Garhwal~ガルワール~

タイ在住。女房、猫との3人暮らし。。タイのこと、山のこと、映画のことなど。。。

Sangkhlaburi/สังขละบุรีを歩く-Day1-

-Day1- : Salaya⇒Kanchanaburi⇒Sai Yok Noi⇒Sangkhlaburi

今日は本格移動。

途中有名な観光名所を通過していきますが、久しぶりだったり初めてのメンバーがいるので適当に寄っていきます。

hirobkk.hatenablog.com

☝朝食をとったあと後、距離120kmひたすらカンチャナブリーに向けて走ります。

ここでWatの運転なんですが、あいかわらず安心できます。

タイのドライバーはまず自分優先主義が多く、車間距離を十分とらず、すっとばす方が多いですが、Watはどれにもあてはまりません。

しいていえば渋滞時に「スペシャルコース!」などどいって迂回しているつもりもドツボにはまってしまうことがあります。

 

そして最初の中継地。

【War Cemetery/連合軍共同墓地】

f:id:hirobkk:20190404150921j:plain

ここで約30分/入場無料 開放時間08:30-18:00

カンチャナブリーには仕事も含めて数十回立ち寄ってますが、墓地に立ち入るのは2回目。悪名高い泰面鉄道建設時に命を落とした連合軍兵士6,982名が埋葬されています。墓石をみると主にイギリス、オーストラリア、オランダの兵士が多いです。

今回は寄りませんでしたが、隣にはThailand-Burma Railway Centre/泰緬鉄道博物館があり、こちらもなかなか興味深いので時間に余裕があれば行くべき場所です。

この共同墓地もツアーでは必ず入ってくる場所で通常日本向けですと30分程度なんですが、欧米のツアーですと1時間位滞在するツアーがあります。

我々ですが、タイ人組は綺麗な芝などをバックに写真を撮りまくっており

ましたが、意外にもトシロー君はじっくり見て回ってました。

30分位したところでスコールが始まってので車に乗り込みます。

 

そして走ること10分。。。

 

カンチャナブリー観光のメインである

【The Bridge Over River Kwai/クウェー川鉄橋】

f:id:hirobkk:20190404160236j:plain
f:id:hirobkk:20190404160241j:plain

言わずと知れた超有名観光地!映画「戦場に架ける橋」の舞台です。

しかしまだ先が長いのと小雨が降ってるので、ここはさらっと。。

帰りに余裕があれば再度寄ることにします。

Pi Eahは5年位前に自分のツーリング(Salayaから汽車で輪行しSai Yok Noi、Sai Yok Noiから自分は自転車でカンチャナブリー、女房とPi Eahはロットゥーで)に付き合ってここには来ています。

 

ここから約60km

【Sai Yok Noi Waterfall/サイヨーク・ノイ滝】

ほぼ真っすぐ道もガラガラなのでWatの運転でも1時間かかりませんでした。

f:id:hirobkk:20190404164910j:plain
f:id:hirobkk:20190404164915j:plain

f:id:hirobkk:20190404164918j:plain

丁度、バンコクへ戻る汽車が止まってました。

土日祝日は1日1往復ここまで汽車が来ます。平日は1つ手前のナムトック駅までで、始発もフアランポーン駅ではなくトンブリ―駅始発になります。

 

水量はまずまずですが水が濁ってますね。
ここで簡単に昼食を食べサクッと出発。

予定より遅くなってしまったので、ここから先の観光はすっとばして直行です。

 

さらに150km走り、

18:00 ようやく到着します。今回の目的地、

【Sangkhlaburi/サンクラブリー

f:id:hirobkk:20190404174800j:plain

まずは部屋に入ります。

今回の泊りは👇

Burmese-Inn

www.burmese-inn.com

ここも約20年の付き合いです。

サンクラブリーでここにしか泊まったことありません。(仕事は別)

数年前に一部リノベーション、HP作ったりしましたが、やってることはあまり変わりませんね。ここ10年で強烈に観光客が増えたのですハイシーズンにはそこそこはやりますが、その分宿泊施設も増えました。

ただ残念なのが料理を作る人が変わってしまった事です。

妹分みたいな付き合いで仲良くしていた子が再婚してサンクラブリーを出て行ってしまったのです。彼女の作る料理が好きだったのでとても残念。。。ちなみに自分が初めて来たときサンクラブリーワインの適当な紹介をしてくれたのも彼女。

当時オーナーはカンチャナブリーで子育てがありめったにここまで来ませんでしたが、娘さんが自立したのを機に基本的にはサンクラブリーに常駐するようになりました。

因みに娘さんは大学で日本語を専攻し現在は日系企業で働いてます。

今回はひとりではないのでオーナーとの話をそこそこに暗くなり始めたモンブリッジへ!

 

暗い。。。皆を説得して観光は明日にしましょう。。。

f:id:hirobkk:20190404175834j:plain

 

夕食

サンクラブリー中心の市場まででます。

 

みんな腹が減っているので、まず軽く食べれるものを食べながら何を食べるか相談します。

ร้านยาใจ/Ran Ya Jai

หมูจุ่มพม่า/Dipped pork Myammer Styleを出す店。

日本語でなんでしょう?

豚肉つけつけミャンマー風みたいな感じ?

サンクラブリーで最初に始めたみたいな宣伝も記載してますね。

f:id:hirobkk:20190404180642j:plain

f:id:hirobkk:20190404180657j:plain
f:id:hirobkk:20190404180706j:plain

串肉の入ったグツグツのボールに底から直接ガスバーナーで加熱してます。なかなかワイルドですが、カバーも何にもされてないので座る時は注意。

普通ですが、軽く食べるには丁度いいです。

ยำสปาเก็ตตี้พม่า/ミャンマー風スパゲッティサラダ

f:id:hirobkk:20190404180703j:plain

メニューを見て気になったので注文。これも普通。

次に行く店を決めร้านยาใจをでます。

 

そして来たのは結局ここ

ร้านอาหารศรีแดง/Sri Daeng Restaurant

f:id:hirobkk:20190404180722j:plain

結局というのは、いつも迷うとここに連れてくるからです。

一人で来ることはまずありませんが、友人(特に外国の)を連れてくるときはここになってしまいます。

無難なんですよね。。。

味もまずまず。

しかも今回のメンバーは何でも食べますし、ノーコンプレーンメンバーなんです。しいていえば女房とトシロー君は辛さ控えめ希望。

特別な料理も食べてませんがとにかくメインは明日です!

 

それではおやすみなさい。。。

Day2は周辺観光!