい仲居さんに突っ込まれてしました。

3人からは「お前はそれでも日本人か?」と、、、。

 

揚げ物に松茸御飯セット(みそ汁とおしんこ)

f:id:hirobkk:20191108195156j:plain
f:id:hirobkk:20191108195222j:plain

叔母と女房は唐辛子なのに辛くなくこれはおいしい!としし唐の味に感動。

 

水菓子(なんと杏仁豆腐!)

f:id:hirobkk:20191108195227j:plain

再び杏仁豆腐がでてきてノームは喜びますが、まだアンニンドウフと言えません。

「This is アニン、ドフ?」 後で聞いたら味が好きなのではなく名前が面白いから喜んでいるとの事。。

料理のコースは料理長のおまかせ料理【おてごろ】プランから

国産黒毛和牛⇒みゆきポークに変えてもらいました。

我々はそんなに食べないので量はちょうどいいくらいでした。

これが特別!みたいな物はなかったのですが全体的においしく食べやすかったです。

 

そして朝食

スタッフさんが作ったイラストメニュー

外国人のお土産としてはうれしい!

f:id:hirobkk:20191108195240j:plain

鮎の開きが焼鮭に変わってました。

f:id:hirobkk:20191108195244j:plain

 

この砂時計は竹の蒸し野菜の時間を計る為。

f:id:hirobkk:20191108195249j:plain
f:id:hirobkk:20191108195254j:plain

このようなパフォーマンスはありますが、いたって普通の朝食。

しかし米は抜群に旨い!

感想

最初に書きましたが、ここにした理由は

  1. 料金(ちょっとオーバーだけどギリギリOK)
  2. 候補にした数件の中でフィードバックが1番よかった
  3. 全館畳敷き

結果、満足のいく宿泊でした。

とにかく女将さんを筆頭に仲居さんたちが明るくていい!

女性は¥500/泊を追加すれば色浴衣を借りれますが女房は滞在中ずっと貸してもらいました。着付けはみちこさんにしてもらい、女将さんも都度見かけては着なおしをしてくれ助かりましたね。

次に別所温泉に来ることがあってもここにかもしれませんね。

今回フィードバックのなかった宿をとることはありませんし、個人的には露天は必須なので変える理由はないです。

しいていえば宿の外観に風情がないですが、そういった旅館とはまた違うスタイルなのでこだわる必要はないでしょう。

 

とにかく何の不満もなく気持ちよく過ごせました!

松屋さんありがとう!

 

―次は【別所温泉散策】へ―

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

小諸を歩く! 懐古園と古い町並み散策-OCT'2019-

10:30 白駒池を出発

これから佐久方面に下っていきます。

hirobkk.hatenablog.com

ノームが早速、郵便局の場所を検索。

山から下りて一番最初にやることが郵便局の検索とは、、なかなかやりますね。

郵便局に行くのは1晩我慢したんでプライオリティ1stで行ってあげましょう。

 国道沿いにある八千穂の郵便局は知ってますが、そこより近い場所に一件あるみたいなので、まずは近いとこへ。。。

地図を頼りに着いたところが、【八郡簡易郵便局件中屋商店】

この日はいつも出しているはがきではなく封書をアメリカに出したかったようですが、、ちょっとここでは厳しいのでは。。。

f:id:hirobkk:20191104183840j:plain

まずはノーム一人で突撃します。

田舎のいい叔母さんが出てこられますが、デカい外人がグラサンかけていきなり現れたのでびっくり!

予想通りここではエアメールの料金確認はできず、、、。

そもそも村のお年寄りがわざわざ町の郵便局まで行かなくて済むように置かれたものなので当然。

本業は隣の中屋商店ですが、郵便局での稼ぎの方がいいそうな。。

店に置いてあるお菓子を叔母と女房が物色し始め、ノームは表の畑にはまります。

ご近所のお年寄りなども巻き込みなんと1時間ほど滞在してしまいました。

中屋商店の畑、なかなかナイスなロケーションなんです。

f:id:hirobkk:20191104161628j:plain

 

そして結局は八千穂郵便局】へ。。。

ここで郵送料を確認後、目当ての切手👇を買おうとするも2枚しかない。。。

f:id:hirobkk:20191104193725j:plain

ここでノームは必殺のアメリカ式リアクション【オーマイゴッド】を出します。

別にクレームをつけてるわけではないのですが、こんなに切手に必死になる人もいないのでしょう。しまいには局長さんがでてきて近所の郵便局の局長にこの切手が残ってないかと電話を入れてくれます。

そしてここから数キロ先の高野町郵便局】にあることが解り「これから外国人のグループがいくかもしれないのでよろしく!」と対応していただきました。

もの珍しいお客だったのもあると思いますが有り難いですね。。

お礼をいい高野町郵便局へ!

到着したらすでに局長さんが切手を用意して待ってくれていました。

ノームはここで気が済むまで切手を購入し満足!

 

自分はその間今宵の宿を決めます。

昨年お世話になった小諸の【民宿 懐古苑】さんに電話をしたところ部屋は空いてるので、今から来てもかまわないとの事。。。

日本に居た頃、山を越えた隣の嬬恋村に3年ほど住んでいたことが縁で、この小諸にもよく来てました。

最近は日本に来るたびに知り合いに会いに来るようになってしまいました。

今回は時間がないのと連れが多いので寄らない予定でしたが、御嶽登山キャンセルで時間ができたので1泊してしまいましょう。

 

【民宿 懐古苑】

f:id:hirobkk:20191104161644j:plain

元気のいいおかみさんが迎えてくれました。

昨年は一人で1泊しただけなのですが、よく覚えていてくれました。

ここはオンラインとかやってないのであまりお客さんが来ないんでしょうね。

1週間単位の出張者がメインらしい。。。

 

通された部屋は昨年と同じ【ききょう】

f:id:hirobkk:20191104161656j:plain
f:id:hirobkk:20191104161701j:plain

hirobkk.hatenablog.com

 

荷物だけ置いてまずは食事に。。

小諸に来れば当然ここで食べることになります。

【草笛】

www.kusabue.co.jp

相変わらず忙しそうにしてますが、良子さんが構わず挨拶に来てくれます。

いつも来ると最初に「よく来たね。」と、、この良子さんの一言がいいんですよえ~

齢80を過ぎてますが、現役バリバリ!自宅から店まではスクーターに乗って通ってます。

4人でかき揚げ2枚 / きのこ天1枚 / もりそば中盛り1枚 小盛り2枚

のちに追加で自分用 ざるそば 小盛り1枚

*その他、渋皮煮などいろいろもらっちゃいました。。。

良子さん、礼子さんいつもありがとう!

f:id:hirobkk:20191104161633j:plain

 数年前に女房が書いた絵をお店に飾ってくれてました。 

【三の門と草笛の女将と若女将】

f:id:hirobkk:20191105131908j:plain

 

 腹いっぱいにしたところで懐古園に入場。

女房は前回の小諸ではそば食って周辺をちょっと散歩しただけなので懐古園は初めて。

自分も園内入場は20年振りくらいでしょうか。

チケットは懐古苑の女将さんに4人分もらっちゃいました。

 

入場口ではある人物を待ちます。

あえて事前に連絡はしませんでしたが、彼は必ずココにいるのです。

【喜楽屋笑太】登場!

f:id:hirobkk:20191104161707j:plain

相変わらずのテンション!

10分間体験コースをお願いします。

f:id:hirobkk:20191104161713j:plain

f:id:hirobkk:20191104161719j:plain

f:id:hirobkk:20191104161725j:plain

f:id:hirobkk:20191104161732j:plain

「出発前にノームは後で乗った方がいいですよ!」と言った理由がわかります。

この斜面が意外と長い。。

f:id:hirobkk:20191104161738j:plain

天守台まで来てノームが乗車。

笑太さんちょこちょこ英語を混ぜて案内してくれるので助かります。

小諸城天守ですが、てっきり廃藩置県で取り壊しになったのかと思っていたら1626年の落雷で焼失したのだと笑太さんの案内で知りました。

そして草笛老師こと横山祖道さんの碑まで来るとさっそうと葉を1枚つまみます。

f:id:hirobkk:20191104161744j:plain

自分は一応懐古園には10数回来てるのでこれから何をするのかわかりますが、他3名はまだよくわかりません。

 

演奏スタート!  

f:id:hirobkk:20191104161750j:plain

??鳴らん! 音が、、、。当然、今日が初めてではないはず。

まあすぐに調子が出てくるでしょう。

 

格好は良い。しかし鳴らない。

f:id:hirobkk:20191105190218j:plain

 

まだ鳴らない。

f:id:hirobkk:20191105190301j:plain

いや~だめだこりゃ! 諦めた。。。

今日は調子が悪いみたいですね。

この辺も笑太さんらしい。。

f:id:hirobkk:20191104161810j:plain

 

そして最後に上を向いて歩こう!を熱唱!

f:id:hirobkk:20191104161815j:plain

一番短い時間をお願いしたのですが、大幅に時間オーバーして付き合ってくれました。

この後は自力で散策も叔母とノームは寒さに耐えきれず宿へ帰宅。

 

女房と二人で歩きます。

【水の手展望台】からの眺め

f:id:hirobkk:20191104161821j:plain

 

いい感じの道です。

左手は馬場で春には桜が咲き乱れます。

f:id:hirobkk:20191104161828j:plain

 

天守

f:id:hirobkk:20191104161834j:plain

と、ここら辺で女房も寒さが限界!我々も引き上げます。

入口では笑太さんがお土産を持って待っていてくれました。

f:id:hirobkk:20191104161842j:plain

 

これは昨年、女房が笑太さんに送った自作の絵葉書。額に入れて自宅に飾ってくださってます。

f:id:hirobkk:20181017180747j:plain

 

この日の晩は商店街にでて洒落た居酒屋で済まします。

地元の若い方でにぎわってましたが我々には料金が高く今一つでしたね(定員さんたちはとてもやさしくサイコーでしたが)

 

翌朝。

今日は上田までの移動なので少し散策してから出かけます。

荷物を車に押し込み市街へ。

まず最初にむかったところは郵便局。用事があるのはノームだけ。。。

 

散策がてら朝食を食べられそうな場所を探しますが、昨年に続き案の定みつからん!

この際朝食は駅前のカフェで採ることにして道中街並みを案内します。

まずは本町で古い町並みを歩きます。

 

【大和屋紙店】

f:id:hirobkk:20191104161933j:plain

http://members.ctknet.ne.jp/yamatoya/

安政5年に紙問屋として創業

ここでノームと女房がガッツリはまります。

f:id:hirobkk:20191104161853j:plain
f:id:hirobkk:20191104161858j:plain
f:id:hirobkk:20191104161903j:plain
f:id:hirobkk:20191104161908j:plain

和紙、建物、古い家具などについて店主に質問攻め!

現在6代目となってますが、先代のお父さんもまだまだ現役バリバリ。

紳士で人柄が体全体にでてます。

 

こちらは縦に伸びる明り取り

f:id:hirobkk:20191104161913j:plain

補修、増築などもしたそうですが、梁等建物の大部分は当時のものだそうです。

 

ちなみに我々が行ったのはまだ開店前。。

店の前に居た6代目に話しかけたら、「中にどうぞ!」と気持ちよく通してくれました。

 

一通り買い物(ノームは当然絵葉書と和紙の便せん / 女房は万年筆と和紙)、質疑応答を済ますと5代目のお父さんが「よかったら蔵をみていきませんか?」と、当然お願いします。

f:id:hirobkk:20191104161924j:plain

 

こちらはギャラリーですが、音楽のイベントなどでも使われるそうです。

f:id:hirobkk:20191104161946j:plain
f:id:hirobkk:20191104161938j:plain

 

5代目とノームはなんと同級生!

f:id:hirobkk:20191104161951j:plain

 

ちょこっと立ち寄るくらいで伺ったのですが、1時間以上滞在。

5代目と6代目の人柄もあり大和屋紙店にすっかり長居してしまいました。

f:id:hirobkk:20191104161933j:plain

 

そして次は

【大塚酒造】

f:id:hirobkk:20191104162040j:plain

昨年も来ましたが、荷物がパンパンで持ち帰りはできず、試飲と男性の蔵人さんと話をしただけでした。個人的には今回必須の地。

他3名ですが酒は飲みませんが、まず興味のある場所でしょう。

そもそも見学等が可能なのかわかりませんが、戸が開いているので勝手に入ります。

ウロウロしていると一人の女性がでてこられ「よかったら中にどうぞ!」と大和屋紙店の6代目と同じようにお声を掛けていただきます。

この方、江戸末期創業大塚酒造の6代目きよみさん!この酒造所の杜氏もされてます。

 

このような日本的な場所にノームが引っかからないはずはなく、蔵内のものを物色。

あなたはアメリカで酒づくりでもするのか?というくらい作り方等聞き入ってました。

f:id:hirobkk:20191104162014j:plain

 

蔵を片付けてないので汚いですがといいながらも、きよみさんは突然現れた外人部隊に対し丁寧に説明案内をしてくれ酒を飲んだことのない3名も満足。

f:id:hirobkk:20191104162009j:plain

 

現在大塚酒造で作られているお酒。

f:id:hirobkk:20191104162021j:plain

自分はこれから上田まで運転していかねばならないのでノームだけ酒の試飲をします。

酒を飲むのは初めてですが、それなりに感想を述べてました。

女性陣は甘酒をテスト。

自分は今晩、宿で飲む為の酒がほしくきよみさんに飲み方と好みをリクエスト。

よって我々が購入したのは👇

f:id:hirobkk:20191104162029j:plain

なんとあま酒2本、1本はわざわざ試飲用に開けてくれたもの。新しく出してくれようとしたのですが、そもそも我々のために開けていただいたのでいただいていきます。

そして【浅間嶽 弁天の泉 本醸造1本と浅間嶽 純米酒を1本頂いていきます。

こういった職人さんの職場にずけずけと入ってしまったにも関わらず丁寧に対応いただき本当にありがたい。大和屋紙店さんに続きノームと女房は大満足です。

 

きよみさんと

f:id:hirobkk:20191104162035j:plain
www.asamadake.co.jp

1時間くらいで市内散歩を終えるつもりでしたが、思いのほかはまってしまい2時間以上要しました。とにかく皆さんに感謝!!

朝から何も食べていないので流石に何か口に入れたくなります。

【大手門】

f:id:hirobkk:20191104162046j:plain

大塚酒造から大手門を抜け

こちらで遅い朝食をとります。

【停車場ガーデン】

f:id:hirobkk:20191104162056j:plain

www.t-garden.org

我々はお茶とパンで軽く済ませますが、ノームはランチメニューを見てこれはできないのか?と定員さんにカレーだのグリルチキンだのを要求。これはランチメニューなのでまだ(9時頃)できないと説明も朝は体の問題で小麦粉を使った食事がとれないので食べるものがないとのこと。お店の方もトライしてくれましたが、オーブンに火を入れたばかりなのでどうしても料理を出すのに1時間かかると。。。

結局ノームは我々の食事を見物だけしてました。

朝の散策ルートはこちら👇
f:id:hirobkk:20191105195438j:plain

各ショップの方々のおかげでとても内容の濃い散策になりました。

自分は日本に来れば小諸は必ず寄るので、次回は2泊くらいしてさらにのんびり過ごしたいですね。

もう何年も前から泊まろうと思っている下の宿にもまだ泊まってませんし。。

nakadanasou.com

次回は女房と二人ですから必ず泊まってみせます!

 

食後は懐古苑で車をピックアップして上田へ、結局11時頃になってしまいました。

www.komoro-tour.jp

―次は【上田 別所温泉】へ―

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村